学校法人ひかり学園ひかり幼稚園 | 栃木県大田原市 / 第二ひかり幼稚園 | 栃木県那須塩原市)


最新情報

│令和2年度│1月12月│11月│10月9月8月│7月6月│5月│4月│      │令和元年度
平成30年度平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度


「さくら組保参」  令和3年2月19日(金)
本日、第二ひかり幼稚園では2歳児クラス「さくら組」の保育参観を行いました。幼稚園にもすっかり慣れてお友だちや先生と元気に過ごしています。今日は普段の保育の様子を撮りためたビデオでご覧いただき、親子で楽しむゲームや手遊びなどを行いました。次年度は3歳児クラスの花組となりますが、安定して幼稚園の活動が進められることをご確認いただけたと思います。



「ダイコン栽培」  令和3年2月18日(木)
第二ひかり幼稚園の園庭花壇で栽培中のダイコンですが、春の日差しの中で大きく育っていて、収穫し食べることが待ち遠しいです。園児たちは様々な体験を通して学び成長していきます。それは机の上での学びもありますが、自らの五感を通しての体験が深い学びとなり豊かな学びとなります。ダイコンの栽培も、植え付けたダイコンすべてが順調に育ったわけではなく、成長の途中で枯れてしまったり、腐ってしまったものもありますが、それも学びです。幼稚園では、たくさん体験し大きく育つことを支援して参ります。
「涅槃会」  令和3年2月15日(月)
本日、第二ひかり幼稚園ではお釈迦様の命日「涅槃会」の集いを行いました。 お釈迦さまは、今からおよそ2500年前に、インドのクシナガラで80歳の生涯を閉じ られ、お釈迦様の死を「亡くなられた」といわないで、「滅度(めつど)された」(入滅度)、「涅槃に入られた」(入涅槃)といいますが、これは「煩悩の火がすべて消された世界」を示します。お釈迦さまは涅槃に入られる前、弟子の阿難(アナ ン)にこう言います。  「阿難よ。向こうの林の片隅にサーラの樹が立っているのを見るであろう。そこへ行って、私のために床をつくり、枕を北に向けて休ませても らいたい。私はひどく疲れた。今夜半、私はそこで滅度に入るであろう」  阿難は涙を流しながら、サーラの樹の下に行き、清らかに地を掃いて床をこしらえ、その上 にお釈迦さまを休ませてあげます。ここに到着される前、お釈迦さまはパーバというところで説法されていました。パーバとクシナガラの間は、わずかの距離でしたが、移動の間25回も休まれたといいいます。どれほど疲れていたのでしょう。頭を北に、面を西に向かい、右脇を床につけて、足を重ねられます。すると、不思議なことが起こるのです。美しい楽の音がながれ、歌声が聞こえ、天の神々が近づいてきます。サーラの樹は突如、白い鶴にも似た花が咲き、花びらが雨のようにお釈迦さまの 上に降りそそぎます。 その時、お釈迦さまは阿難に言われます。 「阿難よ。天の神々が私を供養しに来たのが見えただろうか」 「はい、世尊。はっきり見えます」 「このようにするのは、心から私を敬い、私に報いる道ではない」 「では世尊。真に仏を敬い、仏に報いる道はいかなるものでありましょうか」  「阿難よ。そして、愛する弟子たちよ。私に報いたいと思うならば、老若男女を問わず、私の説いた教えを大切にし、教えを実践してほしい。ただひとすじに教えを守りぬく者こそ、私につかえ、私を敬うものである。香や、華や、伎楽をもってするのは本当の道ではない。ひたすらに法を守り、法に生き、法のために精進するがよい。これこそ、こよなき供養というものである。  「法に生きる」ことこそ真の供養だととかれています。「こよなき供養」「真の供養」とは、お香や華や伎楽をもってするのではなく「教えを実践する」ことです。子どもたちにお釈迦様の教えを伝え、それぞれが実践していくように話しました。



「ホウレン草収穫」  令和3年2月12日(金)
第二ひかり幼稚園の年中児(星組)の子どもたちは、園庭の花壇を利用してホウレン草とダイコンを栽培しています。本日、大きく育ったホウレン草を収穫し、昼食に給 食のタンメンに添えていただきました。寒さにあたって甘みが増して、何よりも自分たちで育てたホウレン草なので収穫を喜び、美味しく楽しくいただきました。ダイコ ンも地中で順調に大きく育っていて、収穫が楽しみです。



「保育参観日」  令和3年2月10日(水)
本日、ひかり幼稚園の年長児(月2組)の保育参観を行いました。今週、月曜日から月組3クラスが連日「保育参観」を行っていますが、今日が3日目の最終日です。過日、下野新聞に寄せた中にも記しましたが、幼児期には「自ら考えて、自ら判断し、自ら行動する」ことを育てることが大切です。子どもたちを認めて尊重する中に「自己肯定感」が育まれて主体性や積極性が培われます。それを保育のねらいとして行っ ている「保育活動」を参観いただきます。



「保育参観1」  令和3年2月9日(火)
第二ひかり幼稚園の年長児(月1・2組)の保育参観を行いました。子どもたちは一人ひとり個性が違います。やりたいことや得意なこともそれぞれです。大切なことは 様々な事柄に主体的に取り組むことです。そのために子どもたちも活動を見守りながら認め、尊重し個々に充実感を与えて更なる意欲や積極性を育てていきます。小学校 の就学を前に、幼稚園では一人ひとりの意欲を育んでいます。



「ラーメン体操」  令和3年2月6日(土)
昨日は暖かく春の日差しが降り注ぎ、気温も上がって戸外で身体を動かすには好都合の陽気でした。ひかり幼稚園の園庭では、年中児(星組)と年少児(花組)の子ども たちが「ラーメン体操」jを元気に踊っていました。この「ラーメン体操」は子どもたちの大好きな体操で、曲も面白く、振り付けも楽しくて、人気の体操です。花組の子どもたちはまだ躍り込みが少なくてたどたどしいのですが、星組の踊る姿をまねて 楽しんでいました。



「春一番」  令和3年2月5日(金)
昨日、気象庁は、関東地方で風が強まり、「春一番(はるいちばん)」が吹いたと発表しまた。昨年よりも18日早く、過去最も早かった1988年(2月5日)を更新し、最も早い春一番となりました。春一番は、北日本地域で春先に吹く南寄り(東南東から西南西)の強風で、春一番が吹いた日は気温が上昇し、その後は寒さが戻ることが多いそうです。これを「寒の戻り」と言います。そして、春一番に後続する南寄りの強風を春二番、春三番と呼んでいます。暖かな春が待ち遠しいです。
「もんみや撮影」  令和3年2月4日(木)
本日、宇都宮を中心に栃木県内に頒布されるタウン誌「もんみや」の県内幼稚園に通う園児紹介の欄に園長の写真を掲載するとのことで、写真撮影がありました。園の子 どもたちの写真は投稿の形で募集し、その紹介欄に園長の写真が小さく載るようです。子どもたちの写真掲載は無料ですので、成長の記念にどうぞ投稿願います。不明 な点は幼稚園まで連絡ください。尚、3月に発刊されます。
「豆まき」  令和3年2月2日(火)
第二ひかり幼稚園では、本日2月2日の「節分」に際して豆で鬼を追い払う「豆まき」を行いました。節分は「立春」の前日にあたりますが、立春は暦の上で春が始まる季節のことで、節分は冬の終わりの日、翌日から新しい季節が始まる区切りの日です。邪気や悪いものを落として、新しい年に幸運を呼び込むことを目的に、節分という行事が日本各地で行われます。節分では豆をまいて厄を払いますが、この豆まきが行われるようになったのは、室町時代頃と言われ、当時は豆ではなくお米をまいたとされており、病気などの厄災を追い払っていて、その習慣が現代でも続いています。明日からの日々が幸多く実りのある豊かな日々となるよう願います。



「体育活動」  令和3年2月1日(月)
ひかり幼稚園の年長児(月組)の子どもたちには、午前中ホールに体育器具を設置して、体育活動を楽しみました。今日は晴れていたのですが、気温が低く、園庭で大きく身体を使って体育活動をするには寒すぎました。そこで、ホール中に跳び箱、鉄棒,前転マットなどで次々と連続して、飛んだり回ったりしています。みんな意欲的に果敢に取り組んでいて、見ている方も元気になります。



「劇遊び」  令和3年1月30日(土)
第二ひかり幼稚園の年長児(月組)の子どもたちは、クラスごとに劇遊びを行い。体育館でクラスごとに披露し、互いの劇遊びを見せっこしました。遊びの中での取り組 みで、物語をストーリーを理解し、セリフを考え、楽しくそれぞれで決めた役を演じていました。表現活動として、物語や配役を理解して、それぞれがなりきって真剣に 演じていて、見ている側も引き寄せられます。年長児の成長を感じとても嬉しく思いました。



「DVD鑑賞」  令和3年1月29日(金)
第二ひかり幼稚園の年少児(花組)の子どもたちは、節分のDVDを鑑賞しました。アニメで節分の由来や風習などを幼児用に分かりやすく教えてくれるDVDで、来る来週 の2月2日の節分に向けての学習でした。アニメなので、鬼も怖くなく子どもたちは安定して観ていました。クラスでは担任から絵やお話しで節分について説明し、更に理 解を進めています。DVDを用いることで学習の幅が広がると感じています。


「鬼のお面」  令和3年1月28日(木)
ひかり幼稚園の年長児(月2組)では、節分(今年は2月2日)を前に「鬼のお面」を作っていました。一人ひとり思い思いに型を作り、色付けをしています。個性豊か で、まさに十人十色の鬼のお面です。色付けも個性があり、カラーマジックインクを使う児や、クレヨンを用いる児、色鉛筆で丁寧に色付けする児など個性があって楽し く見せてもらいました。一人ひとりの主体性を尊重し、個性を伸ばし育てていきたいと改めて感じました。



「お店屋さん」  令和3年1月27日(水)
ひかり幼稚園の年中児(星2組)の子どもたちが、お店屋さんを開店して楽しんでいました。花屋さん、お寿司屋さん、クレープ屋さんを開き、手作りで花束や握り寿司、多種のクレープを紙や毛糸などを使って製作し、それをクラスのお友だちに配って遊んでいます。みんな真剣に制作し、出来栄えに満足しながらお店屋さんをオープンして定員になりきっていました。豊かな遊びに、豊かな学びがあります。



「戸外活動」  令和3年1月22日(金)
ひかり幼稚園の年長児(月組)の子どもたちは、本日、大田原の河川敷公園まで散歩で出かけ、公園内の芝生の丘やサッカーグランドで元気いっぱい遊んできました。幼稚園からは、芝生で滑るための段ボールやサッカーボールを持っていき、小高い芝の丘から段ボールをソリにして何度も何度も丘を登っては滑り登っては滑りを繰り返す子どもたち、またサッカーグランドでは男の子たちが仲間とサッカーボールを力いっぱい蹴って楽しんでいます。昨日そして今日はポカポカ陽気となり、戸外で元気に楽しく存分に身体を動かしました。



「お店屋さんごっこ」  令和3年1月21日(木)
本日、ひかり幼稚園の年中児(星3組)の子どもたちはお店屋さんごっこを楽しみました。クラスで3グループに分かれ、クレープ屋さん・たこ焼き屋さん・ラーメン屋 さんを開店して、同じ年中児(星1・2組)の子どもたちを招いて楽しませてくれました。食事はすべて紙や毛糸などで作ったもので食べられませんが、出来栄えはなか なかです。寒中の中、あたたかな時間を過ごすことが出来て幸せでした。



「卒園文集」  令和3年1月19日(火)
3月に卒園を控えた年長児(月組)の子どもたちは、卒園文集の製作活動を行っています。一人ひとりの文集に掲載するページに思い思いに書き込んでいます。ひらがなを上手に書ける児やまだ上手くかけずに文字が反転してしまう児もいますが、皆集中して取り組んでいます。卒園文集の製作風景を見ると、間もなく卒園することを実感し、卒園まで残り少ない日々を一日一日大切にしながら送っていきたいと思います。


「野菜栽培」  令和3年1月16日(土)
第二ひかり幼稚園の年少児(花組)の子どもたちが園庭のプランターを利用して「野菜栽培」を始めました。植え付けたのは「ほうれん草、小松菜、ニンジン」です。園庭では、年中児や年長児も野菜の栽培活動を行っていて成長を楽しみに見守っています。自らが栽培にかかわることで食への関心・興味が増し、ニンジン嫌いな児も試しに食べてくれすかもしれません。寒い時期の栽培なので、上手にできないかもしれませんが、先生たちも関わって栽培活動を行って参ります。成長の不思議さを感じ、育てる体験での豊かな学びを期待しています。

「ピザ窯」  令和3年1月15日(金)
冬休み中に、第二ひかり幼稚園の園庭に(分解できて移動式の)「ピザ窯」を設置しました。今日は年中児(星組)の子どもたちと釜に火をおこして、ピザ窯の初使用です。今日はギョウザの皮の上にツナやコーン、ウインナーソーセージ、チーズを好みでトッピングして釜に入れました。ほんの数分で焼き上がり、出来立てアツアツのピザを美味しくいただきました。ピザ窯は、ピザ以外にも焼いもやパン焼きなど多種の調理に活用できますし、移動が可能なので、今後他の施設や適切な時期を考慮して多 用して参ります。



「誕生会」  令和3年1月14日(木)
本日、第二ひかり幼稚園では「1月の誕生会」を開催し、誕生児の保護者を招いて賑やかに楽しく行いました。毎月開催される「誕生会」では、全園児に誕生会プレゼント(今月はコマ)が贈られ、子どもたちの楽しみの一つです。そして、今月の誕生会メニューは「かき揚げ丼、ひっつみ汁、イカフライ、春雨のナムルサラダ、デザート(米粉のババロア)」で、美味しく楽しくいただきました。



「新年会」  令和3年1月13日(水)
本日、第二ひかり幼稚園では令和3年「新年会」を行いました。各学年ごとに集まり、互いに新年の賀詞を述べ、新しい年を寿いで新年の抱負を思いました。今日の給 食は「新年会」の特別メニューです。子どもたちの好評メニューから栄養士さんと相談して用意した「手巻き寿司、ヒレカツフライ、ゆばの味噌汁、フルーツ」です。学 年ごとの会食となり、今日も楽しく美味しく、お友達と仲良くお腹いっぱいいただきました。


「チューリップ」  令和3年1月12日(火)
ひかり幼稚園の年中児(星組)の子どもたちは、本日園庭のプランターにチューリップの球根を植えつけました。先週のうちにプランターの土に追肥をして、土を馴染ま せておいて、今日は一人一球づつ植え付けました。例年は11月下旬から12月頃に植え付けていましたが、4月から5月に花を楽しめるように植え付けを遅らせてみました。 今後はプランターに水をあげたりして、成長を観察しながら育てて参ります。



「ピザ窯」  令和3年1月9日(土)
園庭でピザやパン、焼いもなどを焼いて楽しめるようにと、第二ひかり幼稚園ではこの度「ピザ窯」を購入設置しました。このピザ窯は常設ではなく、解体して移動や収納が可能なので、ひかり幼稚園やグループの各施設でも使用していきたいと考えています。しばらくは厳しい寒さが続きますので、晴れた日に園庭でピザ焼きなどを楽しみ、有効に活用していきたいと思います。
「座禅会」  令和3年1月8日(金)
幼稚園は本日、冬休み明けの始業となりました。始業日を迎えて、ひかり幼稚園では、年長児(月組)の「1月座禅会」を修行しました。始業日からの座禅で安定して 取り組んでもらえれのか不安もありましたが、そんな不安をよそに子どもたちは真摯に取り組んでいました。座禅会も3月まで残り少なくなりましたが、一人ひとりが主 体性をもって取り組む姿を嬉しく思い、成長を実感します。2月そして3月と更にしっかりと行って参ります。
「スズシロ」  令和3年1月7日(木)
第二ひかり幼稚園の花壇(畑)では「スズシロ(ダイコン)」の栽培を行っていますが、冬になり、寒さ対策として花壇をビニールシートをかけました。連日氷点下の気温が続き、今後も厳しい寒さが来ることを予想しての設置です。3月に収穫する予定ですので、それまでスムーズにしっかりと育つよう環境も整えながら子どもたちの期待とともに育てて参ります。

「教務主任会」  令和3年1月6日(水)
明後日8日は始業日となり、今年度最後の3か月が始まります。今日は午後、各施設の学年主任が集まり、1月から3月そして4月の行事計画を検討しました。特に1月下旬から2月上旬に開催予定の表現活動発表会の在り方について深く協議しました。決定した内容は後日プリントでお知らせいたします。また、今年は2月2日が節分となり同日節分の「鬼やらい」を行うこと、卒園式の日程変更など話し合いました。コロナ禍の中で、安全を第一に考慮して保育活動が充実し、子どもたちが主体的にかつ積極的に活動できるよう運営に努めてまいります。


Copyright 2001-2012 hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE