学校法人ひかり学園 (ひかり幼稚園 | 栃木県大田原市 / 第二ひかり幼稚園 | 栃木県那須塩原市)


最新情報

|令和2年度|7月6月・5月・4月|令和元年度|3月│2月│1月│12月|11月|10月|9月|8月7月|6月|5月|4月
平成30年度平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度
「夏野菜カレー」  令和2年8月6日(木)
今日は夏野菜カレーです。夏野菜の「ズッキーニ、ナス、コーン」に豚肉とニンジ ン、玉ねぎ、ジャガイモなどの野菜を加えて、コトコトじっくり煮込んだカレーはト ロトロです。それでも大きく切り分けた野菜は存在感があり、一つ一つの野菜がしっ かりと自己主張をしながら、カレーの中で美味しく混ざり合っています。食べ込みが よくて、残量もなく、美味しく楽しくいただきました。


「スパゲッティミートソース」  令和2年8月3日(月)
夏休み中ですが、登園してくる園児には給食の提供を行っています。今日は「スパゲッティミートソース、テーブルロールパン、キャベツのマリネサラダ、牛乳」の献立でした。フワフワのテーブルロールパンは柔らかくて優しい味わいです。キャベツのマリネサラダは食感も味も良くて、栄養も豊富です。そして、子どもたちが大好きなスパゲッティミートソースは何度もおかわりをして食べ込みがよく、たくさん食べてくれました。明日は「親子丼」です。


「朝ごはん」  令和2年8月1日(土)
昨日から年長児は「おとまり会」を行い、朝食は幼稚園でお友だちと一緒にいただきました。今日の朝食は、ひかり幼稚園が「ご飯、ワカメの味噌汁、カレイの煮付け、枝豆とコーンとポークビッツ炒め、きゅうりの浅漬け、ヨーグルト、麦茶」です。第二ひかり幼稚園はパンのブッフェスタイルで自分で食べたいものを食べたい分だけプレートにもっていただきます。ハレパンのシュガートースト、アブラヤパン屋の特製、クリームパン、ジャムパン、チョコパンから選び、ソーセージやポテト、フルーツもいただきます。子どもたちは、お泊りできたことで満足感や達成感、そして自信を持ち、少し成長したようです。朝ごはんを笑顔で食べる様子に、気持ち成長を感じました。



「おとまり会」  令和2年7月31日(金)
年長児(月組)のおとまり会を行っています。ひかり幼稚園の夕食は「ワカメご飯、ゆばの味噌汁、ジャンボなエビシュウマイ、ポテトサラダ、ゼリー、麦茶」で、第二ひかり幼稚園は「焼きおにぎり、ラーメン、シュウマイ、杏仁豆腐、麦茶」です。おとまり会に少し不安のある児もいますが、みんな元気に夕食をいただきました。



「すき焼き」  令和2年7月30日(木)
今日は「すき焼き」です。そして「ご飯、ゆばの味噌汁、スパゲッティサラダ」でした。美味しいものを食べてるときは、みんな幸せな笑顔です。大好きな「すき焼き」を楽しくいただきました。間もなく夏休みに入りますが、夏休み中も登園してくる2号の子どもたちには毎日給食の提供があります。美味しくて栄養のバランスを考慮して、更には季節の食材を用いた給食を安定して提供して参ります。



「冬瓜(とうがん)」  令和2年7月29日(水)
今日は「ご飯、あじフライ、冬瓜(とうがん)スープ、お豆のサラダ」です。サクサクの「あじフライ」は、ふっくらした鯵でとても美味しかったです。お豆のサラダは栄養価も高く、ヘルシーで味も良く食べ込みが良くて嬉しく思います。そして、新メ ニューの「冬瓜のスープ」は優しい味わいです。「冬瓜」という漢字から、てっきり冬の野菜かと思いきや、実は夏が旬野菜です。長期保存が可能で、冬まで保存できることからそう呼ばれるようになったそうで、あっさりとして淡白な味ですが、冬瓜には素晴らしい栄養や効能がたくさんあります。カリウムという栄養が多く含まれ、体内の余分なナトリウムの排出を促す効果、体内の塩分バランスを維持してくれる働きがあり、利尿作用があることから、むくみの予防にも効能がある栄養です。ビタミンCも含まれ、しみやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの生成を助ける働きがあることから、美肌やアンチエイジングの効能があります。冬瓜に含まれているサポニンは、現代人には欠かせない栄養素のひとつで、中性脂肪を分解して、コレステロールを下げる働きがあるため、動脈硬化や肥満の予防に効能があり、血行を促進する効果もあるため、冷え性や肩こりを予防する働きがあります。そして、量は多くないですが不溶性と水溶性の食物繊維が2:1とバランスよく含まれ、大腸を刺激して便通を促したり、水分を含んで便を柔らかくしたりと便秘を予防する効能があり、コレステロールや老廃物などを排泄する作用があることから、大腸がんの予防にも効果がある優れた健康食材です。



「スイカ」  令和2年7月28日(火)
今日は「ハヤシライス、牛乳、ツナの和風サラダ、スイカ」です。「ハヤシライス」は牛肉に野菜、特製のデミグラスソースで大人も子どももみんな大満足の給食です。そして、夏には「スイカ」です。スイカの果実は大部分が水(水分91%)、糖質を8%含み、暑い夏空のもとで賞味するにふさわしい果菜(スイカは野菜)です。スイカは、可食部100グラム中に、たんぱく質30.1グラム、脂質46.4グラム、カルシウム70ミリグラム、リン620ミリグラム、鉄5.3ミリグラム、カロチン16マイクログラム、そのほかビタミンB1・B2、ナイアシンなどを含む栄養価の高い食品です。また、シトルリンというアミノ酸を含み、利尿効果が高く、腎臓(じんぞう)炎に効くといわれ、果汁を煮つめて飴(あめ)状にしたスイカ糖は薬用にされます。タネも炒(い)って塩味をつけ、種皮をむいて胚(はい)は食べられます。スイカを食べて、暑い夏を元気に乗り切りましょう。
「ブロッコリーの胡麻和え」  令和2年7月20日(月)
今日の給食には、「ブロッコリーの胡麻和え」が提供されました。幼稚園の給食には、優れた栄養効果を持ち、食べても美味しいブロッコリーが頻回に登場します。そして今日は「胡麻和え」で「ごま」の豊かな栄養が加わります。ごまは、栄養価に優 れた食品として、古代エジプト・インド・中国の頃から重用されてきました。人の体のタンパク質は、約20種類のアミノ酸で構成されているのですが、体内で生産できないため食品からとらないといけない必須アミノ酸が9種類あり、ごまは、約20%がタン パク質で、含まれているアミノ酸は8種類。そのうちの1種類が必須アミノ酸である含硫アミノ酸なのですが、ごまにはこの含硫アミノ酸が多く含まれています。小さいごま粒から、ごま油が搾れるということは、ごまにはそれだけ脂質が多く含まれている ということなのですが、ごまは50%が脂質で、しかもごまの脂質は、食品から摂取しないといけない必須脂肪酸であるリノール酸が45%とオレイン酸が40%、リノール酸は細胞膜を作るために欠かせない脂質で、オレイン酸は、善玉コレステロールの量を 減らさずに悪玉コレステロールを減らします。ごまの約12%は食物繊維がしめ、食物繊維は、腸内環境を整え、最近話題の腸内フローラルを良い状態する効果がある栄養素です。ごまには、多くの種類のビタミンが含まれ、特にビタミンB群とビタミンEが多く含みます。ビタミンEは抗酸化物質として知られていますし、血管壁に付着したコレステロールを除去するという働きがあります。そして、カルシウム・鉄分以外に、ナトリウム・マグネシウム・マンガンなどのミネラルが、ごまに含まれ、このうち、マンガンは、糖質・脂質・タンパク質の代謝をよくし、活性酸素の分解に役立つミネラルです。家庭でも、積極的にごまを用いた料理をいただきましょう。



「豚汁」  令和2年7月16日(木)
今日は「ご飯、納豆、豚汁、きびなごのフライ、中華風サラダ」の献立で、献立からも栄養価の高さが感じられます。「納豆」は大豆の優れた栄養で、「きびなご」には(過日記しましたが)豊富な栄養があります。そして「豚汁」は、夏の疲れ解消に適した食べ物です。豚汁は具だくさんで、一度に多くの品目と栄養が摂取できるメリットがあり、豚肉はもちろん、豆腐やこんにゃく、大根、人参、ごぼう他のたくさんの野菜から出る甘みと、豚肉からでる出汁が味に深みを増してくれます。豚肉はビタミ ンB1が豊富な食材で、ビタミンB1は糖質をエネルギーに換える働きがあり、疲労回復に対する効能をもっています。そして糖質に含まれるブドウ糖は脳の栄養になるので、脳の疲労にも効果的で、豚肉の脂に多いのがオレイン酸と呼ばれる栄養成分、生活習慣病に対する効能があります。豚汁の味を調える味噌は「医者いらず」と言われるほど多くの効能や効果があり、なかでも、味噌に含まれるリノール酸はコレステロールを下げる効能があります。多くの野菜が用いられるので、ビタミンやミネラ ル、ポリフェノールなどの栄養や成分がたっぷりと摂れ、多くの効能が期待できます。大根には美肌に必要なビタミンC、むくみ予防に役立つカリウムが含まれ、人参は体内でビタミンAに換わるβ-カロテンを含み、アンチエイジングや免疫力の向上などの効能が期待でき、ごぼうはクロロゲン酸やタンニンなどのポリフェノールを含んでいます。なかでも、クロロゲン酸は脂肪の蓄積を抑えたり、血圧の上昇を緩やかにする効能があります。



「モズクとシメジの卵とじスープ」  令和2年7月10日(金)
今日は「ご飯、モズクとシメジの卵とじスープ、炒り豆腐、マカロニサラダ」の献立です。以前、モズクの優れた栄養について記しましたが、今日はシメジの栄養です。シメジは味にクセがなく、和洋中といろいろな料理で食することができ、ダイエット中の方にとってはうれしい食材です。噛みごたえが満腹感を与えるだけでなく、低カロリーで栄養価も高く優れています。βグルカンという成分が含まれ、しいたけなどのきのこ類や酵母に多く含まれる多糖類の一種で、食物繊維の仲間です。βグルカンには、免疫力を高める効能があるため、風邪の予防やガンを抑制する効能などがあります。次に、リジンという栄養素が含まれ、リジンは必須アミノ酸の一種で、タンパク質の吸収を促進したり、糖質(炭水化物)の代謝を促すため、疲労回復の効能があり、カルシウムの吸収を促す働きや、体の組織の修復や成長を助ける効能などもあります。そして、きのこ類特有のうまみ成分である、グアニル酸が含まれ、血小板の凝集を抑制する働きや、血中のコレステロール値を下げる効能があり、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防の効能があります。また、エルゴステロールが豊富に含まれていて、きのこ類に多く含まれ、ビタミンD(ビタミンD2)の前駆体になり、カルシウムやリンの吸収を促がして骨を丈夫にします。さらには、骨の形成に必要なマグネシウムも含まれます。最後に、食物繊維が含まれ、血中のコレステロールの上昇を抑制する効能があり、動脈硬化の予防に効果があります。今日は、モズクと一緒にスープとなって美味しくいただきました。



「イカ焼きそば」  令和2年7月9日(木)
今日は「イカ焼きそば、フレンチドック、豆乳デザート、牛乳」の献立です。柔らかいイカの入った焼きそばは、子どもたちから好評なメニューです。フレンチドックも作り立てで、温かくホカホカの状態で頂きました。そして杏仁豆腐や牛乳寒ではなく、豆乳で作った豆乳ゼリーのフルーツ和えは優しい味わいでした。今日も美味しくて栄養バランスのの整った給食を美味しくいただきました。



「サバの味噌煮」  令和2年7月8日(水)
今日はサバの味噌煮です。サバは脂の多い魚で、豊富な脂質は栄養面でタンパク質を補い、体力をつける働きがあります。サバの脂質にこそすごい健康効果があり、怖い生活習慣病を予防してくれます。サバの脂質には不飽和脂肪酸と呼ばれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)がとても多く含まれ、この成分には、血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、血液を流れやすくすると共に、血栓や動脈硬化が原因の脳梗塞や心筋梗塞を予防します。加えてDHAには、脳 細胞を活性化する効果があることがわかっています。サバの栄養素については、糖質や脂質の代謝を進め疲労回復のや細胞の再生に効果を発揮するビタミンB群、カルシウムの吸収を助けて骨粗鬆症予防に役立つビタミンDなど、健康と若さを保つビタミン類の多いのが大きな特長で、背骨に近い「血合い」と呼ばれる部分には鉄分やEPAが豊富で、貧血予防や血液をさらさらにする効果、さらに血栓・動脈硬化予防も期待できます。ほかにも、魚介類に多い遊離アミノ酸のタウリンは血中コレステロールを 抑えると共に、肝機能強化や胃を丈夫にし、体力をつける効果もあります。食べて健康になるという点で、これほど有効な食材はなかなかありません。



「星形ハンバーグ」  令和2年7月7日(火)
今日は7月7日の「七夕」です。幼稚園では七夕交流会が開かれ、園児たちは楽しく過ごしました。そして、今日は七夕交流会メニューです。特に、星形に成型したハン バーグは絶品です。大人でも大満足でした。理由は幼稚園の特製ケチャップソースです。市販のものではなく、幼稚園ではオリジナルにケチャップソースを調理していま す。栄養士に聞くと、隠し味にマーガリンなどを加えて味にコクと深みを出しているそうです。正直、このケチャップソースだけで、ご飯を美味しく頂けるくらいです。 子どもたちにその美味しさを聞いてみてください。今日も栄養一杯で美味しくて大満足の給食でした。



「ひじきと大豆」  令和2年7月6日(月)
今日は「ひじきと大豆の煮もの」です。ひじきの栄養素といえばカルシウムと食物繊維。ほかにもマグネシウム、カリウム、ヨウ素、ビタミンAなどいろんな栄養が豊富な食べ物です。ひじきのカルシウムの量は牛乳の約12倍。牛乳のカルシウムは吸収されにくいうえに吸収をじゃまする成分を含むことからも、牛乳ではなくひじきなどの海藻からカルシウムを摂ることが効果的でり骨や歯をつくる、血液の状態を正常にたもち、神経や筋肉の興奮をおさえてスムーズに動かしてくれます。次に、「ひじきの半分は食物繊維でできている」と言われるほどに食物繊維が豊富。ごぼうの7倍も含まれ、なかでも水溶性食物繊維が豊富で、腸の中で善玉菌のエサとなって、善玉菌を増やしたり善玉菌のはたらきを高めてくれます。マグネシウムも豊富で、カルシウムの吸収を助けて丈夫な骨や歯をつくるサポートをします。体の余分な塩分(ナトリウム)や水分を排出するカリウムも豊富で、マグネシウムによる相乗効果も期待できます。ひじきはβ−カロテンも多く含まれています。β−カロテンはビタミンAに変身する前の形で、体内でスタンバイしていて必要なときにビタミンAに変身してはたらきます。そのβ−カロテン(ビタミンA)のはたらきは、免疫力を高め、皮膚や粘膜を正常にたもち、抗酸化作用があります。最後に、ヨウ素は魚や海藻に多く含まれるミネラルで、代謝を維持するために必要な甲状腺ホルモンのおもな成分となっています。ヨウ素のはたらきは、新陳代謝の促進、基礎代謝を高め、子どもの成長促進に効果があります。
「誕生会メニュー」  令和2年7月2日(木)
7月誕生会が本日開催され、楽しみな「誕生会メニュー」には、「そぼろご飯、魚麺汁、鮭とチーズのソフトカツフライ、ブロッコリーの胡麻ネーズ和え、七夕デザート」が提供され、美味しく楽しくいただきました。参加した保護者からは、そぼろご飯が好評で、たくさんの賛辞をいただき嬉しく思います。毎月開催される誕生会には、栄養を考慮して、季節感も考えて、美味しい献立を用意していますので、保護者の皆様は楽しみにご参加ください。





Copyright 2001-2012 hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE