学校法人ひかり学園 (ひかり幼稚園 | 栃木県大田原市 / 第二ひかり幼稚園 | 栃木県那須塩原市)


最新情報

│平成28年度│12月11月│10月│9月│8月│7月│6月│5月│4月│        │平成27年度平成26年度

「ひっつみ汁」  平成28年11月30日(水)
11月も終わり、明日からは12月です。今日はひかり幼稚園では「鶏のから揚げ」、第二ひかり幼稚園では「ハンバーグ」のおかずでした。そして、温かい「ひっつみ汁」が提供されました。「ひっつみ」は岩手の南部藩以来古くから存在する伝統的な家庭料理で、「ひっつみ」とは「引っ摘む」から転じた方言です。その名の通り、小麦粉を練ったうどんのような太麺を手でちぎって(ひっつまんで)は鍋に入れ、肉や野菜、山菜、きのこな山海の幸と一緒にいただきます。沢山の野菜と鶏肉から美味しい出汁が出て美味しく頂きました。



「小籠包」  平成28年11月28日(月)
今日のおかず「小籠包(ショウロンポウ)」は、スチームコンベンションオーブンでじっくり蒸しあげて調理したので、中からは肉汁がたっぷり溢れ、とても美味しく頂きました。また、ご飯には菜の葉が混ざった「菜飯」で、ビタミンCやミネラルが入った栄養価の高いものです。そして、春雨サラダには沢山の野菜が入り、寒い時期の「コーンスープ」はホッコリ身体が温まりました。



「給食室」  平成28年11月25日(金)
昨日の初雪とは変わり、穏やかに晴れたものの気温は上がらず、少し肌寒い一日でしたが、給食室は子どもたちの給食準備で時間に追われた活気と調理の湯気が立ち込め てアツアツです。忙しくも丁寧に調理に励む姿には、敬意と感謝を覚えます。今日も美味しく栄養満点の給食を頂けて嬉しくありがたく思います。

「五目汁」  平成28年11月21日(月)
今日は「ご飯、五目汁、はんぺんの卵とじ、大学イモ」の献立でしたが、五目汁には、「サトイモ・油揚げ、ニンジン、ゴボウ、ネギ」の5品目が具だくさんに入っていて、食べごたえのあるお汁でした。はんぺんの卵とじは優しい味わいで、大学イモも甘いサツマイモに醤油ベースの甘辛いタレが絡んで美味しく頂きました。



「すき焼き」  平成28年11月17日(木)
今日は「すき焼き」です。子どもたちも先生たちも大好きな献立でした。そして、栄養を考えた「白いんげん豆のサラダ」です。インゲン豆には子どもたちの成長に有効な栄養がたくさん入っています。ミネラルが豊富で、鉄分は大豆と同じ数値、たんぱく質もあり、体内で生成できないロイシンやリジン、含有アミノ酸に芳香族アミノ酸を含み、また、ポリフェノールやサポニンなども含まれている栄養価の高い豆と言えます。さらに、大豆の約2倍の豊富な食物繊維を含んでいます。

「祝七五三メニュー」  平成28年11月15日(火)
本日は10月の陽気の中、子どもたちの健やかな成長を祈願する「七五三」参りを行いました。給食も皆の健やかで康らかな成長を願って「七五三」お祝いメニューです。「栗ご飯、豆腐とシメジのお味噌汁、野菜たっぷりの筑前煮、カニとキュウリのおかか和え、デザート(プチダノン)」、栗ご飯は優しい味わいで、筑前煮には鶏肉、サトイモ、タケノコ、ニンジン、ゴボウ、インゲン、シイタケなど多種の野菜がたくさん煮込まれていました。暖かい日にゆっくりとお参りが出来て、給食も美味しく楽しく頂きました。


「イワシごま味噌煮」  平成28年11月14日(月)
今日は「ご飯、豚汁、イワシごま味噌煮、中華風ハルサメサラダ」でしたが、豚汁にはサツマイモがたくさん入って具だくさんで美味しく頂きました。イワシごま味噌煮は、イワシの栄養とゴマの栄養が重なり栄養価は満点です。特にイワシには、ビタミンB群やビタミンEは非常に豊富に含まれ、カルシウムや鉄分なども豊富、かつ、それらの吸収を助ける働きをするビタミンDも同時に含まれているため、イワシひとつで 丈夫な骨や身体を作ってくれる優秀な食材です。また、様々な健康効果で注目されているDHAやEPAも豊富に含まれています。DHAやEPAには、脳の働きを活性化したり維持したりする作用があり、頭が良くなるという効果が期待されます。今日のイワシは骨まで柔らかく味付けも美味しくて、子どもたちの食べ込みもよかったです。



「誕生会メニュー」  平成28年11月10日(木)
第二ひかり幼稚園では「11月誕生会」が開催され、今日は「誕生会メニュー」となりました。「金時ごはん、白菜のミルクスープ、メンチカツコロッケ、酢の物、デザート(みかんゼリー)」の献立で、白菜のスープは気温が下がり寒くなってきたこの時期、優しく温まりました。今夏も美味ししく楽しくたくさんの笑顔をいただきました。ひかり幼稚園の「11月誕生会」は22日に予定しています。美味しい給食を 楽しみにご参加ください。



「のっぺい汁」  平成28年11月8日(火)
今日は終日肌寒い一日となりましたが、給食で出されたあったかな「のっぺい汁」に は身体も心もホッコリしました。「ご飯、のっぺい汁、ヒジキと大豆の煮もの、スパ ゲッティサラダ、チーズ」の献立で、「のっぺい汁」には、サトイモ、油揚げ、ダイ コン、ニンジン、ネギなど具だくさんで沢山入って大満足の給食でした。



「ポークビーンズ」  平成28年11月1日(火)
今日の献立は、「ポークビーンズ、コッペパン(イチゴジャム)、牛乳、切り干し大根のサラダ」でしたが、「ポークビーンズ」は豚肉、大豆、玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモをトマトでしっかり煮込んであり、美味しくて栄養もたっぷりです。切り干し大根のサラダも栄養価が高く、今日の献立は栄養満点です。



「かぼちゃ」  平成28年10月31日(月)
今日はハロウィンですが、幼稚園ではおかずに「かぼちゃと挽肉のコロッケフライ」が供されました。甘くてまろやかで美味しく頂きました。さて、カボチャには栄養たっぷりなイメージがありますね。本当に栄養満点な野菜で、とにかくビタミンとミネラルが豊富で、β-カロチン(ビタミンA)をはじめとして、ビタミンB1、B2、C、カリウム、カルシウム、鉄などをバランスよく含んでいるので、大変に栄養価の高い野菜と言われています。かぼちゃの黄色はβ-カロチンの色と言われるくらい、かぼちゃにはとても多くのβ-カロチン含まれていて、β-カロチンは、体内でビタミンAに変わり、風邪やC型肝炎等の感染症、ガンなどの免疫力低下による病気を抑える効果に注目されています。ビタミンAは、粘膜や皮膚の抵抗力を高め、生活習慣病やガン予防に効果があり、体を酸化から守る抗酸化作用もあるので、ガンのもとになる活性酸素を消す働きがあるそうです。そしてコレステロールを減らす効果もあるのです。体を酸化させないためには、日常の食事から抗酸化成分を摂ることが重要と言われていますが、その抗酸化成分の代表とも言えるのがβ-カロチンなのです。



「焼きそば」  平成28年10月28日(金)
給食時には小雨が降り、今日は肌寒い日となりましたが、幼稚園の園舎には子どもたちの元気な声が響いていました。今日はみんなの大好きな「焼きそば」です。幼稚園の焼きそばの麺は、もちもちしていて食べごたえがあり、ソースともよく絡んで絶品です。バターロールパンやブロッコリーのサラダ、牛乳と一緒に美味しく頂きました。


「筑前煮」  平成28年10月24日(月)
今日は「ご飯、豆腐とワカメのお味噌汁、筑前煮、中華風サラダ、レアチーズケーキ」の献立でしたが、「筑前煮」は鶏肉やレンコン、サトイモ、ニンジン、こんにゃくなどの野菜が甘めの醤油出汁となじんで、とても美味しく頂きました。



「三元豚コロッケ」  平成28年10月20日(木)
ひかり幼稚園は本日「10月誕生会」で誕生会メニューでしたが、第二ひかり幼稚園では「味噌ラーメン、米粉のマフィン、三元豚のコロッケ、豆乳のデザート」でした。味噌ラーメンにはたくさんの野菜が入り、とても優しい味でおいしく頂きました。また、今日は「三元豚のコロッケ」が登場です。普通の豚肉に比べ「三元豚」はジューシーで、肉の甘さが口の中に広がり、とても美味しく、子どもたちからも好評 でした。ひかり幼稚園では明日、「味噌ラーメン、三元豚のコロッケ、米粉のマフィン、豆乳のデザート」の献立ですので楽しみにしていて下さい。



「10月誕生会」  平成28年10月19日(水)
今日は10月誕生会メニュー「鶏ゴボウご飯、かきたま汁、いかリングフライ、グリーンサラダ、デザート(スィートポテト)」です。鶏ゴボウご飯は、新米に鶏ひき肉とゴボウ、干しシイタケ、シメジ、ニンジンなどの野菜がたくさん入ってとても優しく美味しい味わいで、参加した保護者からも高評価でした。



「ヒジキ」  平成28年10月12日(水)
好天に恵まれて、戸外で元気に活動したので、お腹がすいて、今日も給食の食べ込みがよかったです。今日は「ご飯、湯葉とわかめの味噌汁、ヒジキと大豆の煮もの、マカロニサラダ」でしたが、子どもたちはとてもよくヒジキを食べてくれます。ヒジキには、カルシウムが牛乳の約12倍もあれい、カルシウムは歯や骨の成形を助けます。また、お腹の調子を整える食物繊維がごぼうの約7倍。血液の循環を正常に保つ働きをもつマグネシウムがアーモンドの約2倍も含まれる健康に良い食材です。



「ハヤシライス」  平成28年10月7日(金)
今日はみんなの大好きな「ハヤシライス」。たくさん食べてもらいたくて、たくさん用意しました。運動会の練習でお腹もすいているので、食べ込みがとても良かったです。



「レンコンのきんぴら」  平成28年10月6日(木)
今日の献立は、「鮭ごはん、コーンスープ、チキンナゲット、レンコンのきんぴら」。鮭ごはんもチキンナゲットも子どもたちの人気メニューです。そして「レンコンのきんぴら」も栄養たっぷりの豚ひき肉と甘辛くからんで、おいしく出来ました。さて、レンコンの主な栄養分は糖質(デンプン)で、体内でエネルギーとなって体を温めます。また、ビタミンCが多く含まれ、ビタミンCは熱に弱いのですが、デンプンが多いため加熱しても相当量のビタミンCが残ります。疲労回復・風邪の予防・発ガン物質の抑制などの効果が期待できます。そして、カリウムや鉄、銅、亜鉛を多く含み、食物繊維が豊富で、便通を良くする他に腸内の発ガン物質を排出して大腸ガンの予防、動脈硬化や高血圧予防効果が期待できます。れんこんの切り口の変色が早いのはポリフェノールの一種タンニンが含まれているからで、タンニンは消炎や止血作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果が期待できるなど、栄養たっぷりの食材です。


「豚汁」  平成28年10月5日(水)
今日は豚汁が供されました。豚汁には、豚肉、ダイコン、ニンジン、ゴボウ、ネギなどの具がたっぷり。何より豚肉には疲労回復の元気パワーがたくさん入っています。豚肉は疲労回復や滋養強壮に効果があるといわれますが、それはビタミンB1という栄養分が多く含まれていて疲労回復に効果があり、ビタミンB1は、なんと牛肉の約10倍も含まれています。筋肉に溜まった疲労物質、乳酸を取り除いてくれます。さらには脳の働きを活発にさせるビタミンB12も豊富に含み、疲れた脳を癒すには最適ですよ。ビタミン類は肌の活性化にも効果を発揮します。


「かんぴょうサラダ」  平成28年10月3日(月)
今日は、「ごはん、ワカメとしめじのお味噌汁、ハンバーグ、かんぴょうサラダ」でした。サラダは、かんぴょうを主な材料にきゅうり・にんじん・キャベツなどとマヨネーズ和えで優しい味わいでした。かんぴょうはなんといっても食物繊維が豊富で、その豊富さは他の野菜の比ではありません。また、カリウム・カルシウムなども含まれている上に、リンや鉄も多く含むので貧血の改善にも良い食材です。そして、全国生産量の98%以上を占める栃木県の代表的な特産物です。



「白いんげん」  平成28年9月28日(水)
今日の献立は、「ご飯、豆腐となめこの味噌汁、切り干し大根の煮つけ、牛乳、白いんげんのサラダ」でした。いんげん豆は、家庭ではそれほど食さない食材と思いますが、実は優れた栄養と効能があります。いんげん豆の主成分は糖質で、タンパク質も豊富に含みます。大豆や落花生などと異なり脂質の含有量が少ないことが特徴で、カロリーも茹で100gあたり143kcalとご飯(白米)よりも少ないため脂質やカロリーを抑えたい時にも利用されています。しして、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛等のミネラル類を豊富に含み、不足しがちなミネラルの補給源として役立ちます。むくみの解消などに取り入れられる小豆と同グラムで比較すると、ほぼ同量のカリウム含有量があり、鉄分含有量も高いため貧血・鉄欠乏の予防や改善効果にも役立ちます。ミネラルの中ではカルシウム含有量が130mg/100gとやや少ないですが、カルシウムの吸収を助けるリジンが含まれていることから吸収率は良いのです。さらに、必須アミノ酸「リジン」を多く含んでいるます。リジンは抗体・ホルモン・酵素などの合成に関わり体組織の修復や成長に必要とされる成分ですし、タンパク質の合成に必要不可欠なアミノ酸でもあります。リジンはブドウ糖や脂肪の代謝を促進することで肉体疲労の回復や集中力アップにも有効とされています。


「小龍包」  平成28年9月26日(月)
今日は、「ワカメご飯、卵スープ、小龍包、春雨サラダ」の給食でした。ご存じの通り、小籠包は豚の挽肉を薄い小麦粉の皮で包んで蒸籠蒸しした包子で、特徴として薄皮の中に具と共に熱いスープが包まれています。上海が起源と言われていますが、一説には上海市の西北にある町、南翔で発祥したとも言われます。さて、コンベンションオーブンでふっくら蒸し上げた幼稚園の「小龍包(しょうろんぽう)」は肉汁がたっぷりで、今日も美味しく給食を仲良く頂きました。


「9月誕生会」  平成28年9月21日(水)
今日は「9月誕生会メニュー」、献立は「五目ごはん、はるさめスープ、エビ団子フライ、ブロッコリーのグリーンサラダ、デザート(レモンムース)」でした。スープには春雨やワカメ、野菜がたっぷり、五目ごはんは、鶏肉・ゴボウ・干しシイタケ・ニンジン・油揚げの5品でふっくらご飯に美味しく出来ました。今回も、参加した保護者よりたくさんの「おいしい」の言葉を頂き嬉しく思います。


「たまごドーナツ」  平成28年9月20日(火)
今日は、「焼きそば、牛乳、フルーツ杏仁豆腐、たまごドナーツ」の献立でしたが、手作りのたまごドーナツは久しぶりの登場で、嬉しく美味しく頂きました。年少児は初めてこのドーナツを食べましたが、食べ込みもよく、きれいに食べてくれました。それに焼きそばは子どもたちの好評メニュー、こちらも美味しく頂きました。

「かきたま汁」  平成28年9月12日(月)
今日の献立は、「ご飯、マーボー豆腐、ブロッコリーとニンジンともやしの胡麻チーズ和え、牛乳」でした。マーボー豆腐は好評メニューでご飯と一緒によく食べ込んでいました。ワカメと卵の「かきたま汁」もやさしい味わいで、おかわりする児も多く食べ込みが良かったようです。



「祖父母のつどい」  平成28年9月7日(水)
今日、第二ひかり幼稚園では「祖父母のつどい」が開催され、給食室では朝早くからお弁当作りに大忙しでした。今日のお弁当の献立は、「古代米の栗赤飯、なめこのお味噌汁、厚揚げの鳥そぼろ煮、ブロッコリーのゴマ酢和え、さわらの西京焼き、ウインナーソーセージ、デザート(小夏ゼリー)」でした。参加した祖父母の皆様より「おいしい」のお言葉をたくさん頂きたいへん嬉しく思います。



「揚げパン」  平成28年9月1日(木)
今日は揚げパン、素揚げしたパンに幼稚園の特製カカオパウダーをまぶします。子どもたちは揚げパンが大好きで、口の周りをカカオパウダーで汚しながら美味しそうに揚げパンを食べています。このカカオには実に優れた栄養が含まれています。ビタミンA・ビタミンB群・必須脂肪酸・必須アミノ酸・タンパク質・脂質・糖質・テオブロミン・食物繊維・カカオポリフェノール・ミネラル類などが含まれ、「カカオポリ フェノール」は、その名の通りカカオ豆に含まれるポリフェノールのことで、エピカテキンをメインとする何種類かの化合物の混合物で「フラバノール」ともいわれます。そして、恋してるときに分泌される「恋愛ホルモン」こと「フェニルエチルアミン」や、気分が良い時に分泌され「至福ホルモン」とも呼ばれる「アナンダミド」も要注目です。 カカオは、みんな大好きなチョコレートやココアの原料となる物で、 カカオ果実の中にある種子のことです。学名は「テオブロマ・カカオ」といい、昔は王族・貴族・お金持ちしか食べられない貴重な食べ物だったこともあり「テオブロマ」とは「神様の食べ物」という意味があります。


「8月誕生会」  平成28年8月31日(水)
今日は「8月誕生会」を開催致しました。毎回、誕生会の給食は楽しみです。今回は「鶏肉のそぼろご飯、卵スープ、チーズはんぺんのフライ、ブロッコリーのゴマ味噌和え、ヨーグルト」で、楽しく美味しく頂きました。


「ひじき」  平成28年8月29日(月)
今日は「ひじきと大豆の煮もの」です。ひじきには優れた栄養がありますが、カルシウムが牛乳の約12倍もあり、カルシウムは歯や骨の成形を助けます。食物繊維がごぼうの約7倍で、食物繊維はお腹の調子を整えます。マグネシウムがアーモンドの約2倍、マグネシウムは血液の循環を正常に保ちます。今日も美味しく楽しく頂きました。



「夏休み明け」  平成28年8月26日(金)
夏休みが終わり給食が再開されました。今日は「スパゲッティミートソース、バターブレッド、フレンチサラダ、牛乳」の子どもたちの大好きな献立。久しぶりの給食をお友だちと仲良く頂きました。


「ひかり会」  平成28年7月26日(火)
今日は卒園児の集い「ひかり会」が開催され、第二ひかり幼稚園ではみんなの大好きな献立を用意しました。「スパゲッティミートソース、鶏のから揚げ、フライドポテト、ブロッコリーのサラダ、トマト、ジュース(オレンジかぶどう)、デザート(小夏ゼリー)」でしたが、小学生になったので量は幼稚園の時より多めに用意しました。みんなたくさん食べてくれ、嬉しく思います。今後の健やかな成長を願います。



「冷やし中華」  平成28年7月20日(水)
今日は終業式、明日からは夏休みに入ります。今日の献立は「冷やし中華、フレンチドック、牛乳、フルーツ(パイナップル)」でした。冷やし中華は、日本料理だそうで、昭和の初期に紹介され、日本中に広まりました。特に夏に食される事が多く、夏の風物詩であり、季語にもなっています。中華料理店でも、秋から春にかけてはメニューに置かず、夏の訪れと共にメニューに追加して、「冷し中華始めました」という貼紙を店に貼り告知すると夏の訪れを感じます。幼稚園の冷やし中華も、この時期にふさわしいさっぱりとした味わいで、子どもたちからも好評です。


「鮭」  平成28年7月15日(金)
今日は焼き鮭です。鮭には、高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、眼精疲労緩和、老化予防、がん予防などに効能効果が期待される食材です。消化・吸収の良い良質なタンパク質に富み、脂肪分もEPAやDHAなど不飽和脂肪酸が中心のため、美味しいうえに健康に良いのです。また、多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は血中のコレステロールを抑えて血液の流れを良くし、動脈硬化や血栓、高血圧を予防し、DHAについてはさらに脳の細胞を活性化させ、ボケを予防する効果も指摘されています。ほかにも、栄養素の代謝を促すビタミンB群や、カルシウムの骨への吸収を進めるビタミンDが豊富に含まれ、また、抗酸化の力で細胞を守るビタミンEが多いのもうれしい特長です。美味しく食べて健康増進の給食でした。



「豚汁」  平成28年7月14日(木)
今日は豚汁ですが、豚汁は、たった1杯で実に高い栄養価があることで知られています。その主役の豚肉ですが、豚肉に多く含まれる栄養成分は、「ビタミンB」。このビタミンBには、疲れた身体を回復してくれる働きや、冷えた身体を温めるくれる効果があります。夏でも内臓を温めることは大切です。また、子どもの成長に欠かせないものの1つに「タンパク質」が挙げられます。このタンパク質は、豚肉などに多く含まれ、筋肉を作る大切な素になります。同時に、子どもの身長を伸ばす素でもあるのです。成長期の子どもには、積極的にタンパク質を摂取させましょう。そしてダイコン、ゴボウなど食物繊維を取ると、お通じをスムーズにしてくれる効果があり、ニンジンには、βカロチンが含まれていて、病気の大きな要因の「活性酵素」を減らす効果があります。さらに味噌で味付けをしますが、味噌には鉄分が含まれていて、貧血予防に役立ちます。豚汁には、大きな健康効果が期待できるのです。



「焼きそば」  平成28年7月12日(火)
今日の献立は、「焼きそば、黒糖パン、牛乳、フルーツポンチ」でしたが、幼稚園の「焼きそば」は、豚肉を炒め、多種の野菜をたくさん加えて、手塚製麺所特製の麺を絡め、特製ソースで仕上げた逸品です。子どもの口にはもちろん、大人でも満足の味わいで、今日も美味しく頂きました。


「切り干し大根」  平成28年7月11日(月)
今日は切干し大根の煮つけです。幼児の口に合うようにやさしく甘めの味付けで、子どもたちは喜んで食べています。さて、大根を天日干ししたものが「切り干し大根」です。大根には消化酵素が含まれ、食物の消化を助け、腸の働きを整えてくれる効果があります。生の大根の根の部分は90%が水分。それに比べ、切り干し大根は大根の水分だけを除き、旨みをギュッと凝縮し、大根よりも栄養価が飛躍的にアップし、とても身体にいい食品です。切り干し大根は、紫外線や酵素によって縮合反応が起きることで、さらに栄養素が増えます。天日干しすることで、殺菌作用や消毒効果も高まります。切り干し大根に含まれている主な栄養素として、@カルシウム(生の大根の約23倍)、Aカリウム(生の大根の約14倍)、B食物繊維(生の大根の約16倍)、C鉄分(生の大根の約49倍!)です。このほかにビタミンB1、B2も多く含まれ、肝臓や胃腸を回復させて、食欲増進作用、冷え性を予防などがあります。


「じゃこスープ」  平成28年7月8日(金)
今日は子どもたちの大好物「唐揚げ」をたくさん食べてもらいました。そして「じゃこスープ」です。「じゃこ」には、カルシウム、ビタミンDなど豊富に含まれ、健康に非常に優しい食品です。特に、カルシウムは100gあたり約520mg含まれており、牛乳と比較しても200ml瓶の2.5本分に相当します。栄養価の高い「じゃこ」やタンパク質の豊富な鶏の「から揚げ」を食べて、元気に過ごして欲しいと願っています。



「誕生会メニュー」  平成28年7月7日(木)
今日は7月の誕生会が開催され「誕生会メニュー」です。「鶏とゴボウの炊き込みご飯、ゆばとワカメのお味噌汁、お星さまのハンバーグ、ホウレンソウの胡麻和え、デザート(七夕ゼリー)」の豪華な給食でした。炊き込みご飯はとても美味しく、味噌汁もやさしい味わいで、ハンバーグはふわふわで好評でした。デザートのゼリーも七夕の星空の様にキラキラして子どもたちは喜んでいました。



「クリームシチュー」  平成28年7月6日(水)
鶏肉にたくさんの野菜(ブロッコリー、タマネギ、ニンジン、シメジなど)に先週畑で収穫したジャガイモを加え、生クリームで煮込んだ「鶏肉のクリームシチュー」は優しい味わいでした。特に、自分たちで収穫したジャガイモの味は格別です。イチゴジャムのコッペパンやミックスサラダと一緒に今日も美味しく頂きました。


「厚揚げ酢豚」  平成28年7月4日(月)
普通の酢豚と違い、豚肉の代わりに厚揚げを使った酢豚のおかずです。ヘルシーで栄養価も高い「厚揚げ豆腐」。味付けは酢豚と一緒、甘辛くてとても美味しく出来ました。子どもたちに好評で、ご飯も進みます。さくら組の子どもたちもたくさん食べてくれました。



「かんぴょう」  平成28年6月29日(水)
今日は、「野菜たっぷりかき揚げ丼、田舎汁、三色おひたし、ヨーグルト」の献立で したが、かき揚げは野菜がたくさんで食べごたえも栄養もたっぷりでした。田舎汁に は、郷土の野菜が多種入っていて、特にかんぴょうは栃木県の名産です。かんぴょう には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維が不足すると、人間の身体は健康な 状態を保てなくなると言われてます。そして、かんぴょうにはカルシウムやカリウム も含まれていて、健康的な身体を維持する効果を発揮してくれるのです。カリウムに は血圧を正常に保つ効果や、老廃物の排出を助ける効果があり、余分なナトリウムも 排出してくれることから、身体の中をスッキリさせることができるのです。今日も美 味しくて栄養を考えて作られた給食に感謝です。

「小龍包」  平成28年6月27日(月)
今日の給食は、「ご飯、豚汁、小龍包、ナムルサラダ」でしたが、肉汁溢れるジューシーな小龍包は好評でした。豚汁にも小龍包にも、豚肉が使われていますが、豚肉は牛肉より栄養価が高く、牛肉ほど部位による味の違いがありません。全体にやわらかく、脂肪も適度にあり、たんぱく源として重宝な素材です。そして、ビタミンB1は牛肉や鶏肉にくらべて約10倍。疲れ、だるさ、肩こりがすっきりして、疲労回復の強い味方です。また、良質のたんぱく質は体にとって、どうしても必要な栄養素。特に血管の壁を強く守るために重要なのです。



「6月誕生会」  平成28年6月24日(金)
誕生会のメニューは毎月楽しみです。6月は「ちらし寿司、夏野菜・オクラのスー プ、白身魚のフライ、ゴボウとコーンのサラダ、デザート(さくらんぼゼリー)」で した。どれも美味しく満足の献立でしたが、夏野菜のオクラのスープは味もよく健康 にも良いスープです。オクラといえば、独特の粘り気と種のプチプチ感が特徴的な緑 黄色野菜で、ビタミンと食物繊維の宝庫です。ネバネバ食材に多く含まれているムチ ンは、タンパク質を分解する酵素をもち、消化吸収のサポートをします。そのためエ ネルギー源として効率よく使用することができ、疲労を回復させる効能が期待できま す。また、粘膜を保護する作用もあり、目や気管などの表面をうるおして正常な機能 を促す働きがあり、その他にも、免疫力アップや胃や腸の機能を高めるなどの効果も 期待できます。他にもガラクタン、アラバン、ペクチンなどといった食物繊維が含ま れ、整腸作用があり、便秘を予防・解消する効果があります。さらに、βカロテンは 色鮮やかな緑黄色野菜に多く含まれる栄養素。このβカロテンの最大の特徴は、「体 内で必要に応じてビタミンAに変換される」という点で、ビタミンAに変わったβカロ テンは、他のビタミンや栄養素の働きを促進し、皮膚を正常に保ったり、視力を維持 させたりする効能があります。それに、丈夫な骨づくりのサポートや身体の成長を促 進させる作用があるので、とくに成長期の子どもには欠かせない栄養素です。


「チキンのオーブン焼き」  平成28年6月23日(木)
>鶏肉をミンチにして成形した平たい「つくね」に、その表面にチーズを乗せてコンベンションオーブンで蒸し焼きにした、ジューシィでホクホクの「チキンのオーブン焼 き」を頂きました。鶏肉には、@栄養素を供給する機能、Aおいしさを付与する機能、B病気を予防する機能という3つの機能があります。鶏肉の栄養としては、豚肉 や牛肉と同様に、良質のたんぱく質、ミネラル、ビタミンを含んでおり、これらの供給源として重要な役割を果たしています。チキンをちきんと食べて、元気に健やかに成長することを願います。


「イワシとゴマ」  平成28年6月21日(火)
今日は「イワシのゴマ味噌煮」がおかずでしたが、イワシには、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンD、ビタミンE、ビタミン、葉酸、カルシウム、鉄分、セレン、リンの栄養素があり、特にビタミンB群やビタミンEは非常に豊富に含まれています。また、カルシウムや鉄分なども豊富で、かつ、それらの吸収を助ける働きをするビタミンDも同時に含まれているため、イワシひとつで丈夫な骨や身体を作ってくれる優秀な食材です。そして、様々な健康効果で注目されているDHAとEPAが大量にバランスよく含まれており、カルシウムも非常に豊富なイワシは、記憶力、集中力、学習能力などが向上すると考えられます。さらには、ゴマにもすごい栄養効果があり、特に「ゴマリグナン」は活性酸素を撃退するパワーがあり、イワシとの優れた栄養のマリアージュ食品なのです。
「チャンポンめん」  平成28年6月16日(木)
今日は「チャンポンめん、シュウマイ、米粉のマフィン、豆乳とフルーツのデザー ト」でしたが、特にシュウマイがジューシィでとても美味でした。また、米粉で作ら れたマフィンもしっとりモチモチした食感で美味しく頂きました。チャンポンめん は、具だくさん。豚肉、イカ、さつま揚げ、ナルト、ホウレンソウ、もやし、ネギが 中華めんに絡んでみんな満足の給食でした。



「パンプキンカレー」  平成28年6月15日(水)
本日は、「パンプキンカレー」です。普通のカレーライスの様に、豚肉を炒め、タマネギやニンジン、ジャガイモなどが具材に使われてカレー粉で煮込んでいますが、幼 稚園では具にカボチャを加えて甘くまろやかに仕上げています。ルーにとろみが加わり、とても美味しく、そして栄養価も高まります。


「レンコン」     平成28年6月13日(月)
今日は「レンコンのきんぴら」と、「イカのリングフライ」のおかずでした。レンコンのきんぴらは、辛い味付けではなく甘く少ししょう油の効いた味付けで、子どもたちも喜んで食べていました。さて、レンコンは、でんぷんが主な栄養分で、でんぷんは大切なエネルギー源です。また、ビタミンCが非常に豊富で、その量はレモン果汁並みともいわれています。このビタミンCは熱に弱いので通常は過熱によって減少してしまいますが、レンコンに含まれているでんぷんがビタミンCを熱から守ってくれるので、過熱してもそれほどビタミンCが失われることはありません。ビタミンCは疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があります。また、レンコンに含まれる粘り成分のムチンは、胃壁を保護する効果や、たんぱく質の分解に作用し、胃腸の働きを助ける効果もあり、滋養強壮にも効果があるとされています。そして、レンコンのアクにはポリフェノール類が含まれています。だから切り口が茶色く変色するんです。でもこのポリフェノールには、消炎止血作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰になった時、下血や喀血を止める効果があるそうです。腸内を健康に保つ食物繊維、抗酸化作用のあるタンニン、カリウムや鉄分、銅、亜鉛などのミネラルも多く含まれている優れた食材なのです。


「肉じゃが」     平成28年6月10日(金)
肉じゃがは子どもたちの大好きなメニューです。幼稚園の肉じゃがは具だくさん、豚肉、ちくわ、ジャガイモ、糸コンニャク、ニンジン、タマネギ、インゲン、しめじな どがたくさん入り栄養価も高く、味わいもバツグンです。年長児はもちろん、年少児の食べ込みもよく、たくさん食べてくれ嬉しく思います。


「コンベンションオーブン」     平成28年6月8日(水)
今日のおかず、鰆(さわら)の西京焼きは、昨年導入したスチームコンベンションオーブンでふっくらと焼き上がりました。高温の蒸気で蒸し焼きの様に焼くので、魚 にパサパサした感じがなく、ふっくらとしっとり焼け魚の美味しさを十分に引き出してくれます。もちろん、焼き魚以外の料理にも多用して、美味しいをたくさんいただ いています。料理には、優れた調理器具の効能は大きいと感じています。冷凍庫や冷蔵庫なども機能を重視して適時に機能性の高い器具を導入しています。そして、安心 安全はもちろん、美味しくて、好き嫌いなく食べられて、子どもの育ちに効果のある多品目の料理を提供してまいります。

「ビーフシチュー」     平成28年6月2日(木)
今日は昨日から楽しみにしていた「ビーフシチュー」。特製のソースで、牛肉、タマ ネギ、ニンジン、ジャガイモなどを煮込んで、具沢山でボリュームもあり、食べごた えがありました。たくさん用意したシチューも、食べ込みが良く残量はありませんで した。付け合せのアスパラガスサラダも好評で、よく食べ込んでくれました。明日も 美味しくて栄養たっぷりの給食が楽しみです。


「サンマのオレンジ煮」     平成28年5月31日(火)
今日は新メニューの登場です。サンマをマーマレードとオレンジジュースで煮付けた 「サンマのオレンジ煮」です。オレンジで煮込むことで、魚の生臭さが消え、骨まで 軟らかくなり幼児にも食べやすくなります。サンマは、江戸時代から大衆魚として親 しまれてきた栄養的に非常に優れた青魚で、必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質 のたんぱく質や、貧血防止に効果のある鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、また骨 や歯の健康に欠かせないカルシウムと、その吸収を助けるビタミンDも多く含まれて おり、成長期の子どもたちは積極的に摂りたい魚です。さらに不飽和脂肪酸のDHA (ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が、豊富に含まれ、これら 不飽和脂肪酸には、血液をサラサラに保ち、コレステロール値を下げる働きがあり、 DHAは脳細胞の働きを活発にし学習能力を向上する効果が期待できます。


「かぼちゃ」     平成28年5月30日(月)
今日は「鮭ごはん、コーンスープ、かぼちゃのコロッケ、春雨のナムルサラダ、チー ズケーキ」の献立でしたが、「かぼちゃのコロッケ」は好評でした。かぼちゃは栄養 成分を豊富に含む緑黄色野菜で、かぼちゃの種類を大別すると、表面のデコボコした 日本かぼちゃとツルツルした西洋かぼちゃがあります。日本かぼちゃはメキシコが原 産で、安土桃山時代にポルトガル人によって、カンボジアから渡来したため、「カボ チャ」の名前がつけられたといわれます。かぼちゃは、β-カロチン(ビタミンA)が 豊富なほか、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄などをバランスよく含んだ栄養面 ですぐれた野菜です。含有量の多さで目をひくのがβ-カロチンです。β-カロチンに は、粘膜などの細胞を強化して、免疫力を高める働きがあり、免疫力が高まると、外 から体内に侵入してくる有害な細菌やウイルスを撃退するだけではなく、体を酸化か ら守る坑酸化作用もあります。かぼちゃには、β-カロチンに加えてポリフェノール やビタミンC、Eなどの抗酸化成分が豊富に含まれており、抗酸化力が極めて高い野 菜です。また、ビタミンAとCが粘膜の抵抗力を高め、細菌感染を予防する効果を発揮 します。そして、体力がなく、貧血ぎみの方が常食すれば、鉄分、カルシウム、ビタ ミンCなどの効果で、症状が改善されるでしょう。加えて、胃や腸の潰瘍に、かぼ ちゃのカロチンとビタミンCが細胞粘膜を正常に保つ効果があります。今日はコロッ ケでしたが、ビタミンAとビタミンEは脂溶性なので、油と一緒に調理することで体 内での吸収率が良くなります。



「5月誕生会」     平成28年5月27日(金)
今日、幼稚園では「5月誕生会」を開催しました。子どもたちみんなが楽しみにして いる今月の誕生会メニューは「五目ごはん、かきたま汁、ハムカツ、ごま酢和え、デ ザート(アセロラぜりー)」。五目ごはんは、鶏肉、ゴボウ、シイタケ、ニンジン、 油揚げが具材で、かきたま汁には、青梗菜にフワフワのタマゴが絡んで優しい味わい でした。アセロラゼリーは少し酸味がありほど良い甘さの大人の口にも合うデザート で、今月も、参加した保護者から「美味しい」をたくさん頂きました。6月も楽しみ です。



「スパゲッティナポリタン」     平成28年5月19日(木)
今日の給食は「スパゲッティナポリタン、バターブレッド、フレンチサラダ、牛乳」 でしたが、スパゲッティナポリタンはみんなの大好物、口の周りをケチャップで赤く しながら、たくさん食べてくれました。バターブレッドやサラダも美味しく頂きまし た。


「ハヤシライス」     平成28年5月13日(金)
今日は年少児(花組)の保育参観がありました。その中、給食の準備や子どもたちが うがいや手洗いを行い、給食の様子をご覧いただきました。今日の献立は「ハヤシラ イス、牛乳、カニカマとハム、そしてたくさんの野菜の入ったグリーンサラダ、くだ もの(オレンジ)」でしたが、子どもたちは幼稚園の「ハヤシライス」が大好きな様 子。どの子も、残さずに大好きな「ハヤシライス」たくさん食べてくれました。

「田舎汁」     平成28年5月11日(水)
今日は「ご飯、田舎汁、ハンバーグ、中華風サラダ、ウルトラマン型抜きチーズ」でした。ハンバーグは、玉ねぎやマッシュルームなどをケチャップで煮込んだソースで 味が調えられて美味しく頂きました。また、田舎汁には、肉、里芋、ニンジン、シイタケ、ネギに栃木の名産「かんぴょう」が入って具だくさんの味噌汁です。栄養もあ り食べごたえもある好評メニューです。今日は天気が曇り時々雨で戸外での活動が制限されましたが、子どもたちは美味しく給食を頂き、元気に過ごしています。



「すき焼き」     平成28年5月9日(月)
今日は「すき焼き」子どもたちも教職員も大好きなメニューです。さて、「すき焼き」の語源が、意外なところにありました。すき焼きの「すき」は、農作業に使う 「鋤(すき)」で、江戸時代の農民が、鋤の金属の部分に食材を乗せて焼いて食べた事から「すき焼き」という言葉が生まれたそうです。農具で料理をしちゃうなんて、 ちょっとびっくり。実は昔の日本では、肉を食べる事はあまりよく思われていなかったので、台所ではなく隠れた場所で、農具を使って調理したようです。すき焼きが今 のような形になったのは、肉を食べるのが一般的になった明治の頃からです。給食室で美味しく味を調えた「すき焼き」で、みんな大満足でした。


「味噌ラーメン」     平成28年5月6日(金)
今日は「味噌ラーメン、黒糖パン、チーズはんぺんのフライ、ヨーグルト」の給食でしたが、野菜たっぷりの味噌ラーメンは子どもたちから好評価です。豚肉にコーンが いっぱい入って、キャベツ、もやし、ニンジン、ネギの野菜もたくさん添えられて味噌のやさしい香りと味わいの幼稚園特製「味噌ラーメン」でした。また、ヨーグルト も今日は鉄分(Fe)が多く含まれるものを用意しました。



「ひじき」     平成28年5月2日(月)
今日は「子どもの日」を前に、年長児と年中児が交流保育を行い、給食を一緒に頂き ました。デザートには、健やかな成長を願い特別デザート「こどもの日ゼリー」が提 供されました。青りんごの味で、爽やかなこの時期にふさわしい味わいでした。ま た、おかずは「ひじきと大豆の炒め物」です。ひじきにも大豆にも優れた栄養が豊富 に含まれています。特に ひじきは、低カロリーですが、ビタミンK・カルシウム・鉄 分・ヨウ素の含有量が高く、カルシウムは牛乳の約12数倍、食物繊維はごぼうの7 倍、鉄分は100gあたりの比較で鶏レバーの約6倍となっています。この鉄分含有量の 多さは、鉄欠乏性貧血の予防に役立ち、だるさ、動悸、めまい等の症状は貧血症状の 一部であり、鉄分が多いと言われるレバーや野菜を食べるより1回の食事にヒジキを 加えた方が手軽に鉄分を摂取することができます。さらには、皮膚を健康に保つビタ ミンAや便秘解消に役立つ食物繊維が豊富な健康食材なのです。

「肉じゃが」     平成28年4月28日(木)
今日は「ご飯、ゆばの味噌汁、納豆、肉じゃが、チーズ」の献立でしたが、3月の陽 気となった肌寒い日に、ホクホクのジャガイモの肉じゃがは身体も心もホカホカにし てくれて、とても美味しく頂きました。たくさんの量を大きな鍋で煮た肉じゃがは、 良く味がしみて絶品です。年少児の子どもたちの食べ込みもよくて嬉しく思います。 明日からは3連休、元気に過ごしてまた幼稚園に登園してたくさん給食を食べて欲し いと思います。

「誕生会メニュー」     平成28年4月27日(水)
毎月開催される誕生会には、「誕生会メニュー」が用意され、月毎に楽しみな給食が 味わえます。今月は、「そぼろご飯、五目汁、イカのリングフライ、和風サラダ、デ ザート(日向夏ゼリー)」でしたが、野菜たっぷりの「五目汁」は優しくて美味しく 頂けました。鶏のひき肉を用いた「そぼろご飯」は子どもたちからも好評で、食べ込 みが良く、参加した保護者からも好評価を頂きました。イカのリングフライもやわら かいイカを使用していて年少児にも食べやすく、ツナやコーンの入った和風サラダも 美味しく頂きました。


「マーボー豆腐」     平成28年4月25日(月)
幼稚園のマーボー豆腐は、ほんのり辛い味付けですが香味があって、辛党の人でも美 味しく頂けます。子どもたちからも好評で、ご飯が進みます。さて、中国・清の治世 に、成都の北郊外の万福橋で陳興盛飯舖を営む陳森富の妻劉氏が材料の乏しい中、有 り合わせの材料で来客(労働者)向けに作ったのが「マーボー豆腐」の最初とされま す。陳劉氏の顏にはあばた(麻点)があったため、「陳麻婆」と呼ばれ、「麻婆」 (マーポー)とはあばたのあるおかみさんの意で、彼女が作る名物の豆腐料理も「陳 麻婆豆腐」と呼ばれました。また、「麻婆」の中国語の発音は濁らないマーポー (mapo)ですが、日本ではこれをマーボー(mabo)と濁らせて呼んでいます。


「信田煮」     平成28年4月21日(木)
今日のおかずは「信田煮」です。甘辛く味付けされた信田煮は、子どもたちから好評 で年少児もよく食べ込んでいました。さて、 信田煮の由来ですが、油揚げを使った 料理の名に信田(しのだ)とつけるのは、大阪和泉市、信太の森に棲んでいた白きつ ねの伝説と、油揚げがきつねの大好物だったとされることに由来します。信太の森の 白きつね伝説とは、安倍保名(あべのやすな)が信太の森を訪れた際、狩人に追われ ていた白狐を助けましたが、その際にけがをしてしまいました。そこに葛の葉という 女性がやってきて、保名を介抱して家まで送りとどけ、そのうち2人は恋仲となり、 やがて葛の葉は保名の妻に。二人は童子丸という男の子をもうけましたが、童子丸が 5歳のとき、葛の葉の正体が保名に助けられた白狐であることが知れてしまいます。 葛の葉は、「恋しくば たづねきてみよ 和泉なる 信太の森の うらみ葛の葉」と いう歌を残して信太の森へと去ってしまい。その後、童子丸は成長し、古今に絶する あの安倍晴明という陰陽師になりました。


「今日から給食」     平成28年4月18日(月)
慣らし保育が終わり、今日からは通常保育となり給食の提供が始まりました。本日は、「ご飯、野菜たっぷりサツマイモの豚汁、チキンナゲット、ブロッコリーの胡麻 和え、チーズ」の献立でしたが、野菜がたっぷり入ったサツマイモの豚汁はとてもマイルドで美味しく頂きました。子どもたちはチキンナゲットがうれしい様子で、たく さん食べてくれました。衛生面に配慮し安心安全はもちろん、成長のための栄養を供えた美味しい給食が、週5日、毎日提供されます。


「調理室」     平成28年4月12日(火)
給食の準備に、調理室は連日朝から大忙しです。今週は慣らし保育の期間中ですが、軽食の提供があり、今日も調理師さんが忙しく準備を行っています。給食は、衛生的 で安心安全はもちろん、栄養価が高く、バランスのとれたもので、なにより美味しいものの提供に努めています。

「クリーム煮」     平成28年4月8日(金)
給食二日目、今日は「食パン(イチゴジャム)、カルシウム多めの牛乳、鶏肉と春野 菜いっぱいのクリーム煮、ナムルサラダ」でした。やさしい味のクリーム煮は栄養 たっぷり、子どもたちに好評で小さな子どもたちもよく食べ込んでいました。来週 は、「慣らし保育」となり、11時30分のお帰りですが、毎日楽しみな軽食が提供 されます。春のポカポカ陽気の中、たくさん食べてたくさん遊んで欲しいと思いま す。


「給食開始」     平成28年4月7日(木)
新年度になり、今日から給食が始まりました。今日の献立は、「ご飯、豚汁、鰆の西 京焼き、春キャベツのサラダ、練乳入りヨーグルト」でしたが、今日は花冷えの寒い 日となり、アツアツの豚汁は身体も心のホカホカにしてくれました。そして春のお魚 「鰆(サワラ)」もスチームコンベンションオーブンでふっくら焼き上がり、とても 美味しく頂きました。明日からの安心安全はもちろん、美味しくて栄養やカロリーの バランスの整った給食が楽しみです。




Copyright 2001-2012 hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE