学校法人ひかり学園 (ひかり幼稚園 | 栃木県大田原市 / 第二ひかり幼稚園 | 栃木県那須塩原市)


最新情報

「納豆」  平成26年11月28日(金)
11月の給食も今日が最後です。各クラス12月4日の「造形展示会」に向けて取り組んでいますが、給食の時間はみんなの楽しみでもあります。今日は「ご飯、納豆、鮭フライ、ゴボウサラダ、春雨スープ」の献立でしたが、子どもたちは納豆が大好きです。年中児はからしを加える児も多く、醤油のタレを加えてよくかき混ぜ、ご飯にかけて頂いていました。さて、納豆には脳の細胞を活性化するために必要なレシチンのほかに、神経伝達物質のアスパラギン酸、グルタミン酸など、アミノ酸を大量に含 んでいます。特にレシチンは、記憶力を高める作用を持つことが、ドイツの学者、ゾルガッツ博士の実験で立証されており、短期的な記憶力には効果があるとされています。脳は、ニューロンとよばれる神経細胞の集まりです。このニューロンが脳のなか に複雑なネットワークをはりめぐらせています。このニューロン同士が接合する部分のシナプスはCDのように情報を蓄積したり、送り出したり、神経回路のスイッチの役目をしている。このシナプスの活発度で記憶の容量にちがいが出てきます。レシチンは、このシナプスで分泌される神経伝達物質の合成に重要な役割をになっている。 このような作用は納豆だけでなく、大豆にも同様の効能が認められ、このレシチンが脳細胞を活性化するので、頭が良くなります。更に、骨を丈夫にする効果もあります。大豆はカルシウムが豊富で、100g中におよそ240rのカルシウムが含まれています。ところが、カルシウムには、あまり吸収がよくないというネックがある。その点、納豆には消化のよいたんばく質がたっぷり含まれていて、それがカルシウムの消化吸収をも助けてくれるのです。だから、納豆の好きな子どもは骨が太く、体形もしっかりしてくることが期待できます。

「さつま汁」  平成26年11月26日(水)
今日は雨で、気温も上がらず寒い一日でしたが、給食に提供された温かい「さつま汁」は嬉しい献立でした。手早く野戦料理風に肉や野菜をゴッタ煮にしたのが「さつま汁」の始まりのようです。「薩摩旧伝集」によると、鶏などを煮て食べる習慣は古くから行われて、会食する場合でも男だけで料理していたようで、士風を高める闘鶏が 兵児(へこ)の間(あいだ)に盛ん(さかん)に行われ、闘鶏で負けた鶏は兵児のさつま汁にされていたといいます。幼稚園のさつま汁には、鶏肉ではなく豚肉を用い、さつまいもやニンジン、ネギ、シイタケなど沢山の野菜が入て、味噌で調えたとても美味しく身体の温まる一品でした。また、「ワカメのご飯、キャベツのサラダ、鳥のササミにチーズをはさんだフライ」も美味しく頂きました。

「のっぺい汁」  平成26年11月21日(金)
今日の給食には「のっぺい汁」が出ましたが、のっぺい汁は、料理の際に残る野菜の皮やへたをごま油で炒め、煮て汁にしたもの。地域によって使用する材料やとろみの加減などが大きく異なりますが、主にサトイモ、ニンジン、コンニャク、シイタケ、油揚などを出汁で煮て、醤油、食塩などで味を調え、片栗粉などでとろみをつけたものです。原型は、寺の宿坊で余り野菜の煮込みに葛粉でとろ味をつけ、澄まし汁に工夫したものだそうです。精進料理が原型ですが、現在では鶏肉や魚を加えることもあ るようです。幼稚園の「のっぺい汁」には、サトイモ、ニンジン、大根、油揚げ、ネギなどたくさんの野菜が入って、とても美味しい味わいの体も温まるお汁でした。

「味噌ラーメン」  平成26年11月20日(木)
今日は12月の気温で、寒い一日となりました。こんな寒い日には身体の温まる食事は嬉しいものです。子どもたちも今日は給食の「味噌ラーメン」で体も心もホカホカになったことでしょう。加えて「飲茶風シュウマイ」もホカホカ美味しく頂きました。また、パンの代わりに「かぼちゃのマフィン」が提供されましたが、このマフィンは卵も牛乳も小麦粉も使わない、米粉で作られていますが、ふんわりとして、とても美味しくて好評でした。


「ハヤシライス」  平成26年11月19日(水)
今日は「ハヤシライス、色とりどりの野菜サラダ、果物(みかん)、牛乳」の献立でした。ハヤシライスは子どもたちの大好きなメニューの一つで、今日もしっかりと食べ込んでくれました。明日の給食は味噌ラーメンです。


「ブリ照り焼き」  平成26年11月18日(火)
今日は11月誕生会を開催しました。給食も誕生会メニューで、ご馳走でした。「サツマイモご飯、野菜たっぷりの田舎汁、ブリの照り焼き、中華風サラダ、デザート (牛乳プリン)」と 食べごたえのある献立でしたが、特に「ブリの照り焼き」が子供たちに好評でした。ブリは魚臭いので、嫌いな子供たちが多いのではと心配してい ましたが予想に反して嬉しく思います。出世魚としておなじみのブリは、魚のなかでも群を抜く濃厚な味わいがその特徴です。これはたっぷりとのった脂のためで、サン マやサバ以上に多い脂肪には、その分不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)も豊富に含まれています。一般に、冷たい海中で生活 する魚の場合、その脂肪は凝固しにくい不飽和脂肪酸が中心で、このうちEPAは血液中のコレステロールを低下させ血液の流れを良くして血栓をできにくくする働きが大 きく、怖い動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞から守ってくれます。加えて、DHAにはコレステロールを抑える効果とともに、脳細胞の成長を促し、脳を活性化、ボケを防ぐ役 割があり、不飽和脂肪酸の弱点である酸化も、ブリにはこれを抑える抗酸化のビタミンEが含まれているので安心です。ブリは良質の脂肪酸以外にも、うまみの豊富なタ ンパク質をたっぷりと含んでいます。糖質や脂質の代謝に不可欠のビタミンB群や、カルシウムの骨への吸収を助けるビタミンDも多く、体を土台から元気にしてくれる 作用があります。ブリにはさらに、魚介につきものの成分であるタウリンもたっぷり含まれ、 遊離アミノ酸の一種であるタウリンは、血中コレステロールを抑えて動脈 硬化を防ぐとともに、肝機能強化や眼精疲労緩和に作用することが知られており、生活習慣病が心配な方にはおすすめです。


「ハンバーグ」  平成26年11月17日(月)
ハンバーグは子供たちにとって、大好きなメニューの上位です。今日は「ご飯(のり香味フリカケ)、かきたま汁、ハンバーグ、キャベツのマリネサラダ、レアチーズ ケーキ」の献立で、みんなお腹いっぱいしっかり頂きました。明日は誕生会の特別メニュー、明日も給食が楽しみです。


「もずくスープ」  平成26年11月14日(金)
今日の給食は、「チキンライス、ウインナーソーセージのベーコン巻き、和風サラダ、りんごヨーグルト、もずくの卵とじスープ」でした。スープのもずくは栄養が たっぷり。代表的な栄養素、フコイダン。フコイダンは、ヌルヌルの主成分です。粘質性があり、血糖値の上昇をゆるやかにする効果があると言われ、また、コレステ ロール値の上昇も、抑える働きがあるそうです。生活習慣病予防にピッタリです。アルギン酸は、血圧の上昇を抑える効果があり、体内に吸収されにくいのも特徴。ビタ ミンKは、骨を丈夫にしてくれます。美味しく味付けされて、子供たちの食べ込みもよかったです。


「ワンタンスープ」  平成26年11月12日(水)
今日は小雨が降り、肌寒い一日となりました。幼稚園の給食は体も心も温まる「ワンタンスープ」です。アツアツのワンタンスープは、今日のような寒い日には嬉しい一品です。他には、「ご飯(のりたまフリカケ)、鰆(サワラ)の西京焼き、ブロッコリーなどの野菜のゴマ酢和え、型抜き(ウルトラマン)チーズ」です。今日も美味しくいただきました。


「サツマイモ」  平成26年11月6日(木)
第二ひかり幼稚園では給食に、先日収穫したサツマイモをゆでて供しました。収穫後、各ご家庭にお持ち帰り頂いた他に、園児たちがみんなで食べる分を残しておい て、本日、給食室でゆでて頂き給食に添えました。今年のサツマイモはたくさん収穫できた上に、甘くてホクホクです。みんな、自分たちで掘ったサツマイモなので、一 味も二味も美味しく頂きました。今日は、「スパゲッティミートソース、レーズンロールパン、チーズの入ったサラダ、牛乳」の献立でしたが、食べ込みもよく、たく さん食べてくれました。ひかり幼稚園では、来週の火曜日(防火パレード後)にサツマイモをゆでて頂く予定です。


「大学イモ」  平成26年11月5日(水)
今日の献立は、「ご飯(海苔の佃煮)、はんぺんとひき肉の卵とじ、大学イモ、魚麺のお吸い物」でしたが、カラット上げたサツマイモに甘辛い醤油だれを絡めてゴマを まぶした「大学イモ」は子どもたちに好評です。先週はサツマイモ掘りを行い、掘り上げたサツマイモは各ご家庭に持ち帰りましたので、週末にサツマイモを召し上がっ た家庭も多かったことでしょうが、幼稚園の大学いもはまた格別です。作りたてで、温かく美味しく頂きました。


「揚げパン」  平成26年10月30日(木)
子どもたちは揚げパンが大好きです。みんな口の周りをカカオ(チョコ)パウダーで焦げ茶色にしながら、出来たての揚げパンを頬張っていました。



「信田煮」  平成26年10月25日(土)
作日の給食には「信田煮(しのだに)」が提供されました。信田は信太とも言い、関西地方で油揚げを使った料理を信太・信田(発音は共にしのだ)と呼びます。これ は、狐の好物が油揚げだという事から、大阪の和泉市の「信太の森の狐の伝説」にちなんだものです。油揚げを開いて、肉・野菜・豆腐・蒲鉾などいろいろな食材を巻 き、醤油味で甘辛く煮て味をつけた食品が、信田煮です。多種の具材が入って、栄養価も高いので子供たちにはしっかり食べて欲しいと思っています。

「お弁当」  平成26年10月21日(火)
第二ひかり幼稚園で開催された祖父母の集いには、園の給食室で特製のお弁当が用意されました。お弁当には「栗ご飯、焼き鮭、ウインナーソーセージ、煮物、グラタン、切干大根のサラダ」が入り、野菜たっぷりのお味噌汁とデザート(大人は一口羊羹、子供はケーキ)が添えられ、参加者からは美味しく頂きましたと好評でした。

「厚揚げとジャガイモのそぼろ煮」  平成26年10月15日(水)
今日の給食のオカズは、「厚揚げとジャガイモのそぼろ煮」でした。大豆の栄養たっぷりの厚揚げとジャガイモに加え、豚肉、玉ねぎ、人参、インゲン、ネギなど野菜がたっぷり入り栄養価も高く味わいも美味しく、子どもたちも美味しく食べ込んでいました。ご飯には鰹のふりかけがついて、ワカメのお味噌汁と春雨サラダも美味しく頂きました。


「栗赤飯」  平成26年10月8日(水)
今日は第二ひかり幼稚園では誕生会が開催され、給食に「栗赤飯」が提供されました。お赤飯に栗が入り、見た目にも味わいも美味しい秋の味わいです。今日のメニューは、「栗赤飯」の他に「なめこ汁、ハムカツフライ、切干大根のサラダ、デザート(かぼちゃプリン)」でした。誕生会にご参加頂いた保護者のみなさんより美味し買ったとの言葉を戴いて嬉しく思います。


「スパゲッティナポリタン」  平成26年10月7日(火)
台風一過の好転となりました、子供たちは戸外で元気に身体を動かして、お腹を空か せ、今日も美味しく給食を頂きました。今日のメニューは「スパゲッティナポリタ ン、コールスローサラダ、パン(クロワッサン)、牛乳」です。ナポリタンは子供た ちがの大好物。年少児は、口の周りをケチャップ色に染めて頬張っていました。


「鮭ごはん」  平成26年10月3日(金)
今日は子どもたちも私も大好きな「鮭ごはん」でした。美味しいご飯に鮭が混ざって彩りも香りも味も絶品な鮭ごはんは、食べ込みがよく、残量も少ない好評メニューの 一つです。さらに給食には「メンチカツ、野菜たっぷりのお味噌汁、ナムルサラダ、デザート(チーズ)」と、今日も美味しく頂きました。

「納豆」  平成26年9月26日(金)
子どもたちは納豆をよく食べます。今日の献立は「ご飯、納豆、エビ団子フライ、春雨スープ、青菜の胡麻和え」でした。大豆には優れた栄養がありますが、大豆の栄養を促進する納豆菌、良質のタンパク質が35%,脂肪分の20%を含む栄養万点の納豆。しかしその大豆も生のままでは組織が硬く,消化されにくいという欠点がありました。 納豆は,この大豆の欠点を納豆菌による酵素分解の働きによって解消した上,タンパク質や炭水化物,脂肪分などといった栄養をそのままに,独自の風味をもつ消化吸収の良い,優れた食品として仕上げられたものです。ナットウキナーゼによる脳梗塞・虚血性疾患・老人性痴呆症など、血栓疾患の予防。また、ビタミンK2による骨粗鬆症の予防。血圧降下効果。納豆菌の整腸作用や大豆の栄養を促進する納豆菌。さらには、抗動脈硬化作用と素晴らしい食材です。大人も子供も恒常的に食して健康維持に勉めましょう。


「マーボー豆腐」  平成26年9月22日(月)
幼稚園のマーボー豆腐は、幼児用ですので辛みは少ないものの旨味は多く、大人が食しても満足の味です。子どもたちにも好評で、残量も少なくとてもよく食べてくれました。今日は、ご飯(野菜ふりかけ)、味噌汁、春雨サラダでしたが、白味噌に油揚げの入ったお味噌汁はやさしい味わいで、おかわりして頂きました。

「すき焼き」  平成26年9月17日(水)
今日はみんなが大好きな「すき焼き」でした。ご飯には、ゴマふりかけ。お味噌汁は「ふ」が入り、マカロニサラダも添えられて、美味しく給食を頂きました。食べ込み もよく、たくさん食べて元気に身体を動かして、大きく強い身体に育ってほしいと思います。


「唐揚げ」  平成26年9月12日(金)
今日は、子どもたちに大人気「鶏のから揚げ」です。特製のタレに付け込んだ鶏肉を カラッと揚げて、揚げたてを運びます。今日のメニューは「ご飯(カツオふりか け)、具のたくさん入ったいなか汁、揚げたての唐揚げ、中華風サラダ」です。午前 中、元気に活動してお腹を空かせて、給食をしっかり美味しくいただきました。

「ハヤシライス」  平成26年9月5日(金)
今日は「ハヤシライス」と「サラダ、牛乳、デザート(梨)」でしたが、「ハヤシラ イス」の語源には諸説があります。
1)「ハッシュド(Hashed)説」では、ハッシュ ドビーフ・ウィズ・ライス(Hashed beef with Rice[1])が「ハッシ・ライス」ある いは「ハイシ・ライス」となり、それが訛って「ハヤシライス」となったとする説。
2)「はやす説」は、古語で「こまかく切る」という意味を持つ「はやす」という動 詞、これが英語のハッシュド (Hashed) がハッシ・ハイシなどと訛った上で、「はや す」との意味の類推から「はやし肉」などといった語が生まれたことによって、ハヤ シライスになったとの説。
3)また、Hashedがハヤシと誤って書かれたことっで、ハ ヤシとなったとする説。
4)ハッシュド・アンド・ライス(Hashed and rice)の変 化したものと見る説。 
5)早矢仕有的説丸善創業者の早矢仕有的(はやし ゆう てき)が作った牛肉と野菜のごった煮に由来するとする説。
これは、医師だった早矢仕が作った滋養の強い入院食説、丸善で働く丁稚に対する夜食説、明治初期に早矢仕 が友人に振る舞った料理という説があります。
6)さらには、「早死(はやし)」説 では、ハヤシライスは、四足の肉ということで牛肉が受け入れられていなかった時 代、このような料理を食べていたら罰が当たる、「早死にする」ということから世間 でハヤシライスと呼ばれはじめたとの説。
7)明治の日清戦争後に開けた大陸航路の 港、門司港の栄町商店街にある大衆レストランが、船に乗る急ぎの客用にケチャップ ベースの「早いライス」、すなわちハヤシライスとして呼ばれたからという説など、 多種諸説があるようです。
いずれにせよ、今日のハヤシライスはとても美味しく、子 どもたちも大満足でした。

「ハンバーグ」  平成26年9月3日(水)
今日の給食は、「ごはん(ふりかけ)、五目汁、ナムルサラダ、ハンバーグ」です。ハンバーグは子どもたちの大好きなメニューで、みんなよく食べ込んでいました。お味噌汁の代わりに、五目汁が出ましたが、五目の名の通りに5種類の具材がたっぷり入っていました。里芋、ゴボウ、ニンジン、ネギ、油揚げが細かく刻まれて、味はもちろん、色合いもよく、栄養価もよく、美味しくいただきました。

「焼きそば」  平成26年9月2日(火)
今日の献立は「焼きそば」です。子どもたちの大好きなメニューの一つです。作りたてのホカホカの焼きそばを、子どもたちは満面の笑みで頬張っていました。年少児でも上手にお箸を用いて焼きそばを食べる児がたくさんいます。これから秋・冬とお箸の扱いもますます上手になるでしょう。嬉しく思います。献立は他に、バターブレッド、野菜サラダ、牛乳でした。

「ちらし寿司」  平成26年8月29日(金)
8月誕生会のメニューは「ちらし寿司」です。たくさんの具材を混ぜた酢飯に彩り良く錦糸卵やデンプ、刻みのりを添えて頂きます。味も大切ですが、見た目の彩りも食 欲をそそります。エビのお吸い物や胡麻和え、鮭フライも美味しく、デザートにはよく冷えた巨峰のぜりーが添えられ、みんな満足の献立でした。

「誕生会メニュー」  平成26年8月28日(木)
昨日は「夏野菜カレー」でみんな大満足でしたが、今日はひかり幼稚園の8月誕生会、誕生会の特別メニューは「ちらし寿司、お吸い物、鮭フライ、胡麻和え、デザート(巨峰ゼリー)」です。明日は第二ひかり幼稚園で同じく8月誕生会メニューです。そして、今日と明日それぞれの園では交代で、「ビーフシチュー」が提供されます。大きな鍋でトロトロに煮込んだ牛肉は、味わいも深く、美味しく子どもたちも喜んでくれるでしょう。連日美味しくて楽しみな献立が続きます。

「夏野菜カレー」  平成26年8月27日(水)
夏休みが終わり、子どもたちは日に焼けて元気に登園してきました。今日の給食は、夏野菜カレーです。夏は野菜の美味しい時期ですが、カレーの具には、かぼちゃ、なす、玉ねぎ、ニンジン、じゃがいも、トマトなどたくさんの夏野菜が入って、彩も、栄養も、そして味わいも最高です。久しぶりにお友だちと一緒に楽しく美味しく頂きました。

「ひかり会」  平成26年7月29日(火)
今日は卒園児の「ひかり会」、久しぶりに幼稚園の給食を味わってもらいます。ひかり幼稚園では、ピザ造りもあってお弁当でした。「おにぎり2ケ、唐揚げ、ウインナーソーセージ、ミニトマト、デザート(ゼリー)、キュウリの漬物、麦茶」と手作りピザをみんなと頂きました。また、第二ひかり幼稚園では「ワカメご飯、お味噌汁、唐揚げ、オニオンリング、ポテトフライ、サラダ、デザート(ぜりー)」と、好物をそろえました。懐かしい給食の味をみんなと楽しみました。

「スパゲッティミートソース」  平成26年7月17日(木)
明日から夏休み、今日は終業で1時降園。いつもより少し早く「いただきます」をして、お友だちと一緒に給食を頂きました。今日の献立は、子どもたちが大好きな「スパゲッティミートソース」、ほんのり甘い「黒糖パン」、フルーツの入った爽やかな味の「野菜サラダ」、「牛乳」。しばらく給食ともお別れです。夏休み中も、しっかり朝ごはんから食べて、たくさん遊んで、しっかり睡眠をとって、元気に過ごして下さい。ただし、ジュースなど糖分の摂りすぎには注意願います。

「冷やし中華」  平成26年7月15日(火)
今日も暑い一日でした。給食には、こんな暑い日に食べたい「冷やし中華」が登場です。献立は「冷やし中華、フレンチドック、枝豆、ミニトマト、くだもの(メロン)」でした。子どもたちの食べ込みもよく、今日も美味しく頂きました。さて、1995年に冷やし中華の愛好家らによって、7月7日は「冷やし中華の日」として登録されました。それはこの日が二十四節気の「小暑」となることが多く、冷やし中華がおいしい季節となるからだそうです。さっぱりとした「冷やし中華」は、この時期ホントにうれしい献立です。

「豆腐ハンバーグ」  平成26年7月14日(月)
12日(土曜日)は、トウフ(10と2)の日でしたが、今日は豆腐のハンバーグです。いつものお肉のハンバーグと違い、ヘルシーでさっぱりした豆腐ハンバーグ、甘いたれで頂きました。今日のメニューは「ご飯(カツオのふりかけ)、春雨スープ、ブロッコリーなど野菜のゴマ酢和え、豆腐ハンバーグ、ウルトラマンチーズ」と、元気になる給食メニューでした。

「たのしみ会」  平成26年7月11日(金)
今日は夏休みを前に、年長児が中心となって企画運営して、年中児や年少児を楽しませる「たのしみ会」、給食も特別メニューでした。「チキンライス」「ミニハンバーグ」「アンパンマンポテトフライ」「ウインナーソーセージ」「グリーンサラダ」「デザート(パイン)」「リンゴジュース」、みんなで仲良く楽しく頂きました。


「冷ややっこ」  平成26年7月9日(水)
今日は雨の一日でした。給食には「冷ややっこ」が添えられ、鰹節とお醤油をかけて頂きました。トウフは優れた栄養食品ですが、冷えたトウフはこの時期のど越しもよく、美味しいものです。今日の給食は、ご飯に野菜たっぷりのかき揚を乗せ、甘いたれをかけた「かき揚どん」、「ナムルサラダ」に「コーンスープ」でした

「カレーうどん」  平成26年7月8日(火)
梅雨の晴れ間の暑い一日となりました。今日の気温にはふさわしくない献立「カレーうどん」の様にも思われる方もいるかもしれませんが、幼稚園では暑い日には各教室に冷房機能が付いていますので、適に冷やして安定した中で美味しく給食を召し上がって頂く環境が整っています。給食の前にプールに入ったクラスや、教室で製作活動を行ったクラスも給食には、涼しい教室でクルーダウンし美味しく楽しく給食に向かっていました。今日の献立は、「カレーうどん」、「バターブレッド」、スチーム オーブンで蒸した「ニラまんじゅう」、冷えた「飲むヨーグルト」でした。 新型のオーブンで料理した「ニラまんじゅう」は、とてもしっとりふっくらで美味しく頂きました。

「星のコロッケ」  平成26年7月7日(月)
今日は七夕、それに因んで給食には「星のコロッケ」が登場しました。星形のジャガイモのコロッケですが、ソースをかけて頂きました。また、ご飯は菜の葉の混ざった「菜飯し」、チーズやコーンの「ミックスサラダ」、ゆば、えのきだけ、ミツバ にわかめの「お味噌汁」と、今日も美味しく満足の給食でした。

「7月誕生会」  平成26年7月4日(金)
今日は7月誕生会特別メニューでした。ごぼうの入った「鶏ごぼうご飯」、「なめこ汁」、「ホウレンソウの胡麻和え」「チーズはんぺん揚げ」そしてデザートは「天の川ゼリー」でした・鶏肉とごぼう、野菜のたくさん入った炊き込みご飯はふっくら美味しくて好評でした。毎月の誕生会には、美味しくて、栄養を考慮した給食を用意していますので、ご参加いただきたくさん召し上がって頂きたいと思います。


「佐藤錦」  平成26年7月1日(火)
今日から一年の折り返し7月、後半も元気に健やかに成長して欲しいと願います。そ こで今日の給食のデザートには、「サクランボの王様」山形産の『佐藤錦』を提供し ました。山形県は全国一位のサクランボの生産量ですが、人気ナンバーワンの品種は なんといっても「佐藤錦」。「ナポレオン」や「紅秀峰」、「紅さやか」など、さま ざまな品種があるサクランボですが、中でも「佐藤錦」は、粒の大きさと爽やかな甘 さで一番でしょう。子どもたちにも、果肉が柔らかくて甘くて、粒も大きくて、とて も美味しいと喜んでもらえました。ただし値段もそれなりに高いのが・・・・。

「もずく」  平成26年6月30日(月)
今日の給食には「もずくのスープ」が提供されました。もずくは漢字では、「海蘊、水雲、藻付、海雲」などと表され、北は北海道から、南は沖縄まで各地の沿岸に広く分布しています。もずくは、「藻付く」というように、、他の海藻に付いて成長することからその名が付いています。もずくには、ミネラルやビタミンが含まれ、水溶性食物繊維であるフコイダンの含有量は相当なものです。この水溶性食物繊維フコイダンには、ピロリ菌の動きを妨害して胃潰瘍や胃炎を防ぐ効果が有り、さらにはがん細胞を消滅させる働きがありますし、不溶性食物繊維のアルギン酸も共に含んでいますの「O-157」を殺菌する作用もある優れた食品です。

「トビウオ」  平成26年6月25日(火)
今日の給食には「トビウオの竜田揚げ」が出ました。トビウオは高タンパク、低脂肪、低カロリーなとてもヘルシーな魚です。また、魚の中でもビタミンEが多く含ま れており、セレン、ナイアシンも含まれています。ビタミンEとセレンには強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるので、動 脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防、ガンなど様々な予防に効果が期待されます。さらに、ナイアシンも多く含んでいて、アルコールや二日酔いのもとになる、 「アセトアルデヒド」を分解する力があるそうです。低脂肪、低カロリーなトビウオは、生活習慣病予防、老化防止などにとても有効な食材です。今日の献立はその「ト ビウオの竜田揚げ」、「ご飯」、健康食品の「納豆」、野菜のたくさん入った「ちりめんジャコのスープ」、ハルサメと野菜の「酢の物」でした。


「スパゲッティミートソース」  平成26年6月24日(月)
子どもたちの大好物「スパゲッティミートソース」です。どの子も口を大きく開けて、美味しそうに頂いていました。付け合せの「キャベツのマリネ」も甘酢で美味しく調理され、食べ込みもよく、丸パンも今朝焼いてくれたホクホクの美味しいパンでした。今日の給食も残量が少なく嬉しく思います。明日は、スチームオーブンを使ったお魚料理です。

「カレーライス」  平成26年6月20日(金)
今日の給食はカレーライスです。子どもたちはカレーライスが大好きで、どの子も大 きな口を開けて美味しそうに頬張っていました。また、カレーライスに小さなウズラ のゆで卵がトッピングしてあり、こちらも美味しく頂きました。

「鰆の西京焼き」  平成26年6月13日(金)
今日の給食には、鰆(サワラ)の西京焼きが提供されました。サワラは『春を告げる魚」とも言われ、身の柔らかなお魚です。このサワラを西京漬け(西京みそ・京都で 作られる甘い白みそにミリン・酒などを加えた漬け床に魚の切り身などを漬け込んだもの)にしたものをオーブンでグリルしました。軟らかくて甘くてとても美味しく、 子どもたちの食べ込みも良く、嬉しく思います。今日の給食は「わかめご飯、野菜のたっぷり入った五目汁、ナムルサラダ、プチダノンヨーグルト」と味もボリュームを大満足でした。

「魚めん」  平成26年6月6日(金)
今日の給食は「魚めん汁」でした。魚(タラなどの白身魚)を練って、細く伸ばし麺の様にしたものと豆腐をエビや魚介のだし汁で煮込んだものでとても美味しいものです。魚の麺も、歯ごたえもあって、食感もよく、子どもたちからも好評です。今日の給食には他に「ごはん(ゴマふりかけ)、ハンペンの卵とじ、大学いも」が出て、大満足です。

「ベーコン巻ウインナー」  平成26年6月2日(月)
今日も美味しく給食をいただきました。今日の献立は「鮭ごはん、トン汁、ベーコン巻ウインナー、スパゲッテイサラダ」です。トン汁もベーコンもウインナーソーセー ジも豚肉ですが、豚肉はビタミンB1がすごく豊富で、牛肉の約10倍もあるんです。豚肉のビタミンB1豚肉は、糖質の代謝や神経の働きに関係している栄養素のため、疲労を回復したり、イライラを防いでくれたりする効果があると言われ、疲労回復効果が高い食品と言えます。また、豚肉は、良質なたんぱく質を豊富に含んでいて、もも肉100gに含まれるたんぱく質を他の食品換算しますと、卵なら2個、ご 飯なら茶碗6杯、牛乳では700mg相当のもなるそうです。今日もモリモリ美味しく食べて、元気に活動しましょう。

「誕生会メニュー」  平成26年5月28日(水)
5月誕生会のメニューは、具だくさんの「五目ごはん」、シメジ入り「かきたまスープ」、刻みキャベツが入った「メンチカツ」、ブロッコリーや野菜の「胡麻和え」デ ザートはシークワーサー果汁入り「日向夏のぜりー」でした。毎月行われる誕生会には、デザートがついて、ボリュウムも内容もたくさんで、楽しみな給食が提供されます。

「野菜餃子」  平成26年5月26日(月)
今日もスチームオーブンを使っての料理が提供されました。本日は「野菜のたっぷり入った餃子」です。蒸しながら焼くので、こんがりとジューシーな仕上がりです。メ ニューは他に「菜飯し、ホウレンソウのシラス和え、きつねうどん、デザートはレアチーズケーキ(イチゴ味)」で、みんな美味しそうに頂いていました。私は今日は、 きつねうどんを、小麦粉アレルギーの児のために作った「米粉のうどん」を頂きましたが、もちもちしていて美味しかったです。


「チキンの照り焼き」  平成26年5月20日(火)
今日の献立は「揚げパン、牛乳、チキンの照り焼き、キャベツのマリネサラダ」でしたが、チキンは、スチームオーブンで焼くことで肉が柔らかくジューシーに仕上がり ました。揚げパンも子どもたちの大好きなメニューですが、今日はチキンが主役です。年長になると、お箸の扱いも上手になり、お箸を使ってチキンをいただきまし た。調理師の皆さんには、今日も美味しい給食を心を込めて作っていただき感謝しています。



「五目汁」  平成26年5月19日(月)
今日の給食には、野菜のたっぷり入った「五目汁」が提供されました。五目の具材は、里芋、ニンジン、ゴボウ、油揚げ、ダイコン、ネギで、みんな美味しくいただきました。また、今日は「ご飯(のりたまふりかけ)、ハンバーグ、ナムル、五目汁」でしたが、給食室(調理室)に今年度より、スチームオーブンが導入され、ハンバーグもグリル(焼く)だけでなく、蒸気で蒸しながら加熱するので、余分な油は除かれ、ふんわりと仕上がって、以前に比べさらに美味しくなり、これからメニューを増やし、有効にこのスチームオーブンを使っていきたいと思います。 


「豆腐ハンバーグ」  平成26年5月14日(水)
今日も新メニューが登場しました。「彩り野菜ととうふのふわふわ寄せ」(豆腐ハンバーグ)です。ふわふわのお豆腐に彩りの良い野菜が入って、スチームで蒸して甘 しょっぱいタレを絡めた料理で、やさしい味わいでした。また、「わかめご飯、コーンスープ、ヒジキとジャガイモの炒り煮」が今日の献立で、ヘルシーで栄養価も調え られていて美味しくいただきました。



「いただきます」  平成26年5月9日(金)
給食を食べる時は、各自がテープルにナプキンを広げてお箸を用意し、手洗いを済ま せてから給食と向き合います。配膳が整うまで待って、お友だちと一緒に「いただき ます」をしてから食事になります。食材に感謝し、調理してくれた人、運んでくれた 人、食事にかかわる労苦に感謝していただきたいものです。年少児の子どもたちも、 手を合わせ「いただきます」を唱えてから、みんなと楽しく食べる習慣が身について きました。

「ちゃんぽん麺」  平成26年5月8日(木)
今日の給食は「ちゃんぽん麺」です。「ちゃんぽん」は、中国の福建語の「混ぜる」を意味する語「さん混」から来ているともいわれ、沖縄の「チャンプルー」(混ぜるの意)と関連があるともいわれます。マレー語やインドネシア語の「チャンブル」も「混ぜる、ごちゃ混ぜにする」という意味があって、同一語源の可能性があります。語源事典にも「異なるものを混ぜること」の語源として、鉦の音(ちゃん)と鼓の音(ぽん)という擬音としてつなげた近世(江戸時代)の造語であるとしています。「ちゃんぽん」は、「混ぜること」の意味から影響された名前なのでしょうが、その語源の通り「チャンポン麺」は豚肉や魚介類、たくさんの野菜を具として混ざり合って、美味しいスープが出来、そのスープが麺に絡んで美味しく健康的な料理です。今日も美味しくいただきました。

「大和煮」  平成26年5月7日(水)
今日の給食は新メニュー「牛肉と野菜の大和煮(やまとに)」でした。「大和煮」と は、牛肉や馬肉などをしょう油・砂糖・生姜で煮た料理ですが、軍隊の食料とされる ことが多く、日本の料理という意味でこう呼ばれたという説、しょう油と砂糖の甘辛 の味が日本の代表的な味覚なので「大和」とされたという説もあります。幼稚園で は、これにかぼちゃやジャガイモ、インゲン、こんにゃくなどを加えて子どもたちの 口に合うように調えられ、とても美味しくて大好評でした。今日の献立は他に、「ご 飯(味かつをのふりかけ)、なめこととうふの味噌汁、キャベツとコーンのサラダ」 で、今日も美味しくいただきました。

「焼きそば」  平成26年5月1日(木)
昨日から降り続いた雨も、お昼前にはあがり初夏の陽気になりました。今日から5月 です。本日の給食のメニューは「焼きそば、バターブレッド、フルーツたっぷり杏仁 豆腐、牛乳」でした。子どもたちは焼きそばが大好きで、みんなよく食べ込んでいま した。たくさん食べて、元気に遊んで大きく強く育ってくれることを願います。

「チーズはんぺんフライ」  平成26年4月28日(月)
土曜日・日曜日のあと月曜日で、年少児が不安定になるかと心配していましたが、元 気に登園してきて嬉しく思います。今日の給食は、「ご飯、ノリ佃煮、ナムルサラ ダ、チーズはんぺんフライ、コーンスープ」でしたが、給食も安定してよく食べ込ん でいました。チーズをはさんだ「はんぺん」を軽く揚げた「チーズはんぺんフライ」 は、子どもたちの口に合うようで、どの子も美味しく食べていました。明日は幼稚園 はお休みで、また明後日には、美味しく栄養のある給食を用意しますので、元気に登 園してきて下さい。

「おにぎり」  平成26年4月16日(水)
今日は、「おにぎり」とリンゴジュースがおやつでした。新入園児も3日目となり、少しづつ慣れてきた様子で、おやつに向かって美味しそうに食べていました。


「ホットケーキ」  平成26年4月14日(月)
今週、幼稚園は11時30分の降園となります。給食は来週からとなりますが、10時過ぎに毎日「おやつ」を提供します。今日は「ホットケーキ」子どもたちみんな大好きで、美味しそうに食べていました。新入園児も大きな口をあけて、よく食べ込んでいました。日替わりで楽しみなおやつを、お友だちと一緒に仲良く食べて下さい。
「わかめぱっぱ」  平成26年4月8日(火)
今日から新年度の給食が始まりました。今日のメニューは「ごはん、ふりかけ(わかめぱっぱ)、サバのみぞれ煮、キャベツサラダ、トン汁、フルーツ(オレンジ)」で したが、ご飯のふりかけに「わかめぱっぱ」が新登場です。わかめとちりめんがブレンドされて、鉄分・カルシウム・マグネシウム・亜鉛が配合された健康補食品です。 ワカメもちりめんもソフトで、食べやすく、子どもたちの反応も良かったようです。本年度も、美味しく栄養があって、子どもたちが楽しみとなる給食を提供していきた いと思います。

「味噌ラーメン」  平成26年3月20日(木)
朝から冷たい雨が降り、昼時の気温も朝の方が温かったように感じます。こんな寒い日に「味噌ラーメン」は体も心も温めてくれます。今日の給食は、野菜のたっぷり 入った「味噌ラーメン」、「フルーツのヨーグルト和え」「バターロールパン」そして「エビのカツフライ」でした。今年度の給食も、残すところ今日と来週の月曜日の2回となりました。毎日毎日、衛生面にも配慮し、美味しくて栄養たっぷりの給食を作ってくれた調理師さん、献立を考えてくれた栄養士さんには感謝感謝です。


「栗お赤飯」  平成26年3月13日(木)
第二ひかり幼稚園は、明日卒園式です。今日は卒園を控えた月組さんのために、特別メニューの給食です。お祝いに、栗のたくさん入ったお赤飯とみんなの大好きな「鳥のカラアゲ」、キュウリと かまぼこのおかか和え、お味噌汁は豚肉、カボチャ、とうふ、ネギなど野菜がたっぷり入った「薩摩汁」です。デザートは、「ブドウゼリー」と、月組のリクエストを尊重して栄養士が献立を整えました。

「ハンバーガー」  平成26年3月11日(火)
第二ひかり幼稚園では、年長児が今週末(14日)に卒園を迎えますが、それに合せ て、本日「おくる会」を開催し、年中児(星組)5クラスが給食の準備を行い、全園 児は5ブロックに分かれて給食を頂きました。今日のメニューは、子どもたちの大好 きな「ハンバーガー」です。それに、「ポテトフライ、イチゴ、サラダ、卵とじスー プ」、オレンジジュースで乾杯して食事が始まり、デザートは「さくらゼリー」と、 美味しく楽しく過ごしました。

「マーボー豆腐」  平成26年3月10日(月)
今日の献立は、「ごはん、のりたまふりかけ、マーボー豆腐、ナムルサラダ、バナナ、カボチャの味噌汁」です。マーボー豆腐は、幼児用に辛味が少なく、美味しく調理されています。さて、「マーボー(麻婆)」の語源ですが、 清朝同治元年(1862年)、四川省成都郊外万福橋のあたりに陳春富という人が <陳興盛飯舗>という食堂を始めましたが、早くに亡くなり、夫人があとを継ぎました。この人があばた面で、人々に陳麻婆と呼ばれます。しかし、ここで出される豆腐と牛肉の独特の料理が美味しくて評判となり<陳麻婆豆腐>として有名になりました。 中国語で「麻」は、「ざらざらした、あばた」という意味があり、「婆」は、「おばあさんとかの意味」もありますが、ここでは「既婚の女性」程度の意味です。つまり <あばた面のおかみさん> という意味でしょう。今日の給食もよくべ込んでいて、嬉しく思います。

「田舎汁」  平成26年3月7日(金)
今日の給食は、「ごはん、香味ふりかけ、ハンペンの卵とじ、大学いも、田舎汁」です。揚げたサツマイモに甘しょっぱいゴマ入りのしょう油味のタレを絡めた「大学い も」、ハンペンを少し甘く卵でとじた「ハンペンの卵とじ」はとても美味しく、子どもたちも喜んで頬張っていました。そして、「田舎汁」には、サツマイモ、かんぴょ う、ネギ、ニンジン、シイタケなどの野菜が細かく刻まれていて、みそ味で美味しく頂きました。今日も美味しく楽しく大満足でした。

「ひな祭り」  平成26年3月3日(月)
今日の給食は、「ひな祭り」に合わせて「三色ちらし寿司、白身の魚のサクッと揚げ、ホウレンソウの胡麻和え、お吸い物、三色花ゼリー」と、春の色合いで、おやつ には「雛あられ」も頂いて美味しい一日でした。 ちらし寿司には、ピンク色のデンプが彩りを添えましたが、デンプは「さくらデンプ」ともいい、材料は鯛などのお魚 の身です。ピンク色なのは着色してあるためで、お寿司などにのせるときに、華やかになるように着色されたものと思われます。目にも美味しい給食でした。


「ちゃんぽん麺」  平成26年2月27日(木)
今日は終日、曇天で雨が降ったりやんだりの寒い一日でしたが、今日の給食は、「ちゃんぽん麺、ホワイトブレッド、カボチャフライ、フルーツのヨーグルト和え」で、ちゃんぽん麺には、イカ、豚肉、ナルト、さつま揚げ、ホウレンソウ、ネギ、もやしなど野菜もたっぷりで、温まりながら美味しく頂きました。さて、「ちゃんぽん」の語源については、諸説あるようで、福建語の挨拶「吃飯」若しくは「吃飯了」(直訳するなら「飯は食ったか?」)から来ているとの説や、同じく福建語の「混ぜる」を意味する語「混」から来ているとする説があります。また、沖縄のチャンプルーと関連があるともいわれ、マレー語やインドネシア語の「チャンプルー」はともに「混ぜる、ごちゃ混ぜにする」という意味です。「異なるものを混ぜること」の語源として、鉦の音(ちゃん)と鼓の音(ぽん)という擬音として江戸時代の造語と言われます。「ちゃんぽん」は、「混ぜること」の意味から影響された名前としても、だくさんの肉や野菜のたくさん入った栄養価の高い美味しん食べ物です。


「トン汁」  平成26年2月21日(金)
今週末は降雪の予報もなく、春の訪れを進めてくれるでしょう。今日は「トン汁」が提供されました。ニンジン、大根、ゴボウ、ネギなどたくさんの野菜と、豚肉の甘さ と調和して、今日の給食の「鮭ごはん、春雨サラダ、揚げ餃子」と美味しく頂きました。たくさん給食を食べ、身体も大きく強く育って欲しいと願います。

「ワンタンスープ」  平成26年2月19日(水)
今日も風は冷たく、春が足踏みしているような気温です。こんな日には、温かなスープは嬉しいものです。給食には、ワンタンスープが登場し、今日も美味しく頂きました。ワンタンスープには、玉ねぎ・ニンジン・ニラ・ひき肉などの具がたっぷりで、栄養たっぷり。本日のメニューは「ご飯、納豆、ちくわの磯辺揚げ、ホウレンソウの和え物、ワンタンスープ」でした。

「すきやき」  平成26年2月17日(月)
給食に、「すきやき」が出され、子どもたちも大喜びでご飯も進んでいました。週末に大雪が降り、残雪を渡る冷たい風が吹いていましたが、給食のおかげでホカホカになりました。今日の献立は、「ご飯(のり佃煮)、すきやき、マカロニサラダ、ワカメとふのお味噌汁」でした。

「いわしゴマ衣揚げ」  平成26年2月12日(水)
今日の給食には新メニュー「イワシのゴマ衣揚げ」が供されました。栄養価の高い青魚のイワシを、ゴマの衣で包んで揚げた栄養たっぷりのご馳走です。イワシには、良質のタンパク質や骨を丈夫にするカルシウム、そのカルシウムの吸収率を約20倍にもするというビタミンDを豊富に含んでいて、さらに、糖質・脂質の代謝にすぐれ、細胞の再生をつかさどるビタミンB2が多いのも特長のひとつです。 例えば、すこやかな皮膚、髪、爪の維持にビタミンB2は欠かせない栄養成分です。 近年、イワシの価 値を高めたといわれる健康効果は、イワシの脂肪を構成する不飽和脂肪酸いわゆるEPAとDHAの働きにあります。冷たい海中で生活する魚の場合、その脂肪は凝固しにくい不飽和脂肪酸が中心となり、このうちEPA(エイコサペンタエン酸)は血液中のコレステロールを低下させ、血液の流れを良くして血栓をできにくくする働きが大で、怖い動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞から私たちを守ってくれます。加えて、DHA(ドコサヘキサエン酸)には、コレステロールを抑制する作用と共に、脳細胞の成長を促 し、脳を活性化させ、ボケを防ぐ働きがあります。イワシには、脳神経の働きをサポートし、血液の循環を良くするビタミン、ナイアシンも含まれており、効果は一層高まります。 今日の給食には、他に「菜の花の入ったご飯」、「ホウレンソウのおひたし、寒い日には身体も心も温めてくれる「カレーうどん」。今日も美味しく栄養たっぷりの給食を頂きました。
「サバのみぞれ煮と五目汁」  平成26年2月5日(水)
今日の給食には、新メニュー「五目汁」が登場、五目「ごぼう、ニンジン、ダイコン、ホウレンソウ、とうふ」のお汁です。また、サバのみぞれ煮は、サバの優れた栄養を、ダイコンおろしと煮ることで、消化吸収を助けます。サバは、「青魚の王様」といえるほど栄養価が高く、さばの脂質にはDHAやEPAなどが豊富に含まれ、含有量は青魚の中でも郡を抜いて多く、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳や神経組織の発育や機能の維持において重要な働きをすることが知られており、記憶力の低下を抑えた り、目によいとされています。EPA(エイコサペンタエン酸)は、血液中の血小板凝集を抑制して血中のコレステロールや中性脂肪を低下させる働きを持ちます。また、さばの血合い肉には多くの栄養素が集中しており、鉄分やビタミン群、タウリンが多く含まれ、貧血、皮膚炎、胃腸疾患などの予防、老化の抑制などの効果が期待でき、さらにさばには、カルシウム、ビタミンDも多く、健康な皮膚や爪、骨や歯の発育にとても有効。他にもの健康促進によいとされるビタミンB2、利尿効果があり、む くみの改善に欠かせないカリウムなども多く含まれているまさに王様です。

「福豆」  平成26年2月3日(月)
今日は節分、幼稚園の給食には「福豆」が添えられました。午前中、教室や園庭で豆まきを行って、鬼を追い払いましたが、給食では、それぞれ歳の数だけ食べて、災いを追い出し、健やかな成長を祈念します。インフルエンザや風邪が流行していますが、元気に登園し、安定した健やかな日々を過ごして欲しいと願います。

「のっぺい汁」  平成26年1月31日(金)
1月も終わります。今日の給食では、のっぺい汁が供されました。のっぺい汁は、のっぺい鍋、のっぺい煮、のっぺ、のっぺ汁、のっぺ鍋、のっぺ煮などの呼び名があり、漢字で書くと「能平」あるいは「濃餅」を当てるといいます。具材は様々のようですが、幼稚園では「ダイコン、ニンジン、里芋、ネギ、油揚げ」をしょう油味で煮込んで、片栗粉でとろみをつけて、本日の給食の、ご飯に野菜のかき揚を乗せた「かき揚丼」、ホウレンソウの胡麻和え、ウインナーソーセージといっしょに美味しく頂きました。ところで、新潟県の郷土料理「のっぺ」は、「汁」でも「澄まし汁」でもなく「煮物」で、「のっぺい汁」とは異なります。


「けんちん汁」  平成26年1月27日(月)
今日の給食には、温かい「けんちん汁」が提供されました。けんちん汁には、「ダイコン、ニンジン、ゴボウ、ネギ、白菜、里芋、こんにゃく、豆腐」などのたくさんの野菜が入り、今日の様に寒い日には温まります。また、給食は「ごはん、海苔のつくだ煮、春雨サラダ、信田煮」で、サラダも信田煮にも野菜がいっぱい入っていて、冬のこの時期に、美味しくたくさんの野菜を摂取できました。

「配膳」  平成26年1月22日(水)
今日は肌寒い一日でしたが、給食のコーンスープは、冷えた身体を十分に温めてくれ ました。寒い日に暖かいスープは、身体も心も温めてくれます。幼稚園は、園内で調 理し提供してますので、温かいものを温かいうちに、冷たく冷やしたものも冷たいう ちに配膳できます。また、その日の天候や気温に応じた対応も可能なので、自園調理 のメリットを活かしていきたいと思います。今日の給食の献立は、「ワカメご飯、 ソーセージステーキ、カニカマ入りグリーンサラダ」そして温かい「コーンスープ」 でした。

「白ごまプリン」  平成26年1月15日(水)
今日は「1月誕生会」を開催いましたが、給食のデザートに『白ごまプリン』が初登場しました。ゴマの味なので小さな子どもたちにどうかなと思いましたが、心配は無用で用食べ込んでいました。冷たく冷えたプリンは、ゴマの風味がしっかりしているものの、滑らかで、のど越しもよく、甘みも程よく、とても美味しく頂きました。

「新年会メニュー」  平成26年1月10日(金)
冬休みが終わり、8日に始業した幼稚園。今日は新年を互いにお祝いする「新年会」を開催し、縦割りで給食を頂きました。メニューは「巻きずし・稲荷寿司、エビフライ、厚焼き玉子、ホウレンソウの胡麻和え、お吸い物」そしてデザートは「雪見だいふく(アイス)」でした。厚焼き玉子には、とちまる君の焼き印があり、子どもたちは大喜びです。エビのアレルギーのある児には、魚か肉のフライを用意しました。今日も、楽しく遊んで、美味しく食べて元気に一日を過ごしました。


「金時ごはん」  平成26年1月8日(水)
冬休みが終わり、子どもたちが元気に登園してきました。今日の給食は、新しい年をお祝いして「金時ごはん」です。お赤飯の中に「金時イモ」を混ぜて、赤い色と金色のサツマイモとでおめでたい色合いで、ふっくらと美味しく炊けた「金時ごはん」は子どもたちに好評でした。今日の献立は、「金時ごはん、ゆばのお味噌汁、はるさめサラダ、鮭フライ、野菜(イチゴ)」とご馳走でした。


「てんぐニラ」  平成25年12月17日(火)
今日の給食には、「てんぐニラ」を使った揚げ饅頭(焼売)が登場しました。以前、何度か美味しく頂きましたが、この食材の「てんぐニラ」は、湯津上の特産ニラの名前で、香りがよく味もよく、油で揚げても風味がよくて、中華の肉饅頭に練り込んで、揚げ饅頭にしました。年少の子どもたちも美味しそうに食べ込んでいました。今日は「ちゃんぽん麺」が主食でしたが、寒い冬にはこうした身体の温まるメニューは嬉しいものです。
「サンマの煮つけ」  平成25年12月4日(水)
今日の給食には「ご飯と、マカロニサラダ、けんちん汁、サンマの煮つけ」が出ました。「サンマの煮つけ」は甘く煮付けたものですが、味付けにオレンジマーマレードが加わり、オレンジの風味がついて、とてもまろやかで風味がよくて美味しく頂きました。青魚のサンマの栄養価は高いものがありますが、子どもたちからは敬遠される食材でもあります。圧力釜で煮込んであるので、骨まで軟らかくなり、こうした味付けで食べやすく調理することで、子どもたちは喜んできれいに食べてくれていました。

「さつまいも」  平成25年11月26日(火)
第二ひかり幼稚園では、11月の上旬に収穫したサツマイモを、給食室で蒸かしてもらい、本日の給食に添えて提供しました。いも掘りで収穫したサツマイモのほとんどは、当日各ご家庭に持ち帰りましたが、みんなで頂くために少し残しておいたサツマイモを本日いただきました。サツマイモは、天日に干すと甘みが増すそうで、その分収穫したての頃より、糖度が増して甘く美味しくなったような気がします。子どもたちは、美味しそうにほかほかのサツマイモを頬張っていました。

「七五三」  平成25年11月15日(金)
今日は子どもたちの健やかな成長を願う「七五三」のお参りを行いました。これまで の成長を祝い、更に大きく強く育って欲しいと願います。今日の給食では、お祝い膳メニューでした。「栗ごはん」に古代米を使用し、赤飯の様に仕上げ、「アンサンブルエッグ」と「ほうれん草の胡麻和え」が付いて、お汁は栃木名物の干ぴょうやサトイモを使った「いなか汁」。デザートには、「杏仁ゼリー」にフルーツが添えられたお菓子でした。栗ご飯は、とても美味しく仕上がり、子どもたちの食べ込みもよかったです。今後も、美味しく栄養のある給食を供していきたいと思います。


「世界食糧デー」  平成25年10月16日(水)
10月16日は、「世界食糧デー」(World Food Day)です。これは1945年10月16日に国連食糧農業機関(FAO - Food and Agriculture Organization)が設立されたことを記念し、1981(昭和56)年に制定しました。第二次世界対戦中の1943年、アメリカ・バージニア州のホットスプリングに世界44ヶ国の政府の代表が集まり、飢餓を防止するための食糧生産と農業開発のことについて話し合い、翌1945年にFAOを設立するに至ります。「世界食糧デー」(World Food Day)は、国際デーの一つで、発展途上国の人々が食糧不足で苦しまないためにはどうすればいいか考える日です。 現在世界の人口の3分の1は飢餓寸前の状態にあるといわれ、近いところでは北朝鮮で大量の餓死者が出ています。これに対して多くの団体が食糧を支援することによってこれに対処しようとしていますが、外から食糧を運び込むことは、目の前の餓死者を救済する力はあっても所詮は応急措置に過ぎません。 長期的対策としては、やはり農地を整備し、その国の食糧生産を技術的経済的に確立させていき、食糧を安定生産できるようにすることが大事でしょう。この難しい仕事をしているのがFAOです。FAOはまた食品添加物・遺伝子組替野菜などで揺れる食糧の安全性の問題についても討議しています。ご家庭でも、食の大切さやありがたさを考え、また広く世界の飢餓についても考えたいものです。
「のっぺい汁」  平成25年10月11日(金)
今日は朝から太陽が顔を出さず、少し肌寒い陽気でした。そんな折、今日の給食に は、身体も心も温まる「のっぺい汁」が出されました。「のっぺい汁」は、地方によ りいくつかの呼び方があり、のっぺい、のっぺい鍋、のっぺい煮、のっぺ、のっぺ 汁、のっぺ鍋、のっぺ煮など微妙に異なるようです。漢字で書くと「能平」あるいは 「濃餅」を当てるといいます。お祭りや仏事、正月などの催し物がある折に作られる ことが多い料理のようですが、作り方は、 料理の際に残る野菜の皮やへたをごま油 で炒め、煮て汁にします。原型は、寺の宿坊で余り野菜の煮込みに葛粉でとろ味をつ けた普茶料理「雲片」を、実だくさんの澄まし汁に工夫したものです。精進料理が原 型ですが、現在では鶏肉や魚を加えたり、地域によって使用する材料やとろみの加減 などが大きく異なるようです。主にサトイモ、ニンジン、コンニャク、シイタケ、油 揚などを出汁で煮て、醤油、食塩などで味を調え、片栗粉などでとろみをつけ、かま ぼこや、ズッキーニ、胡瓜、カリフラワー、タマネギなど練り物や西洋野菜を用いて も美味しくなります。それぞれの食材でお好みに調理すると良いでしょう。
「新メニュー登場」  平成25年10月2日(水)
続々と新しいメニューが登場していますが、本日は「厚揚げとジャガイモのぞぼろ煮」でした。厚揚げとジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、インゲンを刻み、ひき肉で甘く煮込んでとろみをつけたおかずです。年少児から年長児までみんな食べ込みもよく、美味しく頂きました。とても美味しい味付けで、野菜もよく食べてくれました。今日の献立は、ご飯にカツオ風味のふりかけと、春雨サラダ、お味噌汁でした。
「ミートボール酢豚風」  平成25年9月24日(火)
今日も秋晴れの好天となり、子どもたちは屋外で元気に身体を動かし、運動会に向けてのリズムやかけっこに興じていました。運動した後は、お腹もすいて、給食の食べ込みがとても良いです。今日のメニューは、みんなの大好きな「ハヤシライス」。よく噛んで味わって頂きます。たくさん運動した分たくさん食べて、大きく強く育って欲しいと思います。メニューは他に、「コールスローサラダ、くだもの(梨)、牛乳」が添えられ今日も美味しく頂きました。
「ハヤシライス」  平成25年9月20日(金)
今日も秋晴れの好天となり、子どもたちは屋外で元気に身体を動かし、運動会に向けてのリズムやかけっこに興じていました。運動した後は、お腹もすいて、給食の食べ込みがとても良いです。今日のメニューは、みんなの大好きな「ハヤシライス」。よく噛んで味わって頂きます。たくさん運動した分たくさん食べて、大きく強く育って欲しいと思います。メニューは他に、「コールスローサラダ、くだもの(梨)、牛乳」が添えられ今日も美味しく頂きました。
「さんまの蒲焼」  平成25年9月6日(金)
ひかり幼稚園の給食に新メニューが登場です。秋の味覚「サンマ」を蒲焼きにして頂きました。サンマは、そのまま焼いて食べても美味しいのですが、サンマを開いて、軽く揚げ、あまじょっぱい蒲焼きのたれを付けて、ウナギの蒲焼ならぬサンマの蒲焼が出来上ります。子どもたちに好評で、先日第二ひかり幼稚園で登場した際にも、とても食べ込みがよく、年少児もよく食べ込んでいました。今後も新らしい食材や料理法に積極的に挑んでいきたいと思います。
平成25年9月3日(火)
9月になり、活動量が増えて、食欲も旺盛になりました。今日の給食は、子どもたち の大好きな「スパゲッティミートソース、黒糖パン、フレンチサラダ、牛乳」でしたが、ミートソースには、粉チーズがかかって味も香りも良く、食欲をそそります。とても食べ込みがよく、モリモリとたくさん食べて、元気にいっぱい遊んで、大きく強い身体に育つことを願います。

肉みそ麺  平成25年7月2日(火)
今日は、新メニューが登場です。岩手盛岡のジャジャ麺に似た、肉みそを絡めて食べる「肉みそ麺」です。ラーメンの麺に甘辛い肉みそを絡め、キュウリとトマト、ゆで卵がトッピングです。麺なので少し食べにくそうに苦戦する子もいましたが、みんな美味しく頂いていました。
もずく  平成25年6月24日(月)
今日の献立は、「ごはん、マーボー豆腐、春雨サラダ、お味噌汁」でしたが、お味噌汁の具材は、「もずく」です。もずくの味噌汁は、初登場で、このもずくには優れた栄養が含まれています。もずくの代表的な栄養素と言えば「フコイダン」。 フコイダンとは、昆布やワカメ、もずくなど海藻類の中で、「ネバネバ」部分にも含まれる代表的な栄養成分のことですが、もずくはそのフコイダンを食用海藻類の中でもっとも多く含有しています。 そんなフコイダンがいま「免疫力」というキーワードで、注目されています。 これまでにフコイダンは健康や美容関連で有効利用のための研究が行われていましたが、富山大学大学院医学薬学研究 部(生薬学)林利光教授は 国際的にも著名な「フコイダンと免疫力との因果関係」の研究を行っており、その関連性の高さを示唆し、インフルエンザの予防にも、フコイダンが有効な成分と発表しました。医学博士の一石英一郎先生は、インフルエンザとの関連について、マウスの実験結果より、フコイダンは、抗体を上げる作用があることが分かっていますが、フコイダンのネバネバ成分が、細胞内へのウイルス侵入を防いでいる可能性があり、そのため、人に対しても「抗ウイルス、抗菌作用がある」と発表。フコイダンがリンパ球を活性化することで、インフルエンザのウイルスを中和する抗体を作り出してい るというマウスの実験結果も出ており、人に対しても「抗インフルエンザ作用がある」ことが期待されます。もずくはミネラルや食物繊維が豊富で、しかも低カロリーな健康食品。もずくの成分は、「水分96.7%、エネルギー6kcal、たんぱく質0.3g、脂肪.2g、炭水化物2.0g、灰分(ミネラル)0.8g」。もずく大使に任命されている「宮平」さんは、「もずく酢」を食することで代謝の改善や、便秘解消など体質改善出来て、3年の間に、21キロものダイエットに成功しました。カロリーが気になる方には、ぜひおすすめしたいです。海藻類であるもずくは、含まれいる成分の中で食物繊維も豊富です。ぬるぬるとした水溶性食物繊維は、コレステロールの吸収を阻害して、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる効果が期待でき、さらに、便秘解消の役割 にも効果が期待できるそうです。

サバ  平成25年6月10日(月)
今日の給食は、「サバの味噌煮」でした。サバは「青魚の王様」と呼ばれるほど栄養価の高い魚で、特にDHAやEPAが多く含まれていて、DHAは、脳や神経組織等に必要な栄養素で、たくさん摂ることによって、脳の活性化や目の働きを活発にしてくれたりします。視覚からの情報をスムーズに脳に伝えることができるので、視力の回復にも役立ちますが、なにより、子供の脳の発達を促進してくれます。外国の研究者の中には、日本の子どもは魚をよく食べる(DHAを多く摂取している)ので、学力が高いという事例もあります。EPAは、炎症物質を抑制する働きがあるため、花粉症やアレルギーの予防・改善に効果があり、さらに、角質細胞をつなぐ働きがありますので乾燥肌や敏感肌に効き、美肌効果もあります。そして、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させてくれ、血液をサラサラにして血液の流れを良くしてくれます。DHAやEPAはさばの脂に多く含まれていて、サバは脂っぽいと言われることが多いのですが、あの脂肪がとても体に良くて、EPAが含まれている量は他の青魚の3倍〜4倍もあります。鉄分やビタミンなどで貧血、胃腸疾患などの予防に役立ち、ビタミンB2は、青魚の中でも最も多く含まれていて、美肌効果や動脈硬化防止などの働きがあり、カルシウムも多く健康な骨や爪の形成にも役立ちます。つまり、栄養が多いと言われる青魚の中でも、サバは多くの栄養素を含むとても体に良い魚ですから、サバをたくさん食べましょう。

ハンバーグ  平成25年6月3日(月)
今日の献立は、「ハンバーグ、ホウレンソウの和え物、ごはん(タマゴふりかけ)、 ジャコのスープ」でした。子どもたちの大好きなメニューで、年長児はもちろん、年少児の食べ込みもよく、おいしそうに頂いていました。また、何より食事を摂る姿勢がよくなっています。キチンと椅子に座り、おへそを食事に向け、落ち着いて食事を行っています。食に対する感謝の心も育てていきたいと思います。


新学期 親子で早寝・早起き・朝ごはん!
入園、進級と新しい年度が始まりました。期待と不安で緊張している子供たちも多いことでしょう。子供たちが日々の生活に慣れ、前向きに取り組んでいくためには、基本的な生活習慣がしっかり出来ていることが必要です。

〜子供の生活習慣確立が大切〜
ヒトは朝の光と共に目覚め、夜の闇に眠る昼行性の動物です。約24時間で自転する地球という星の上で、光と闇のサイクルに合わせながら生きています。出生後初めてこの明暗を知り、生後4カ月頃には昼夜の区別がついてきます。その後、睡眠ー覚醒のリズムに食事や体温のリズムが加わり、およそ1日の中でホルモンの分泌を含め、生活の流れができてくるのです。しかし、私たちの体内にある生体時計は(多くの人の場合)約25時間に近いリズムを持っています。そのため毎日朝の光を浴びることでいわばリセットし、地球時間と合うように調節をしているのです。
目覚めたのち、脳と身体の覚醒を支えるために朝ごはんは大切なエネルギー源です。朝食欠食の子供は1日体温の上りが悪く、脳も身体も目がさめず学習に向かう力も湧いてきません。規則正しいリズムで食事を摂っていると、起床時間の少し前から消化酵素の分泌が始まり、朝食の消化を助けます。眠っている間も脳はエネルギーを消費していますから、朝食を摂ることでエネルギーが充電され、学びに向かう姿勢ができるのです。
朝食には「エネルギーに変わりやすいもの」をとおもいます。ごはんと具沢山のみそ汁や、パンと牛乳にチーズや小魚などプラスアルファを目指してみましょう。

睡眠や朝ごはんの重要性を理解して・・・早起きして朝日を浴びることから始めましょう。日中元気に遊びましょう。夜は穏やかに過ごしましょう。
新年度がはじまります。
ご入園、ご進級おめでとうございます。
子どもたちは、初めての集団生活や進級で緊張と不安をかかえたり、胸ときめかせたりしていることでしょう。慣れない生活やプレッシャーで体調を崩すこともあると思います。新しい生活に慣れるには生活のリズムが大切です。
早寝早起きを心掛け、朝ごはんを食べて、元気に登園してください。
幼稚園では、これからどんどん成長していく子どもたちのために ゛こころとからだをつくる給食゛を用意しています。 たくさん食べてくださいね。
給食は楽しい雰囲気の中で良い習慣を身につけて、好き嫌いをできるだけなくすなど目的をもって進めます。
食事のときのマナー、食材、行事食などにも感心がもてるように食べることの楽しみや喜びを盛り込みながら様々な試みを行っていきたいと思っています。
アレルギーの対応について
給食ではできるだけアレルギーの対応ができるようこころがけています。
より安全に対応していきたいと思いますので、遠慮なく相談してください。


Copyright 2001-2012 hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE