学校法人ひかり学園:ひかり幼稚園 | 栃木県大田原市 / 第二ひかり幼稚園 | 栃木県那須塩原市

園長日記


│平成30年度│12月11月10月9月8月7月6月5月│ 4月
平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度



「除夜の鐘」  平成30年12月31日(月)
12月31日は大晦日で、「1年の日ごよみを除く夜」と言う事で「除夜」と言います。1年の最後の夜を締めくくり、暮れゆく年を惜しむ意味で昔からい ろいろな行事が行われてきました。その中に新しい年を迎えるにあたり「除夜の鐘」が108回あちらこちらのお寺でつかれます。では除夜の鐘を108回つくのはなぜでしょうか。108という数が人の煩悩の数だというのは有名ですが、その108という数の由来については諸説があります。まず、108の煩 悩は人間の感覚を司る眼(げん)耳(に)鼻(に)舌(ぜつ)身(しん)意(い)の六根が、それぞれに好(気持ちがよい)悪(いやだ)平(何も感じない)不 同の3種があり3×6=18の煩悩となり、これが、また浄(きれい)染(きたない)の2種に分かれ18×2=36の煩悩となり、さらに、現在・過去・未来 の3つの時間が関わって、36×3=108となります。これが、108の煩悩だといわれています。そ のほかには1年の12ヶ月+24節気+72候を合わせて108とし、108という数は煩悩ではないとするものなど色々とあります。  一方、鐘を鳴らすことは中国の宋の時代に起こったものでその打ち方は『勅修清規』に「慢(よわく)十八声、緊(はやく)十八声、三緊三慢共一百八声」と 記されています。「除夜の鐘」を聞きながら1年を振り返り、良い年をお迎え下さい。
「年越しそば」  平成30年12月30日(日)
明日は大晦日。一年が終わり、一年の締めくくりとして年越しそばを食べます。年越しそばは江戸中期からの習慣で、金箔職人が飛び散った金箔を練ったそば粉 の固まりに引付けて集めていたため、年越しそばを残すと翌年は金運に恵まれないといいます。ですから、この日のそばは、来る年の金運がかかっているというわけです。 また、金は鉄のように錆びたりせず、永遠に不変の物であることから、長寿への願いも込められているのです。日本では、正月とならんで重要視される日ですが、世界では大晦日を特別としない国が多く、特にキリスト教文化の欧米ではクリスマスに埋もれてしまい、新年 へのカウントダウンを開始する程度のものです。 ただ、そんな中でもオーストリアは少し特殊で、大晦日のシルベステルと呼ばれる儀式では、無事に 1 年が終わったことを祝うパーティが一晩中開かれて、新年の鐘の音とともに花火が打ち上げられます。ほかにも、小さな鉛の塊をろうそくの炎などにかざして溶かして、冷水に落としてできた鉛の形で新たな一年を占なったり、マジパンで作ったブタやチョコレート のコインなどの縁起物を交換しあいます。 マジパンとは中世以来の伝統菓子で、アーモンドの粉と砂糖をあわせて固めたもので、アーモンドもブタも、古くか らヨーロッパでは大切な食糧で、アーモンドを使ったお菓子は、他のヨーロッパの国々でも祝い菓子よく使われます。
「福モチ」  平成30年12月29日(土)
今日29日は「福(フク)の日」で、「福モチ」を作りました。29日は9(苦)がつくので、縁起が悪いという人もいますが、、「苦(9)」が「付 く・着く」ではなく「突く」と考えて「苦厄」をうち祓い、福(29)がたくさん訪れるように願ってお餅をつき、鏡餅にしてお寺の本堂や床の間に正月飾りと してお供えします。以 前も記しましたが、四国は「死国(死の国)」ではなく、以前遍路で四国を歩きましたが、人情があり皆親切で心暖かい人々に出会えました。九州も「苦しみの 島」どころか温暖で食材も豊かで素晴らしいところです。福岡の方でも、29はフクなので、縁起が良いとされ、29日に餅つきをするようです。
「冬期休業」  平成30年12月28日(金)
幼稚園は今日で「冬期休業」となり、正月1月3日まで休業となります。冬休み期間中は、ご家族で健康に楽しく過ごし、そろって食事をしたり、外出したり、冬休み中にいろんな思い出を創って欲しいと願います。少し寒くても、家の中に閉じこもってばかりではなく、温かくして外に出て外気に触れ、寒さを体感し、冬を味わってほしいものです。そして、インフルエンザやノロウイルス感染も心配です。休みの間、くれぐれも健康に留意し、規則正しい生活を送り、元気に過ごして下さい。子どもたちの健康、ご家族のご健勝・ご多幸を祈ります。
「研修会」  平成30年12月27日(木)
本日は、夏休み明けからの保育や行事活動、施設設備などについて教職員で反省会を午前中一同で行い、午後からは外部講師を招いて教職員の研修会を行いました。午前中の反省会では施設環境の点検やバスの運行、給食について、遊具や備品の補充なども話し合い、冬休み明けに間に合う調整や整備は速やかに進め改善に努めます。また、教職員の研修では、栃木県幼児教育センターから前原先生を招いて研修会を行い、幼児教育の資質向上に努めました。それを糧に今後の保育の充実に活かして参ります。


「預かり保育」  平成30年12月26日(水)
冬休みに入ってからも、幼稚園では連日たくさんの子どもたちを預っています。その預かり保育(タンポポ組)は年内28日までで、お正月休みとなり、来年1月4日(金)から再開します。お正月休み間、幼稚園から子どもたちの姿が消えて、幼稚園は静かにお正月を迎えます。子どもたちには休み期間も規則正しい生活を送り、休み明け元気に登園してくれることを願います。


「クリスマス」  平成30年12月25日(火)
幼稚園では「個人面談」を行っていますが、今日はクリスマス、イエス・キリストの誕生を祝う日です。子どもたちはクリスマスのプレゼントを楽しみにしていることでしょう。贈り物も楽しみでしょうが、思い出はもっと大切です。家族で、健康に楽しく過ごして欲しいと思います。食事をしたり、外出したり、冬休み中にいろんな思い出を創って欲しいと願います。少し寒くても、家の中に閉じこもってばかりではなく、温かくして外に出て外気に触れ、寒さを体感し、冬を味わってほしいものです。そして、インフルエンザやノロウイルス感染も心配です。冬休みの間、くれぐれも健康に留意し、元気に過ごして下さい。子どもたちの健康を祈ります。
「クリスマスイブ」  平成30年12月24日(月)
今日24日は、イエス・キリストの生誕を祝う、キリスト降誕祭前日の「クリスマスイブ」です。キリスト教の教会では、前夜祭として、クリスマス当日にかけて深夜ミサが行われ、賛美歌を歌い、キリスト誕生の話が語られます。幼稚園は、冬休みとなり、各家庭でクリスマスの楽しい日々を過ごすことでしょう。健やかに安らかに過ごして下さい。冬休み中、健康で事故に遭わず健やかに過ごし、また少し大きく成長して1月には元気に幼稚園に登園してくれることを願います。 ps、クリスマスリースには魔除けの意味があり、玄関に下げて、邪を払い、厄を落とす効用があるようです。日本の節分にも似た習慣があります。
「一陽来復」  平成30年12月23日(日)
昨日は冬至でした。今日からは、日毎に昼間の時間が延びていきます。万物の生成を「陰」「陽」の二気に分ける考え方からは、夜を陰、昼を陽とし、1年では、冬至が陰の極点となり、冬至の翌日から陽がふたたび増してくることになります。古くはこの日を「一陽来復(いちようらいふく)」または「一陽嘉節(かせつ)」として祝いました。  「一陽来復」は、「冬が去り春が来ること」、「悪いことが続いたあと、ようやく物事よい方に向かうこと」、「運が向いてくること」の意味ですが、それが春が巡ってくることや、めでたいことが再び訪れることを「一陽来復」というようになりました。たくさんの幸運がそれぞれのご家庭に向かうことを祈ります。
「冬至」  平成30年12月22日(土)
那須連山は雪化粧をして凛としています。さて、今日は「冬至」です。冬至とは、北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日のことで、日照時間が最も短くなるため、1年で最も昼が短く、夜が長くなります。太陽の位置が1年で最も高くなる夏至(6月21日ごろ)と比べると、日照時間におよそ5時間もの差があります。冬至は陽の光も弱く、この日を境に日が長くなっていくため、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、世界各地で古くから冬至の祝祭が盛大に行われています。また、旧暦では冬至がこよみを計算する上での起点となり、立冬と立春の中間が冬至で、冬の真ん中となります。
「終業式」  平成30年12月21日(金)
今日は終業式、明日から冬休みに入ります。冬休み期間中でも、預かり保育(タンポポ組)は行っていますが、 1月8日の始業までしばし幼稚園はお休みです。今日 は、干支(十二支)のお話しと早め早起き・ご挨拶の大切さを話しました。冬休み中も生活の安定を図り、元気に過ごしてくれることを願っています。



「大掃除」  平成30年12月20日(木)
冬休みを前に、今日はクラスごとに教室の大掃除を行いました。日頃から、道具や物に対しても大切に扱うことを伝えていますが、教室も毎日使用する場所です。感謝の 心で床の吹き掃除やロッカーの清掃を行いました。幼い心にも感謝の心を育てていきたいと考えています。



「たのしみ会」  平成30年12月19日(水)
本日、第二ひかり幼稚園では、年長児が中心となって運営する「たのしみ会」を行いました。園舎には、5か所のクリスマスツリー製作会場が設置され、子どもたちが一人ひとりその場所でツリーやリース、長靴の型に思い思いに手作りの飾りをつけていきます。飾り付けを開始して、ほどなく綺麗にそしてにぎやかに飾られ、子どもたちは満足げです。間もなくクリスマスを迎え、各ご家庭でもクリスマスを楽しく過ごすことでしょう。子どもたちの健やかな成長と、豊かで幸多い日々を願います。



「年賀状」  平成30年12月18日(火)
一年の初めにもらう年賀状は嬉しいものです。遅れないように、そろそろ年賀状の準備を・・・と、気ぜわしくなっている人も多いでしょう。その年賀状ですが,年賀は、元来、高年の寿を祝うことばで、古稀(こき)、還暦(かんれき)、喜寿(きじゆ)などの祝いをいったものでしたが、今日の年賀状は、新年の祝いの書状を略して年賀状としたものとされています。平安のころより明治の初めまで、正月には1日から15日までに、主君、師匠、父母、親戚(しんせき)、知人、近隣の人々に年始の挨拶(あいさつ)をする習わしでしたが、郵便が簡便に送られるようになってから次第に流行し、現在の年賀状の形となったようです。また、年賀状は、本来1月2日の書初(かきぞ)めの日に書いたもので、なるべく松の内(1月7日まで)に出すものでした。しかし現在は郵便事情により、1月1日の元旦に相手方に着くように12月に差し出すようになったそうです。
「木枯らし」  平成30年12月17日(月)
空気が乾燥し、冷たく乾いた木枯らしが吹きます。木枯らしとは、太平洋側地域において晩秋から初冬の間に吹く風速8m/s以上の北寄り(北から西北西)の風のことで、冬型の気圧配置になったことを示す現象です。今年は木枯らしが吹かず暖冬を期待しましたが、やはり12月も後半となり、厳しい寒さに肩をすくめています。しかし、子どもたちは元気に園庭で遊ぶ姿が見られます。子供は「風の子」木枯らしになんか負けないで元気に戸外で遊んで欲しいものです。
「冬至がゆ」  平成30年12月16日(日)
12月22日は「冬至」です。一年中で最も昼が短く、夜が長い日が冬至です。太陽の昇る高さが低いため、影も一番長くなります。冬至の日は、カボチャを食べたり、ゆず湯に入りますが、「冬至粥」というのがあり、冬至の日に小豆(あずき)がゆを食べると、厄を払ってくれるそうです。韓国では、冬至に食べる料理として、「冬至粥(トンジ(冬至)パッチュク)」(「パッチュク」は、うるち米とあずきをやわらかく煮込んだお粥で、パッが「あずき」、チュクが「粥」を意味します。)が親しまれているそうです。19世紀に書かれた『東国歳時記(とうごくさいじき)』にも、記述がありますが、冬至は1年の中でいちばん夜が長いため、陰陽五行の考え方において、陰の気がもっとも高まる日と考えられています。陰 の気が強まると疫神(病気の鬼神)の行動が活発化し、病気になりやすくなるといわれ、その防止のため、体内に陽の気を補充する必要があって、「陽の気」を もつ食材のあずきを摂取するのだといいます。ちなみに、あずきなどの赤い食べ物が「陽の気」をもつ食材だといわれているほか、とうがらしも代表的な「厄よけ」の食材として扱われています。間もなく冬休みに入りますが、園児たちが食生活にも気をつけ、年末から年始、健やかに康らかに日々を送ることを祈ります。
「冬至の七種」  平成30年12月15日(土)
12月22日に「冬至」を迎えますが、「冬至の七種」、(うどん(うんどん)・かんてん(寒天)・きんかん(金柑)・ぎんなん(銀杏)・なんきん(カボチャ)・にんじん・れんこん)、と言われる食品があります。い ずれの食品には「ん」がつきます。この「ん」のつく食べ物を食べると、健康で病気にかかりにくくなると言われ、特に冬至の日に「カボチャ」を食べると、厄 除(やくよ)けになる、中気(ちゅうき)などの病気にならなと言われています。実際に、かぼちゃには、カロチンやビタミンがたくさんあり、食べ物のなかっ た時代では、栄養補給に欠かせない食べ物だったようです。そして、切った断面が太陽のようだから、とも言われています。皆さんも「ん」(幸運)の付く食べ 物を食べて、良い運を頂き、健康で病気知らずに日送りしましょう。
「忠臣蔵」  平成30年12月14日(金)
今年も残りわずかとなり、 幼稚園も来週末で冬休みとなり、年末年始となります。寒さも厳しくなりましたが、子どもたちは今日も元気に過ごしています。さて、12月14日は、「忠臣蔵」で有名な、大石内蔵助良雄(おおいしくらのすけよしたか)以下、四十七士が本所の吉良上野介邸に討ち入りした日で す。300年以上も前の出来事で、1702(元禄15)年12月14日の寅の上刻(午前3時)頃のことでした。四十七士の眠る品川の泉岳寺には、いつもた くさんのお参りの人々がいて、その人気の高さを実感します。その志が、いつの世も高く評価され敬愛されているのでしょう。 さて、赤穂浪士は一般的には四 十七士とよばれますが、浪士の一人の寺坂吉右衛門は討ち入りに参加したものの、泉岳寺にひきあげる途中で姿を消して切腹をまぬがれ、83歳まで生きて、その真実を伝えました。
「今年の漢字」  平成30年12月13日(木)
昨夜は雪の予報でしたが、雪にはならず冷たい雨となりバスの運行など心配していましたが安堵しました。さて、来週の22日は一年で昼間が最も短い日の「冬至(とうじ)」です。 1年の世相を表す「今年の漢字」に「災」が応募総数19万3214票のうち、2万858票を集め選ばれ、京都市東山区の清水寺で12日、日本漢字能力検定協会(同区)が発表しました。1年を通して災害の多い年でしたが、来年は「幸」多く、笑いの溢れる年になるよう願います。
「ゆず湯」  平成30年12月12日(水)
昨夜は雪の予報でしたが、雪にはならず冷たい雨となりバスの運行など心配していましたが安堵しました。さて、来週の22日は一年で昼間が最も短い日の「冬至(とうじ)」です。 冬至の日には、何と言っても「ゆず湯」です。柚子の実をお風呂に入れて、温まります。「冬至にゆず湯」の由来は、冬至(とうじ)が「湯治(とうじ)」(お湯に入る)ことと、柚子(ゆず)が「融通(ゆうづう)」の語呂で、お金の融通が効くようにとの願いで、”お湯に入って健康になって、融通よく暮らそう”、ということです。冬至が、1年で最も夜が長くなる日ということで、死に最も近い日であり、厄や邪気を祓うために体を清め無病息災を祈るという意味で、この風習は江戸庶民から生まれ始まったといわれています。柚子の精油成分が湯に溶けて、血管が拡張し血液の循環を良くなり、肩こりや冷え性を緩和し、更にはビタミンCの効果でお肌を滑らかにするとされています。また、すっきりとさわやかな香りで、寒さで凝り固まった体をリフレッシュする効能もあるでしょう。柚子自体にも効能があって、柚子湯に入ると風邪にひきにく くなり、皮膚も強くなる様です。寒さも厳しくなってきました、柚子湯に入り、家族団欒を楽しみながら、ポカポカにあったまって、元気に過ごしましょう
「12月誕生会」  平成30年12月11日(火)
本日、第二ひかり幼稚園では、「12月誕生会」を開催し、対象園児とその保護者の 方とゲームや昼食を共にして、楽しく過ごしました。12月生れの子供たちの保護者の方を招待して、一緒に給 食を召し上がって頂きましたが、今日の誕生会ランチメ ニューは、「五目ご飯、ゆばの味噌汁、エビカツフライ、はるさめのナムルサラダ、スィートポテト」でした。特に、五目ご飯が美味しくて子供 たちや保護者の方にと ても好評でした。来週は、19日「たのしみ会」と年末にかけて楽しい行事が続きます。




「氷点下」  平成30年12月10日(月)
今朝も冷え込みが厳しく、連日、朝の気温は「氷点下」となりました。「氷点下」は水の氷点を下回った気温で、セ氏零度以下の温度、「零下」とも言います。戸外には霜柱も見られ、バケツの水も氷りました。今年もあとわずかですが、この時期、気温が下がり体調を壊しやすくなり、風邪や胃腸炎が流行り始めていますので、うがいに手洗い、キチンと体力調整をして、寒さに負けず元気に登園して欲しいと思います。
「春菊」  平成30年12月9日(日)
「春菊」は、葉の形が菊に似ていることから、この名前がつけられました。春菊に含まれる主な栄養には、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンB1、B2、 C、カリウム、鉄分などがあります。βカロテン(ビタミンA)は、皮膚や粘膜を保護して免疫力を高め、外部からの病原菌の感染を防いだり、ガン予防の効能 がある栄養成分です。また、網膜にある「ロドプシン」という、光を感じる物質の主成分となり、夜盲症(とりめ)を予防する効能もあります。ビタミンB1 は、食品から摂った糖質(炭水化物)から、エネルギーを作り出す働きがあり、疲労回復や神経系を正常に保ち、ビタミンB2は、脂質からエネルギーを作りだ し、成長期の子供の発育を助けたり、有害な活性酸素を分解する効能があります。そして、ビタミンCは、免疫力を高め活性酸素を分解し、ガン予防に効果があ るだけでなく、メラニン色素を減らす美肌効果、ストレスに対抗するホルモンを合成するなど、様々な働きがあり、カリウムは、体内の余分なナトリウム(塩 分)を排出して、高血圧や心臓病、脳血管障害などのリスクを減らす効能があります。 鉄分には、赤血球(ヘモグロビン)の材料になり、貧血の予防、改善の効果がある栄養成分です。春菊は、1年中栽培されていますが、栄養が豊富で一番おいし いのは、11月〜3月の寒い時期。鍋の具材にも、生でサラダにしても美味しく頂けて、なにより栄養価バツグンです。たくさん食べて、元気に寒い冬を乗り切 りましょう。
「成道」  平成30年12月8日(土)
今日、12月8日はお釈迦様がお悟りをひらかれた「成道(じょうどう)」の日です。お釈迦様は、29歳で王子の身分を捨て城を出て、出家して僧侶となります。6年間の修行を続けて35歳の時、苦行や難行によっては悟りを得ることは出来ないと知り、河で身を清め、村の娘スジャータの供養する乳粥を食して菩提樹の下で座禅に入り、ついに12月8日の未明、明けの明星を観て真理を悟ります。以後、45年間、80歳で亡くなるまで、人々に真理の教えを説き、導き続けました。それが仏教の始まりです。幼稚園では「いのち」を大切にすることを伝えています。人の「いのち」、動物や植物の「いのち」、道具や物にもはたらく「いのち」があり、それらの「いのち」に支えられて共に生きていることを、小さな心にも伝えたいと思います。
「12月座禅会」  平成30年12月7日(金)
明日12月8日は、お釈迦さまがお悟りを開かれた『成道会』です。今日は第二ひか り幼稚園の年長児(月組)と坐禅を修行しました。幼稚園も間もなく冬休みに入りますが、身体を調え、呼吸を調え、心を調え一年の締めくくりに備えます。座禅に取り 組んだ年長児は、どの子も安定して座っていました。年少児や年中児も今日は、各教室で椅子に座って、短い時間ですが黙想を行い、身体を調え、呼吸を調え、心を調え 「成道会」を行じましたが、安定して行っている姿が確認でき、個々の心の成長を嬉しく思いました。

「大雪」  平成30年12月6日(木)
明日12月7日は、「大雪(たいせつ)」です。『暦便覧』には、「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明していて、雪がつぎつぎと降りつづくころです。季節のうえでは、ちょうど初冬の中ごろにあたり、ブリやハタハタなどの冬の魚の漁が盛んになる季節でもあります。熊も冬眠に入り、南天の実が赤く色付きますが、一方、暖かい地方ではウメのつぼみが発育を始める季節でもあります。冷たい北風が吹きますが、子どもたちは寒さに負けることなく元気に園庭で遊んでいます。
「12月誕生会」  平成30年12月5日(水)
本日、ひかり幼稚園では12月の誕生会を開催し、先月参加できなかった子どもたちも交えて、保護者の皆さんと各教室で歌やゲーム、手遊びなどをして楽しい時間を過ごしました。今日は給食に「五目ご飯、ゆばの味噌汁、エビカツフライ、はるさめのサラダ、スィートポテト」でしたが、年少児の子どもたちもお箸の使い方が上手になり、正しい姿勢で美味しく頂きました。造形展を経て、少し指先が器用になった様にも感じますが、何より食事をする姿勢が良くなっています。キチンと給食におへそを向け、椅子に深く腰掛けて頂く様子に成長と、生活習慣の大切さを思います。



「イルミネーション」  平成30年12月4日(火)
恒例になった那須野が原ハーモニーホールのイルミネーションが点灯され、連夜、たくさんの人たちが観に来ています。ハーモニーホールのイルミネーションは毎年、飾り付けを変化させ、楽しませてくれます。市内には、イルミネーションでキレイに飾り付けした家々も多く、この寒い時期、そうした明かりで心が癒され、励まされハートフルになります。ご家族そろってお出かけになると、なんか心が温まり、初冬のいい思い出でとなることでしょう。夜は冷えますので、しっかり防寒してお出かけ下さい。
「園内造形展」  平成30年12月3日(月)
土曜日に開かれた「造形展示会」、今日は園児たちがクラスごとに各教室を回って作品の展示を鑑賞しました。互いにまた学年ごとに鑑賞し合うことで互いの成長を認め合う機会にもなり、楽しく過ごしました。教室はまだ作品に占領されていて、他の活動には多少の支障がありますが、もう少しこの達成感満足感を味わってほしいと思っています。また、放課後にはひかり幼稚園と第二ひかり幼稚園の職員が互いのを訪問し、展示作品や展示方法などを学び合い、今後の活動の参考となるような時間を持ちました。



「12月」  平成30年12月2日(日)
一年の最後の月「12月」を迎えました。英語での月名、December<(ディセンバー)は、「10番目の月」の意味ですが、(これはローマ暦が3月起算で、3月から数えて10番目という意味で)、1年の12番目・最後の月です。日本では、師走(しわす)、極月(ごくげつ)、臘(ろうげつ)とも称します。極月は「ごくげつ」とか「ごくづき」、「きょくげつ」、「きわまりづき」とも呼んで、その名の通り一年の最後の月の意です。「終わりよければ、全てよし>All's Well That Ends Well」(シェイクスピアの戯曲)、この12月、今年一年の締めくくりとして充実させたいと思います。
「造形展示会」  平成30年12月1日(土)
本日、「造形展示会」を開催し、今年度、表現活動として、一人ひとりや集団で製作した作品を展示致し、各クラスで担任より紹介、説明いたしました。どの作品も、子どもたちが集中し工夫した努力の結晶です。それぞれの作品に、子どもたちの達成感 や充実感がみなぎっています。「造形展示会」は、単に作品の展示鑑賞ではなく、作品の製作に取り組んだ子どもの様子を伝えることが目的です。子どもたちがどう創意し工夫をし、向かい合ってきたかを担任が説明し、子どもたちの努力や成長を伝えるです。そんな子どもたちの精進を讃えたくさんたくさん誉め、次の意欲や向上心を育てて頂きたいと思います。


Copyright 2001-2014 hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE