学校法人ひかり学園:ひかり幼稚園 | 栃木県大田原市 / 第二ひかり幼稚園 | 栃木県那須塩原市

園長日記


│平成29年度│11月10月9月8月7月6月5月4月
平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度



「避難訓練」  平成29年6月30日(金)
梅雨空が広がり、小雨が降ったり止んだりの一日でしたが、今日は第二ひかり幼稚園の避難訓練を避難場所を体育館に変更して実施しました。初めて避難訓練を行った年少児も担任の指示誘導に随い、慌てることなく落ち着いて円滑に避難が出来て、安心しました。体育館に集まった子どもたちには、「押さない、かけない、しゃべらない、戻らない」の火事の避難時に大切なお約束の話を伝えました。


「夏越し」  平成29年6月29日(木)
12月31日は大晦日で、日本中で大祓(おおはらい)を行いますが、明日6月30日は、1年の半分に当たる「夏越し」でこの日に「祓い」を行います。「祓い」とは罪とけがれをはらい清める事で、日本の各地で6月と12月の末日に行われています。「みな月のなごしの祓する人は千年の命のぶと云ふなり」(水無月(6月)の名越(30日)の祓いを受ける人は、千年もの延命効果があるといわれている。) 神社やお寺の境内に人のくぐれる程大きな「茅の輪」が設置され、これをくぐる「茅の輪くぐり」を行い、「夏越の祓い」を修行致します。「茅の輪」は、チガヤを束ねてつくった大きな輪です。チガヤの生命力は強く、この強さにあやかり、「茅の輪」をくぐって、一年の半分を祓い清め、家内安全、身体健全、無病息災を祈願します。
「公開保育研修会」  平成29年6月28日(水)
27日、那須地区幼稚園連合会の「公開保育研修会」が、認定子ども園すぎのこ幼稚 園 (旧西那須野町)を会場に開催され、3・4・5歳児のクラスを公開し、参加者 は各保育内容を見学しました。参加した那須地区の教職員は、見学の後、全大会を開 いて「研究討議」を行い、保育内容(環境設定)への疑問・質問、感想を述べて保育 を担当した担任と時間をかけて討議を行いました。見学をした者もされた者も善い研 修となり、今後の各自の保育活動に活かされ、質の向上が図られることでしょう。

「ヒマワリ」  平成29年6月27日(火)
園庭の花壇ねは、昨年のヒマワリのこぼれ種が発芽し、すくすくと育っています。葉 を 広げ、茎を太くして日毎に大きくなっているように感じます。ヒマワリは、北ア メリカが原産ですが、江戸時代に中国を経由して日本に伝わりました。和名になって いる 「向日葵(ひまわり)」の名前の由来については、太陽が移動するにつれて、 その方 向を追うように花が回るからですが、この花の動きは、生長が盛んな若い時 期だけに 見られるもので、観察しても太陽を追うような動きはわかりづらいと言わ れています。ヒマワリの花言葉は、太陽の動きを追うように動くことに由来して「私 はあなただけを見つめる」。また、「愛慕」「崇拝」「熱愛」「憧れ」 「光輝」 「にせ金 貨」「偽りの富」といったものもあります。順調に成長し、夏休み前に花 を見せてくれることを期待しています。
「避難訓練」  平成29年6月26日(月)
本日、ひかり幼稚園で「避難訓練」を行い、万が一に備えての避難経路の確認や安全誘導の訓練を実施しました。年少児は初めてのことでしたが、先生の指示に従い、スムーズに避難訓練が出来ました。訓練は年に2回以上行い、防災の意識向上と非難の実際の体験し、いざという時に備えます。今日は、園庭の南側に避難し、その後は教職員の代表が消防署の方に初期消火の指導を受け、子どもたちは学年ごとに消防自動車の説明を聞いて、消防自動車の装備に目を丸くして説明に聞き入っていました。



「イチジク」  平成29年6月25日(日)
21日に夏至をむかえ、今頃は一年で最も昼が長く、同時に夜が一番短くもあります。昨日はこの時期に「タコ」を食べることを記しましたが、「無花果(イチジク)の田楽(でんがく)」を食べる風習もあるようです。ただし、日本中どの地方でも「無花果の田楽」を食べる風習があるわけではありません。おもに、愛知県で食されているようです。イチジクの果実には果糖、ブドウ糖、ビタミン、カリウム、カルシウム、ペクチンなどが含まれ、クエン酸も少量含まれますが、糖分の方が多く甘い味がします。食物繊維は、不溶性と水溶性の両方が豊富に含まれていて、健康によい食物です。
「タコ」  平成29年6月24日(土)
21日は夏至でした。冬至には、カボチャを食べ、柚子湯に入りますが、夏至には稲の根が、タコの八本の足のように八方に深く根を張ることを祈って、タコを食べる習慣がある様です。関西地方に多くある習慣で、大阪近郊では夏至から半夏(ハンゲ、夏至から11日目)までにタコを食す習わしがあり、当然のように食しているようです。また、愛知県では、無花果(イチジク)の田楽を食べるようです。また、関東地方では、新小麦で焼き餅を作って神に供える風習があります。沖縄では、この頃に吹く季節風を「夏至南風」といい、この風が吹くと、梅雨が明けて本格的な夏の訪れるそうです。この辺では、まだまだ梅雨の只中ですが、晴れた日にはプールで水遊びを楽しみたいものです。
「6月誕生会」  平成29年6月23日(金)
今日、第二ひかり幼稚園では、6月の誕生児と先月5月に誕生会を行えなかった園児が、それぞれの保護者を招いて6月の誕生会を開催しました。今日も好天となり、すがすがしい一日となっています。各教室では、ゲームや手遊びなどを楽しみ明るく元気な歓声が響き、明るく元気な誕生会となりました。さて、来週はまた梅雨らしい天気が続くとの天気予報が出ていて、プールでの水遊びは少し持ち越しとなるでしょう。プールの準備は出来ています。早くプールで遊ぶ子供たちの歓声が園庭に響くことを願います。



「誕生会」  平成29年6月22日(木)
本日、ひかり幼稚園の「6月誕生会」を開催しました。今日は梅雨の晴れ間となり、始業時には、園庭で保護者の方も一緒に元気に体操を行いました。その後、各教室にわかれ、クラスごと溢れるほどの子どもたちの歓声が響き渡り、楽しく元気に今日も過ごしていて、嬉しく楽しく思います。楽しみなプレゼントや給食も大満足の誕生会でした。



「夏至」  平成29年6月21日(日)
本日は夏至です。今日は梅雨空が広がり、夏至を実感できませんが、昼が最も長く、夜が最も短い日です。さて、最近気になる活動として、夏至の夜にロウソクを灯す、「100万人のキャンドルナイト」というイベントがあります。 2003年6月22日(夏至)に始まった環境に対する取り組みのひとつで、文化人類学者であり、環境活動家の辻真一さんの呼びかけに賛同した多くの人々によって勧められ、年を重ねるごとに日本全国に広く大きく成長してきています。夏至(6月21日)の夜20:00〜22:00の2時間、電気を消し、キャンドルの明かりだけで過ごします。誰でも参加でき、家族で環境を考える契機になるでしょう。
「プール設置」  平成29年6月20日(土)
昨日は代休でお休みでしたが、今日は子どもたちが元気に登園し、幼稚園には元気な声が響いています。30度の真夏日になりそうな好天の中、今日は第二ひかり幼稚園のプール設置を行いました。毎年、第二ひかり幼稚園では夏を迎える時期に設置工事を行い、運動会前に撤収することで、しっかりと安全 点検や補修が行える利点があります。遊具の専門業者にもお力添えを頂きながら、午前中かけて無事プールの設置が整いました。明日の朝、 事故やけがの無いようにと安全祈願を行います。


「どくだみ」  平成29年6月19日(月)
梅雨空の下、どくだみが花を咲かせています。どくだみは昔から優れた薬草として知れ渡っていて、生薬名として【十薬(じゅうやく)】という名前が付けられているように、10種類の薬効(効能)があると考えられていました。どくだみ茶の効能の主たる要因には、体内の毒素を身体の外へ排泄することで血液をキレイにすることにあるのですが、このことが特定の病気を予防して健康を維持する体質へと改善することにも繋がる効用があると考えられています。どくだみ茶の効能の中でも特に解毒作用が優れていることから、体内に生じた老廃物や毒素を排泄する働きにより、【ニキビ】や【吹き出物】といった一般的によく見られる肌トラブルの予防ならびに改善効果が期待できます。老廃物や毒素が体内に滞ることがなく排出されることで血液の浄化にも繋がり、血がキレイになればニキビや吹き出物などの肌トラブルも生じにくい体質へと改善されていくようになります。また、どくだみ茶の解毒作用と血液浄化作用による【体質改善効果】が期待でき、アトピー性皮膚炎や花粉症の症状を緩和する効果、花粉症の場合も同じように、体質を改善することで症状緩和に繋がると考えられています。さらに、どくだみ茶が持つ【緩下作用】により、便秘解消の効用もあります。緩下作用(かんげさよう)というのは、腸から排便を促す働きのことです。便秘が解消される事で腸内環境も改善されて、便秘に伴う【吹き出物】や【ニキビ】の改善にも繋がります。身近な存在のどくだみですが、こんなすごい効用を持っていたとは・・・。
「父の日」  平成29年6月18日(日)
本日は6月の第3日曜日で、、「父に感謝をささげる日」『父の日』です。幼稚園では、昨日「父親参観日」を開催しました。この「父の日」は、1909年に、アメリカ・ワシントン州のJ.B.ドット夫人が、彼女を男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月6月に「父親の日礼拝」をしてもらったことがきっかけと言われています。当時すでに「母の日」が始まっていたため、彼女は「父の日」もあるべきだと考え、「母の日同様に父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まりました。ドット夫人が幼い頃に、アメリカでは南北戦争が勃発し、父、スマートが召集されてから、ドット夫人を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でスマートの復員後まもなく亡くなりました。以来男手1つで育てられたが、スマートも子供達が皆成人した後、亡くなってしまいます。やがて、1916年アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィスソンの時に「父の日」が認知されるようになり、1972年(昭和47年)、アメリカでは国民の祝日に制定されました。母の日の花はカーネーションですが、父の日の花はバラ。これは、ドット夫人が、父の墓に白いバラの花をささげたことが由来です。
「父親参観日」  平成29年6月17日(土)
明日6月18日は、6月の第3日曜日「父の日」(「父に感謝をささげる日」です。幼稚園では、本日お父さんたちを招いて「父親参観日(父の日)」を開催し、バスの運行は無くして親子登園をお願いしました。子どもたちは、今日の「父親参観日」をずっと楽しみにしていて、プレゼントの準備や、一緒に遊ぶゲーム、歌や体育活動の練習を重ねていました。今日は大好きなお父さんと一緒に遊んで、お父さんの力強さやたくましさ、大きさ感じ、親子の絆が一層深まったことと思います。明日、本当の「父の日」でも、さらに絆が強まるよう過ごして欲しいと願います。



「お守り祈願」  平成29年6月16日(金)
明日の父親参観日のプレゼントにと、年長児(月組)が、お父さんの身体健全、交通安全、無病息災を祈って、手作りのお守り袋を作り、中にはお手紙に「三宝印」《仏、法、僧の印鑑》を記した本尊を納めました。今日は、幼稚園のお釈迦さまの前にそのお守りを備えて、魂を入れる祈願を執行し、子どもたち共々に大好きなお父さんのこれからの平安無事を念じました。明日、そのプレゼントを手渡すことを楽しみにしています。年長児のみならず、年少児も年中児も心を込めて明日の日のためにプレゼント作りに励みましたので、楽しみにして来園頂き、子どもたちの思いをお受け取り下さい。

「プレゼント製作」  平成29年6月15日(木)
今週末の土曜日は「父の日(父親参観日)」です。当日、大好きなお父さんに贈るプレゼント製作に取り組んでいます。小さな手で、集中して製作を行う姿に、子どもたちの成長を感じます。学年ごとにプレゼントは異なりますが、いずれも子どもたちが心を込めて作った世界に一つだけの作品です。楽しみにしていてください。

「梅雨空」  平成29年6月14日(水)
雨雲が広がり梅雨を感じます。幼稚園では、雨天時も体育館やホール、教室など屋内 で体操やリズム活動を行い、身体を動かすように努めています。第二ひかり幼稚園の 子どもたちは、広い体育館で元気に身体を伸ばして体操を行っていました。クラスご とや学年ごと、また全体で様々な体操を楽しんでいます。

「トマト」  平成29年6月13日(火)
トマトの美味しい季節となりました。トマトは夏野菜の代表選手、美味しくて健康にも良い食材です。園庭の花壇でも栽培を行っていますが、トマトには、ビタミンやミネラル などの栄養価が高く、赤い色の素である リコピン は 抗酸化作用に優れ、がん、動脈硬化、血糖値改善、さらには痴呆予防に効果が期待されている健康食品です。そこで「トマトが赤くなると、医者が青くなる」 と言われ、トマトはサラダなど生で食べてもも美味しく、煮ても焼いても炒めても、様々なメニューで美味しくヘルシーに頂けます。しかし、日本人のトマトの年間消費量は8,9kgと世界レベルではかなり低い消費で、消費世界一のギリシャは、1114,9kgと日本の13倍、イタリアは54,9kgで、日本の6倍です。子どもたちには、健康食品のトマトをたくさん食して欲しいと思います。
「座禅会」  平成29年6月12日(月)
本日、第二ひかり幼稚園の年長児と座禅を修業しました。梅雨の時期で少し蒸し暑い 日でしたが、個々がしっかりと自覚して集中し、4月から3回目となり、回を重ねる ごと に安定して取り組む様子が確認でき嬉しく思います。先週、ひかり幼稚園の年 長児と座禅会を行いましたが、しっかりと取る組む姿を見せてくれ、成長を感じまし た。7月は「おとまり会」(7月20・21日)の2日目の早朝に「7月座禅会」を 修行します。

「ジューンブライド」  平成29年6月11日(日)
今月に結婚式の招待を受けていますが、幼稚園の保護者の中にも6月に挙式された方は多いことでしょう。さて、「Junebride(ジューンブライド)」を直訳すると[6月の花嫁]です。6月に結婚した花嫁は幸せになれるというもともとはヨーロッパからの伝承で、その由来は諸説があって、1.「June」が、ローマ神話の結婚をつかさどる女神であるジューノ(Juno)からきているため、「この女神の月に結婚すれば、 神の御加護を頂いて、きっと花嫁は幸せになるだろう」、にあやかっての説、 2.昔、ヨーロッパでは、3〜5月の3ヵ月間は結婚することが禁止されていて、6月は結婚が解禁になる月であるため、6月になっていっせいにカップルたちが結婚し、 周りの人達からの祝福も最も多い月だったとする説、 3.ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく良い天気が続き、加えて復活祭も行われる時期であることから、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、6月の花嫁は幸せになれるとする説などがあるようです。
「園庭菜園」  平成29年6月10日(土)
第二ひかり幼稚園の年長児(月組4クラス)は、園庭の花壇で野菜の栽培を始めました。キュウリ、ナス、トマト、二十日大根などを自分たちで育てています。収穫し食べることが目的ですが、野菜の成長の過程を観察することや、栽培を行い管理・世話をすることも大きな経験となるでしょう。いろいろな工夫や発見をして欲しいと願っています。


「入梅」  平成29年6月9日(金)
気象庁は7日、近畿、東海、関東甲信地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。梅雨に入る日「入梅(ついり)」となりました。「入梅(にゅうばい)」と書いて「ついり」と読みますが、「つゆのいり」が「つゆいり」となり、「ついり」となったそうです。気象学的には5月下旬から6月上旬ころで、陰暦では「芒種(ほうしゅ)のあとの壬(みずのえ)の日」とされ、今年は6月15日がその日に当たり、少し早い「入梅」です。ところで、「入梅入り」という表現に違和感を感じます。「入梅」というのは、「梅雨入り」の漢語的表現のはずですから、「腹痛が痛い」と同じ表現で、「梅雨入り」か、単に「入梅」というのが適切な表現だと思います。さて、いよいよ梅雨に入り、戸外での活動が制限され、子供たちには外遊びが恋しい季節となります。今日のような晴れの日には元気に戸外でたくさん遊ばせたいものです。
「教育実習」  平成29年6月8日(木)
今週、ひかり幼稚園に3名、第二ひかり幼稚園に6名の教育実習生が学んでいます。 例年この時期には沢山の幼稚園教諭を目指す学生が教育実習に来ていますが、この中から、来年度本園に勤務し、一緒に幼児保育を行う者もいるかもしれません。また、別の幼稚園や保育園に勤務するかもしれませんが、各自、2週間から4週間の限られた実習期間ではありますが、日々を大切にしっかり現場の保育を体験し学び、保育士の道を歩んで欲しいと願います。


「梅雨入り?」  平成29年6月7日(水)
今日は終日曇り空、夜には雨が降りだすとのこと、これで、いよいよ梅雨入りとなるのでしょうか。雨天時には、戸外活動が出来ず、朝の体操も今日は教室で行い、園舎内での活動が中心となりす。子どもたちの活動が制限されますが、雨には雨の日の充実した保育活動を行っていきたいと考えています。来週の「父親参観日」に向けて歌を歌ったり、プレゼントの制作などに取り組んでいきます。
「スマイルミッション」  平成29年6月6日(火)
本日、ひかり幼稚園では宇宙に送る子どもたちの写真撮影「スマイルミッション」を行いました。全園児はホールに集まり、スマイルミッションの話を聞き、学年ごとに写真を撮りました。その後、各教室にてクラスごとに各自、自分の描いた絵を手に持ち明るい笑顔で写真に納まりました。この写真は、後日、ロケットで宇宙ステーションに送られ、地球を周回します。打ち上げの日時や周回する詳しい予定は、連絡が届き次第お知らせ致します。



「芒種」  平成29年6月5日(月)
今日は、二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」。イネやムギなどの芒(のぎ)を持つ作物の種を播く時節というところから芒種というそうです。現在の田植え時期は早まりましたが、昔の田植の時期は梅雨入りになりかかりのころにあたるこの時期でした。芒(のぎ、ぼう)は、お米や麦などイネ科の植物の穂を構成する鱗片の先端にある棘状の突起のことで、農作物が育つのに適した季節です。ひかり幼稚園の裏山の畑では、ジャガイモが大きく育ち、キレイな薄紫の花を咲かせています。地中では、大きなジャガイモを太らせていることでしょう。7月上旬に収穫したいと思います。
「虫歯」  平成29年6月4日(日)
今日から一週間は、「口と歯の健康週間」です。耳慣れない言葉ですが・・・以前は、日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」に因んで6月4日に虫歯予防デーを実施していましたが、1949年に「口腔衛生週間」が制定され、1952年には「口腔衛生強調運動」、1956年に再度「口腔衛生週間」に名称を変更し、また1958年から「歯の衛生週間」、そして今年から「歯と口の健康週間」に変わりました。猫の目のように名称が変わりますが、その目的は、歯の衛生に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防処置の徹底を図り、併せてその早期発見、早期治療を励行することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進を寄与することで、一貫してます。歯は人生において大切です、しっかりケアして、大切にしましょう。
「閑古鳥」  平成29年6月3日(土)
朝、「閑古鳥(かんこどり)」の声が響いています。閑古鳥とは、「カッコウ(郭公)」のことで、「閑古鳥が鳴く」とは、静かな森の中にカッコウの鳴き声がさびしく響き渡るかのごとく、"お店にお客が入らず、ひっそりとしてさびれている様子"を表した言葉です。人を呼ぶような泣き声にも聞こえ、古語に呼子鳥・喚子鳥(よぶこどり)という季語があって、カッコウなどを指します。カッコウの鳴き声が当時の人に物寂しいと感じさせたことから、喚子鳥が転じ、閑古鳥という言葉が生まれました。「憂きわれを さびしがらせよ 閑古鳥」(松尾芭蕉)。
「地区PTA総会」  平成29年6月2日(金)
本日、那須地区幼稚園PTA連合会の総会が開催され、PTAの役員と参加いたしました。初めに前年度の事業と決算の報告があり、次いで本年度の事業計画と予算案の審議があり、いづれも承認されました。その後、出席園の自園紹介があり、地区内の各幼稚園の取り組みや活動などを報告し合い、一同昼食を頂いて解散となりました。今年度は、県のPTA研修会の担当地区となり、10月24日には本地区主催で研修会が開催されます。今後、内容や運営について協議を重ねていきます。


「水無月」  平成29年6月1日(木)
6月に入ります。さて、6月は梅雨に入り雨の多い月ですが、6月のことを「水無月(みなづき)」と称します。「水無月」は、「水の無い月」と書きますが、水が無いわけでなく、水無月の「無」は、神無月の「な」と同じく「の」にあたる連体助詞「な」で、「水の月」という意味です。陰暦6月は田に多く水を引く月なので、「多くの水を必要とする月」の意から「水無月」と言われるようになったようです。旧暦の6月は梅雨が明けた時期(7月)になるため、新暦に当てはめて水無月を「梅雨も終わって水も涸れつきる月」「水の無い月」と解釈するのは間違いのようです。同様に、神無月の語源は、「神を祭る月」であることから、「神の月」とする説が有力とされ、神無月の「無」は、「水無月」と同じく、「の」を意味する格助詞「な」です。中世の俗説には、10月に全国の神々が出雲大社に集まり、諸国に神がいなくなることから「神無月」になったとする説があり、出雲国(島根県)では、反対に「神有月・神在月(かみありづき)」と呼ばれます。  また、6月には他に異名が沢山あります。
「建末月:けんびげつ 」「水月:すいげつ 」「未月:びげつ」「旦月:たんげつ」「季月:きげつ 」「伏月:ふくげつ 」「遯月:とんげつ 」「焦月:しょうげつ 」「涼暮月:すずくれづき 」「松風月:まつかぜづき 」「松風月:まつかぜづき」「風待月:かぜまちづき 」「鳴雷月:らいめいづき 」「弥涼暮月:いすずくれづき 」など・・・



Copyright 2001-2014 hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE