学校法人ひかり学園 (ひかり幼稚園 | 栃木県大田原市 / 第二ひかり幼稚園 | 栃木県那須塩原市)

園長日記

平成26年度│2月1月12月11月10月9月8月7月6月5月4月
平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度

「豆知識」  平成27年1月31日(土)
2月3日は「節分」です。幼稚園では2月1日に「豆まき」を行い、豆の力で、自分の中の弱虫や泣き虫の鬼を追い払います。4日「立春」の新しい年回りが始まる前日に幼稚園や自分の中を清め祓い良い一年としたいものです。さて、その豆まきの「 豆知識 」です。
1、福豆には、「まめ(健康)に過ごせるように」との願いが込められていて、自分の年齢の数だけ豆を食べると、1年間病気にならず健康に過ごせます。
2、厄年の人は、早く1年が過ぎるようにと豆を1つ多く食べましょう。
3、豆まきには、生の豆でなく、炒った豆を使います。それは、厄を払い厄をしょった豆から(厄・災難の)目が出ることがないようにという意味からです。
4、豆(大豆)のカロリーは、 100gで417kc alだそうです。結構ありますね。
5、福豆は炒った大豆が普通ですが、 北海道などでは落花生 などを撒きます(大豆より も回収し易く、殻ごと撒くため地面に落ちても食べられるからだそうです) 。
6、掛け声は通常「鬼は外 、福は内」ですが、鬼を祭神または神の使 いとしている神社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」とし 、「鬼」の付く 姓(鬼塚、鬼頭など) の家で「鬼は内」の掛け声があるようです 。
「年少児おゆうぎ発表」  平成27年1月30日(金)
本日は、ひかり幼稚園年少児(花組2クラス、さくら組)の「おゆうぎ発表会」を開催いたしました。朝から降り出した雪が積もって、足元の悪い中を沢山の保護者・関 係者にご来園頂き賑やかに催行出来ました。また、おゆうぎ発表後には、盛大な拍手を頂いて子どもたちも嬉しく、大きな満足感を得たことでしょう。この自信をさらな る意欲や積極性に繋げて、子どもたたちを支援していきたいと思います。ご家庭でも、子どもたちを沢山ほめて認めて頂きたいと願います。



「小春日和」  平成27年1月29日(木)
今朝の冷え込みは厳しく、寒中を実感しましたが、日中は風もなく穏やかに晴れ渡った「小春日和」となりました。幼稚園で一番小さなさくら組の子どもたちも、暖かな日差しの下、園庭でお友達と仲良く遊んでいました。明日は雪の予報、今週は寒波が 本州を覆っていて、もうしばらくは厳しい寒さが続きそうです。たくさん遊んでたくさん寝て、しっかり食事を撮って元気に登園してくるよう願います。

「星組おゆうぎ発表」  平成27年1月28日(水)
本日は、ひかり幼稚園の年中児(星組3クラス)のおゆうぎ発表会を行いました。子どもたちはそれぞれ劇の主題やストーリーを考え、言語表現やリズム、歌などに取り 組んできた姿を披露しました。積極的に前に出てくる児やお友達の影に隠れてしまう児など個性は様々ですが、一人ひとりその子なりに取り組んできました。その子なり に頑張っていた姿を認め褒めていきたいと思います。ご家庭でも子どもたちの事をたくさん認めたくさん褒めて頂きたいと思います。



「おゆうぎ発表リハーサル」  平成27年1月27日(火)
明日はひかり幼稚園の年中児(星組)の「おゆうぎ発表会」です。今日はそれに向けてリハーサルを行いました。当日に向けて、子どもたちは元気いっぱいにリハーサルを行いました。担任は少し不安もあったり、修正を考えたりしていましたが、明日はのびのびと楽しんでもらいたいと思っています。今日は暖かな一日でしたが、明日は気温が下がるとの予報ですので、ご来園の際には温かな服装でお願いたします。また、ひざ掛けなど用意されると良いでしょう。


「おゆうぎ発表」  平成27年1月26日(月)
ひかり幼稚園では、今週の28日(水)には年中児(星組3クラス)、30日(金)には年少児(花組2クラス、さくら組)の表現活動としておゆうぎ発表会を催行致し ます。それに向けた練習が会場のホールや教室で盛んに行われています。楽しくそして発表を楽しみに取り組んでいます。ご家庭でも、幼稚園の活動の様子などを子どもたちからたくさん聞いて上げてください。


「厄払い」  平成27年1月25日(日)
2月3日は「節分」ですが、『古事記』などの日本 の神話によると、新しい歳には、身の不浄や罪悪・苦厄を祓うために身に着けていた衣服 を捨てるという風俗が 、古くから日本にあっ たようです。これが「節分の厄払い」の 風俗と結びついて、節 分の日に自分の衣服を街路に棄てることで厄 を祓ったようです。さらに、こうして捨て た衣服が乞食者への施 しとなることから、やがて、自分の年齢の数の銭を包んで路地に落とすこ とにもなりました。かつて、天皇は御年の数だけの豆 と鳥目〔ちょうもく= 銭〕とを包んだものを 撫物〔なでもの=厄払 いのために身の厄を移 して捨てるもの〕を、勾当内侍 〔こうとうのないし〕 に渡ぢ、勾当内侍は 後を顧みないようにし ながらこれを持って退 くと記載があります。このあたりが年齢の数 だけ豆を食べるという 風俗に繋がったそうです。(なお、「勾当内侍」 とは掌侍〔ないしのじ ょう=内侍の三等官〕 の首位で、「長橋局」 などとも呼ばれ、奏請 や伝宣を司った女官の ことです。) また、「節分」に清 めのそばを食べ、晴々 しく「立春」を迎えるところもあります。これを「節分そば」と言うそうで、地域によっては、「節分そば」を「 年越しそば」といい、 「大晦日そば」と区別しているようです。幼稚園でも2月3日に、福豆を食べ、豆を打ち苦厄をはらって「立春」を迎える準備の節分を行う予定です。
「講演会」  平成27年1月24日(土)
本日は教職員一同と講演会を聞きに参りました。那須野が原ハーモニーホール(大ホール)にて開催された、教育評論家で法政大学教授の尾木直樹先生(尾木ママ)の講演でした。特に、脳科学の研究に触れ、叱ったり怒ったりしても効果な成長は認められず、褒めたり認める中に積極性や意欲が育つことを説示されていました。本園の教育方針と同様で、子供たちは認められ褒めらられることで自信を持ち意欲が育つと思っています。いたずらに順位をつけて競争心を煽ることでは子供たちには育ちません。小さな優越感や劣等感を植え付けては伸びていきません。幼児期には、認め褒めることで、学び挑戦する気持ちを育てることが大切なことを改めて確認させられた講演でした。
「劇あそび」  平成27年1月23日(金)
おゆうぎ発表会に向けての練習もホールのステージ上に移り、熱を帯びてきました。楽しくも真剣に取り組む様子がみられ、見ている側にもその熱意が伝わります。子どもたちには楽しく元気に取り組んで欲しいと願います。イヤイヤ行うのでなく、楽しさや喜びの中に、集中力や積極性が生まれます。また、見ている側にもその楽しさが伝わります。「劇あそび」としているのも、幼児期には遊びを通して様々事柄に取り組み学習して欲しいのです。遊びの中に満足感や喜びがあり、こうした遊びを通した体験を重ねて、子どもたちは成長していきます。


「表現活動」  平成27年1月22日(木)
来週から幼稚園では「おゆうぎ発表会」を行いますが、それに向けて各クラスでは発表に備えて練習に取り組んでいます。劇あそびやリズム活動、 ダンスなどそれぞれクラスごとに演目を考え準備を進めています。積極的に前に出て踊る児や後ろに下がってお友達の影に隠れる児など様々ですが、一人ひとりに光を当てるよう配慮していきたいと思います。少しでも認め、小さなことでも褒めて自信を持ってもらえるよう、自信を持つことで意欲や向上心が更に高まるでことでしょう。


「大寒水」  平成27年1月21日(水)
昨日1月20日は「大寒」でしたが、「大寒」は『暦便覧』では「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と説明していて、寒さが1年のうちで最も厳しくなるころです。遥かに見える那須の山々も、厳寒に氷ついて見えます。さて、「大寒の朝の水は1年間腐らない」と云われ、元気のエネルギーに満ちた活力水で、容器などに入れて納戸に保管する家庭が多いそうです。「大寒」が暦の上では寒さの底ですから、これから寒さも緩んで、暖かくなり春に向かうことになります。この時期は、インフルエンザや風が流行して、とても心配です。活力の湧く「大寒水」を飲んで、活力を漲らせ、寒さに負ず元気に登園してきて欲しいと願います。
「大寒」  平成27年1月20日(火)
今日1月20日は二十四節気の一つ「大寒」です。このころ、寒さが1年のうちで最も厳しいと言われますが、昔から「大寒生れの卵は 滋養に富んでいるので、食べると健康に暮らせる」と言われています。「大寒」中には、「鶏始乳」という鳥が卵を抱き始める時候が有り、その頃の卵は「生気に満ち溢れている」と考えられ人気が有ります。最近人気の風水でも、「大寒の日の卵を食べると、金運が上昇する」と言われてますので、是非、大寒生まれの卵を食べて、健康で、運気も上がり、インフルエンザもはね返して、寒さの中でも元気に過ごしたいものです。
「消化器」  平成27年1月19日(月)
今日、1月19日は、「家庭消火器点検の日」です。ちなみに11月9日は、消防庁が定めた「119の日」で防火の日ですが、1月19日は全国消防機器販売業協会が1991(平成3)年に「家庭消火器点検の記念日」に制定しました。幼稚園では、年に2回の避難訓練と、消防署の立入り検査が年に1回、業者の点検が年2回ありますが、安全のため点検確認をしっかり行っていきたいと思います。
「インフルエンザ流行」  平成27年1月18日(日)
インフルエンザが猛威をふるい始め、園児が数名罹患して幼稚園を休んでいます。寒さと乾燥のキビしいこの時期、幼稚園では教室の温度と湿度の管理を徹底し、細かく換気し、一人ひとりにうがいと手洗いの励行を行っていましたが、今週から罹患者が少しづつ増えてきました。残念ながら現在インフルエンザ流行の影響を受けています。罹患しないことが願いですが、罹患し発病した児は早く回復して元気に登園してくることを祈念します。また、今後もこの時期にはうがいと手洗いを励行しましょう。
「戸外遊び」  平成27年1月17日(土)
冷たい北風が吹いて、まさに寒中のキビシイ冷たさです。もうしばらくは、寒中の寒い日が続くのでしょうが、子どもたちは元気に園庭で身体を動かしています。寒さに 負けないで、大きく身体を動かして、元気に過ごして欲しいものです。幼稚園では、1月下旬から2月にかけて開催予定の「おゆうぎ発表会」が視野に入ってきました。 演目の選考やその内容について各学年、クラスで検討しています。年度末の子どもたちの成長した姿が表れる活動ですので、充実したものになる様しっかりと準備を進めたいと思います。

「小正月」  平成27年1月16日(金)
昨日1月15日は 、「小正月(こしょうがつ)」でした。 元日の「大正月」に対して言うもので、「女正月」、「十五日正月」などとも言います。 「女正月」の呼称は、女性は正月中はとても忙しくて、ようやくほっと一息ついたり年始回りを始めたりできるようになるのが、この15日頃だという事なのだそうです。 古来民間では、この「小正月」が本来の年越しであったということで、郷土色豊かな行事や、しきたりが、一年の中でもっとも多い日になっています。餅花、繭玉といって、柳や水木の枝に餅を花のように付けたものを、米や繭の豊作を祈って座敷に飾ったり、また、削り花、削り掛けといって、竹柳の枝先をササラ状にして、稲の穂垂れの様子をかたどった物を、門前や家の中に吊るしたりしますが、最近はあまり見かけなくなりました。正月の文化が薄らいできていますが、幼稚園では始業からコマ回しや凧揚げ、カルタ取りなど伝統的な正月の遊びを保育の時間に積極的に活動に取り入れて楽しんでみました。
「コマ・かるた取り」  平成27年1月15日(木)
今日は小正月、今日までは正月気分ですが、幼稚園ではクラスごとにカルタ取りを楽しんだり、木製の白木のコマに各自が彩色をほどこしてコマ回しを楽しみました。糸 を使ったコマ回しではなく、手で回してのコマ遊びですが、上手に回したコマはかなりの間回り続けていました。それぞれコマが上手に回るように工夫する様子が見られ、遊びを通して創意工夫や集中力の高まりを感じました。


「上元」  平成27年1月14日(水)
明日、1月15日(陰暦正月15日の称)は三元の一つ、「上元(じょうげん)」です。7月15日を中元、10月15日を下元といいます。上元(1/5)、中元(7/15)、下元(10/15)、この三つを合わせて「三元」と言い、中国伝来の暦法では「年の折り目の日」とされた日で、道教の祭日でした。これら季節の節目には贈り物をするという習慣がありましたが、現在ではお中元という夏の贈り物だけが残っています。もともとはお上元やお下元というのもあったそうです。そして、この「上元」の日に、「小豆粥」を食べるとその一年中の疫病が避けられると言われていますので、是非試してみて下さい。
「座禅」  平成27年1月13日(火)
今日は、ひかり幼稚園の年長児と座禅を修行しました。冬休みが明け、3連休とあって落ち着いて座禅に取り組んでくれるか不安もありましたが、子どもたちはしっかりと励んでくれて嬉しくまた頼もしくも思いました。間もなく就学を迎え、4月からは 小学生となる年長児の子供たち、幼稚園で取り組んだ座禅を通しての身体を調え、呼吸を調え、心を調えることで正しく考える基礎が育っていくと思っています。幼児期に調えたことはこれからの学生期に大きな素地となるでしょう。今後の成長が楽しみです。
「成人の日」  平成27年1月12日(月)
今日は1月の第2月曜日、「成人の日」で、成年(満20歳)になった青年男女を祝い励ます祝日です。もとは1月15日でしたが、2000年(平成12年)に「ハッピーマンデー」が施行され「成人の日」が1月の第2月曜日になりました。でも、私はいまだに「成人の日」は1月15日という気がします。ちなみに、「体育の日」も同じ2000年に施行され10月の第二月曜日になり、2003年(平成15年)には「海の日」と「敬老の日」もハッピーマンデーが施行されています。さて、今日まで3連休、明日は3連休が明けて元気に登園してくる子どもたちが待ち遠しいです。
「鏡開き」  平成27年1月11日(日)
今日は「鏡開き」。もともと武家社会の風習で、正月にお供えした餅を下げてた際に、刃物で切るのは切腹を連想させるので嫌い、手や木鎚で割り、「切る」「割る」という言葉を避けて「開く」という言葉を使用するようになりました。そして鏡は円満を、開くは末広がりを意味しています。また、鏡餅を食すことを「歯固め」といいい、硬いものを食べることで歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈りました。
「LED工事」  平成27年1月10日(土)
冬休み中、第二ひかり幼稚園の40ワットの蛍光灯を全てLED電灯に交換しました。また、順次、廊下の60ワット電球もLED電球に取り替え、これでほとんどの照明をLED化しました。消費電力も、40ワットの蛍光灯が17ワットに、60ワットの電球が5ワットになり、消費電力の大幅な縮小が出来るでしょう。交換に要する経費は、大きなものでしたが、今後、電球の交換費用やランニングコスト、電気エネルギーの少量化を考えると良かったと思っています。尚、春休みには、ひかり幼稚園の蛍光灯や電球をLEDに取り替える予定です。
「卒園写真撮影」  平成27年1月9日(金)
卒園記念のアルバムの写真撮影を本日行いました。職員の集合写真や各クラスごとの撮影、園庭ではクラスのグループに分かれての撮影も、好天に恵まれて予定通り順調 に進みました。3月の卒園式まで、あと2カ月となり、卒園アルバムの写真撮影のみならず、卒園文集の作成打合せや、記念品,祝花・祝菓などの卒園に向けての準備が 進んでいます。登園日も残り少なく行事日を含めても50日を切りました。日々を大切に過ごしてまいります。

「始業」  平成27年1月8日(木)
長い冬休みも終わり、今日は始業です。子どもたちが幼稚園に登園してきて、園内には元気な声が響いて嬉しく思います。一同ホールに集まって始業式を行い賀詞を申し上げ、今年一年の健康を祈りました。子どもたちからは、冬休みにあった楽しい思い 出や、家族で出かけたことなど、いろんな出来事を聞かせてもらいました。また、たくさんの年賀状を頂き嬉しく、感謝御礼申し上げます。

「七草粥」  平成27年1月7日(水)
今日1月7日は、「七草粥」です。七種の野菜(芹(せり)、なずな、御形(ごぎょう)、はこべら、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、すずしろ)を刻んで入れた粥を食べると、邪気を払い万病を除くと云われ食べますが、呪術的な意味ばかりでなく、正月のおせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあります。一般には7日正月のものが七草と記されますが、七草(ななくさ)は、本来、秋の七草を指し、正月のものも七種と書いて「ななくさ」と読み、「七種がゆ」と云うのが正しい様です。春の味わいを楽しんだご家庭も多くあったことでしょう。
「小寒」  平成27年1月6日(火)
今日は、「小寒」です。寒さが最も厳しくなる時期の前半で、『暦便覧』では「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と説明していて、この日から節分(2月3日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、この日を「寒の入り」とも言います。冬の寒さが一番厳しい時期となり、今日から寒中見舞いを出し始めます。寒い中ですが、、預かり保育の子どもたちは元気に登園し、楽しく過ごしいます。こどもたちの元気な姿は嬉しいものです。8日には始業を迎えますが、子どもたちがみんな元気に過ごしていることを願っています。
「坐禅会」  平成27年1月5日(月)
明日は「小寒」で、さらに寒さが厳しくなる頃ですが、今朝、冷え切ったお寺の本堂で幼稚園の教職員の座禅会を修行しました。朝の澄んだ空気の中、身も心も引き締まります。新しい年を迎えて、それぞれに心に期すものがありますが、座禅を行い、身や心を整えて、新年の思いを深め高めます。年長児はもうすぐ卒園です。卒園まで、しっかり育ちを支援していきたいと思います。年中児や年少児も、4月に比べ確かな成長を実感しますが、修了までさらに生活習慣の安定や強い心、思いやりの心など内面の育ちを援助していく大切さを思います。始業に向けて、教職員一同、しっかりと準備を調え始業に備えています。
「水仙」  平成27年1月4日(日)
1月4日の花は「水仙」(すいせん)」です。ヒガンバナ科の多年草で、地中海沿岸が原産です。古くシルクロードを通って東アジアに渡来し、日本の暖地海岸にも広く自生化しています。その名前は、「清らかな姿と芳香が仙人のよう」なので、「水仙」と呼ばれていますが、学名の「ナルキッスス」は、この花に姿を変えたギリシャ神話の美青年「ナルキッスス」に由来していることは有名です。花言葉は「自己愛」です。自分を愛し、自己を大切にすることも大切ですが、みんなと仲良く、互いを尊重する生き方はもっと大切です。幼稚園では、互いを敬い尊重する心を育てていきたいと考えています。
「ひとみ」  平成27年1月3日(土)
今日は1月3日ですが、「1(ひと)3(み)」の語呂合わせで、「ひとみの日」です。めがね、コンタクトレンズの業界が制定したそうです。瞳をいつまでも美しくということが、その制定の目的ですが、コンタクトレンズの歴史は古く、古代ローマの皇帝ネロが闘技場での観戦用に、エメラルドのレンズを用いていたといいます。今では、どんどん改良が進み、便利で効果的なレンズが出来ています。視力は大切です。子どもたちも、テレビやゲームばかりではなく、積極的に元気に屋外で遊んで、自然を眺めてみましょう。
新年明けましておめでとうございます。」  平成27年1月1日(木)
新年明けましておめでとうございます。
教職員一同、幼児教育の重要性を深く認識し、子ども達が安定し、
健やかに成長出来ます様、 一層の保育の充実を図り精進して参ります。
今後ともご理解ご協力をお願い致します。
今年がみなさまにとりまして
より佳い一年となります様、ご祈念申し上げます。
 平成二十七年元旦
                学校法人ひかり学園 ひかり幼稚園・第二ひかり幼稚園
                                園長・黒田光泰 教職員一同


Copyright 2001-2014 hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE