学校法人ひかり学園 (ひかり幼稚園 | 栃木県大田原市 / 第二ひかり幼稚園 | 栃木県那須塩原市)

園長日記

│平成24年度 4月5月6月7月8月910月11月平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度
「日本茶」  平成24年10月31日(水)
  10月31日は「日本茶の日」といわれています。お茶は一番ポピュラーな飲み物ですが、 お茶を日本に広めた人は栄西禅師です。1191(建久2)年、宋(中国)からお茶の種子とその製法を持ち帰りました。栄西禅師は、お茶の種子を自分の庭に蒔き育て、お茶の製法を広く伝えました。当時お茶は薬として飲まれていたようです。「茶は養生の仙薬なり・・・」(喫茶養生紀)と著しています。栄西禅師がお茶を持ち帰った日が、10月31日と伝えらています。お茶には殺菌作用もあるので、インフルエンザ対策にも効果があるようです。 冬に向かい、温かいお茶を飲んで、風邪知らずで元気に過ごしましょう。
「ハロウィン」  平成24年10月30日(火)
  明日、10月31日は「ハロウィン」です。これは、キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭の事で、元々は2000年以上前から行われている古代ヨーロッパの原住民ケルト族の宗教的行事で、秋の収穫を祝い、亡くなった人たちをしのぶ収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられ、現在のハロウィンになったと言われています。ケルト族の1年の終わりは、12月31日ではなく10月31日で、この1年最後の夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出て来ると信じられていました。そしてこれらから身を守る為に魔除けのたき火をしたり、自分たちが生身の人間である事がばれない様にと、お化けや動物の仮面をかぶるようになり、ハロウィンの夜にはお化けの仮装をする様になりました。
「サツマイモ」  平成24年10月29日(月)
  畑のサツマイモが順調に育ち、今週の水曜日(10月31日)と木曜日(11月1日)の両日、「イモ掘り」を行います。さて、サツマイモの主成分は炭水化物。中でも、でんぷんが多く、甘く感じるのはショ糖、果糖、ブドウ糖が多く含まれているからです。炭水化物の他にも、肌にツヤと張りを与えるビタミンC、ビタミンCの含有量はイモ類の中でトップクラス!熱に弱いビタミンCでも、サツマイモに含まれるでんぷんの働きによって壊れにくいのです。さらに、老化を防ぎいつまでも若々しさ保つ栄養ビタミンE、便秘を防ぐ食物繊維がたくさん含まれているのです。サツマイモは、優れた美容食です。料理も多種多様にアレンジできます。収穫したサツマイモは幼稚園で蒸かして頂いたり、各家庭にもお持ち帰り頂きます。ご家庭で子どもたちと楽しく料理を楽しんで下さい。  PS,サツマイモは、主成分が炭水化物で糖分も多いので太る食品と思われていますが、蒸したサツマイモとご飯のカロリーを比較すると(100グラムあたり)ご飯が約148キロカロリーに対し、サツマイモは125キロカロリーと大差ありません。むしろ、食物繊維がたくさん含まれているので満腹感が持続するので、上手に食べればダイエット食にもいいのでは・・・
「速記記念日」  平成24年10月28日(日)
   今日、10月28日は「速記記念日」です。これは日本で最初に速記文字を開発した田鎖綱紀(たくさりこうき,1854-1938)が1882年10月28日に日本橋の「小林茶亭」で速記法の講習会を開いたのを記念して定められたものです。速記法は議会や討論会・会議などの記録を取る手段として発達し、ヨーロッパでは意外と歴史が古く、古代ギリシャでも使用されていましたが、日本での導入は田鎖式が最初と思われます。現在国内には80種類ほどの速記法があると言われ、通信教育で有名な早稲田式は、姓名判断の元祖として有名な熊崎健翁が考案したものがベースになっています。衆参両議院で使用されている速記は、それぞれ衆議院と参議院の速記者養成所で訓練を受けて試験に合格した人たちが行っていて、衆議院と参議院では速記文字に違いがあるそうです。
「十三夜」  平成24年10月27日(土)
   今日10月27日は、旧暦9月の十三夜、このときに枝豆を供えるという風習があります。そのためこの十三夜を「豆名月」と呼ぶこともあります。栗を供えることもあり、「栗名月」と呼ばれることもあります。 また、「中秋の名月」に里芋を供えるという習慣も一般的です。里芋は、この時期は収穫期の始めにあたりますが、この出はじめの芋を煮る、あるいは蒸してお供えします。この里芋を供える風習は、少なくとも室町時代にまで遡るものです。中秋の名月に芋を飾ることから「芋名月」と呼ぶこともあります。
「祖父母のつどい」  平成24年10月26日(金)
今週、幼稚園では、4日続けて「祖父母のつどい」が開催され、今日は第二ひかり幼稚園の祖父母のつどいが催行されました。大好きなおじい様・おばあ様と親しく触れ合い、手遊びやゲームをしたり制作活動を行ったりして楽しく過ごし、最後に用意していたプレゼントを渡しました。たくさんのご来園をいただき感謝申し上げます。自分の祖父母だけでなく、他のおじい様やおばあ様を迎え、親しく過ごすことで子どもたちに敬老の念や感謝の心、信頼の心が大きく育つ、子どもの心を養う良い行事と捉えています。

「祖父母のつどい2」  平成24年10月25日(木)
23日に続き、ひかり幼稚園の「祖父母の集い」を開催し、遠近よりご参加頂き感謝申し上げます。ホールでの全大会に続き、各教室に分かれて、大好きなおじい様・おばあ様と触れ合い、ゲームをしたり制作活動を行ったりして楽しく過ごし、最後に用意していたプレゼントを渡しました。幼稚園の活動の様子などご覧頂き、また給食も召し上がって頂いて、楽しい思い出が子どもたちにも出来ました。


「祖父母のつどい」  平成24年10月24日(水)
  本日、第二ひかり幼稚園で「祖父母のつどい」を開催し、大勢のご来園をいただき感謝申し上げます。お集まり頂いた時に、お茶の接待や送迎など、子どもたちなりにおもてなしに努めました。体育館での全大会では、詩や俳句の暗唱や、歌の披露など子どもたちの日頃の活動の一端がご覧頂けたことでしょう。その後の教室での、ゲームや手遊びなどの触れ合い活動や子供の用意したプレゼントをとても喜んで頂きました。また、昼食のお弁当が好評で、「美味しかった」と嬉しい言葉を頂きました。楽しく、思い出に残る「祖父母のつどい」が展開出来、子どもたちも喜んでいます。

「祖父母のつどい」  平成24年10月23日(火)
  本日、幼稚園では、「祖父母のつどい」を催行いたしました。たくさんのご来園をいただき感謝申し上げます。子どもたちとの触れ合い活動や子供の用意したプレゼントをとても喜んで頂きました。そして同時に子どもたちにも大きな喜びとなりました。また、昼食のお弁当が「とても美味しかった」と多くの方より嬉しい言葉を頂き、嬉しく思います。今回のお弁当は、「鳥そぼろご飯」「エビフライ」「卵焼き」「切干大根」「きゅうりの浅漬け」に「お吸い物」とデザートの「みかんゼリー」でしたが、特に「鳥そぼろご飯」が好評でした。幼稚園は週5回の完全給食ですが、素材の味を大切にした日本食を多く取り入れ、栄養面や食べ方の指導も大切にしたいと思っています。これからも子供たちの成長に心身ともに適した安全で安心な給食を提供できるよう努めて参ります。


「霜降」  平成24年10月22日(月)
  明日23日は二十四節気の「霜降(そうこう)」です。『暦便覧』で「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と説明しているように、霧が冷気によって霜となって降り始めるころです。楓や蔦が色付き紅葉が本格化してきます。この日から立冬までの間に吹く寒い北風を「木枯らし」と呼びます。今週は、敬老の「祖父母の集い」が続きます。そして、11月です。11月にも楽しみな行事がたくさんあります。充実の秋となるよう、子どもたちを支援していきたいと思います。
「あかりの日」  平成24年10月21日(日)
  エジソンの「3大発明」は「電球」・「蓄音機」・「映写機」ですが、そのひとつ、「白熱電球」を完成したのが1879(明治12)年の10月21日でした。エジソンの功績は、伝記などで脚色された部分のある発明ではなく、「発明」という行為を大勢の人間に認知させたことでしょう。それまでの発明と言うものは、「立派な学校を出た、一流の科学者が作り出すもの」という既成概念があったと言えます。しかし、エジソンは立派な学校も出ていなければ、学位を持っているわけでもありません。努力で身に付けた科学知識で様々な発明を作り上げていったのです。発明を一般人にも手の届く、アメリカンドリームを実現する手段へと変えたのは間違いなくエジソンなのです。努力とひらめきを大切にした人生に学びます。
「リンゴ」  平成24年10月20日(土)
  リンゴの美味しい季節です。「リンゴが赤くなると、医者が青くなる」と言われます。他に「柿が赤くなると、医者が青くなる」とか、「 トマトが赤くなると、医者が青くなる」とか言われていますが・・・。リンゴや柿、トマトには優れた栄養があり、摂取することで病気を遠ざけてくれます。さて、リンゴは皮をむいて食べるでしょか? リンゴは軽く流水で洗うだけで十分だそうです。皮についてるワックスのようなものは農薬ではなく天然の植物ロウで、正式にはオクタコサノールといい・・・栄養豊富なファイトケミカルだそうです。柑橘系は農薬散布がありますので皮には留意必要ですが・・・可能な限り皮も食べたほうが身体に良い栄養が摂取できます。ブドウの皮にも同様にオクタコサノールがあり、無害だそうです。果物や野菜全般に言えることで、皮にも豊かな栄養分があるので積極的に食べてみましょう。
「秋色」  平成24年10月19日(金)
  「秋色(しゅうしょく)」とは、秋の情景〔秋の景色〕autumn scenery、 〔秋の気配〕signs of autumn のことですが、目に見えない空気や匂いにも、秋色を感じます。特に空気が澄み渡り、夜空の星座がきらめいて見えます。秋の星座では、Wの形のカシオペア座。秋の一番明るい星をもつ、みなみのうお座。大きな四辺形を作っているペガサス座。その四辺形に連なっている、アンドロメダ座。そしてアンドロメダ座には、肉眼でも見える代表的な星雲「アンドロメダ大星雲(アンドロメダ銀河)」があります。星雲(銀河)を見る機会は少ないでしょうから、注目してみると楽しいかもしれませんね。
「ごぼうサラダ」  平成24年10月18日(木)
  昨日(17日)の給食に「ごぼうサラダ」が提供されましたが、子どもたちはこの「ごぼうサラダ」が大好きで、よく食べ込んでいました。ごぼうには、ポリフェノールのクロロゲン酸が豊富に含まれ、抗酸化作用があります。ごぼうは、生薬・漢方薬とされ、利尿、発汗、血液浄化、皮膚疾患(ニキビ、湿疹)の薬の材料としても使われています。日本には中国から薬草として伝来まし、煎じて使用する方法もある様ですが、ごぼうは繊維質が多く、便秘予防にも効果があるとされ、そのまま食することが一般的でしょう。また、大腸がん・直腸がん予防に効果があるとする説もあります。適度に食べて、健康に過ごしたいものです。

「親子教室」  平成24年10月17日(水)
  第二ひかり幼稚園では、今週月曜日から4日続けて「親子教室(プレスクール)」が開催されています。この時期は、来年度幼稚園に入園してくる子どもたち親子が大半ですが、再来年に入園を希望する親子も新しく参加してくる頃でもあります。毎回、25組ほどが参加し、限られた時間ですが、制作活動や歌やゲームを他児と関わりながら楽しく過ごしています。おやつも楽しみの一つですが、今月は金盛堂の「杏仁ゼリー」で、お昼に余ったものを一つ食べましたが、とても美味しかったです。
「座禅会」  平成24年10月16日(火)
 運動会も終わり、大きな行事が無事に終わって安堵しました。さて、昨日は第二ひかり幼稚園の年長児と坐禅に取り組み、短い時間でしたが、爽やかな秋の空気の中で充実して修行出来ました。運動会もあって、身体を動かす日々が続いていましたが、こうして身体を落ち着かせ、呼吸を調えて、心を調える時間も大切です。心静かに集中したり、落ち着いて考える「静」の時間、活発に身体や思考を巡らせる「動」の時間をバランスよく取り入れて、健やかな心身の成長を支援していきたいと思います。
「紅葉」  平成24年10月15日(月)
 「紅葉」前線が南下しています。那須の山々はすっかり色付き、紅葉も山頂から次第に麓に下がってきました。冬に向かい葉を落とす植物(落葉樹)が紅葉します。それは、気温が低下するとエネルギー生産のための光合成ができなくなり、葉を維持するエネルギー(消費エネルギー)が生産できるエネルギーを上回るためと、氷結による温度低下や壊死などを防ぐために葉を落とすようです。低温にならない地域では、常緑樹が生え、また針葉樹は表面積を減らして温度低下を乗りきります。そして、落葉するなら光合成はしなくていいので、光合成色素であるクロロフィル(緑色)を分解し、残ったカロテンやキサントフィルなどの色素が葉を黄色にします。さらに植物は、葉を落とすための準備を始めます。 葉柄の付け根にコルク質の離層という組織がつくられ、物質の行き来はここで妨げられて、葉の中の物質は茎に移動できなくなり、光合成で生産された糖は葉に留まることになります。紅葉する葉では、この糖から赤い色素アントシアニンができて葉が赤くなり、やがて離層のところで切り離されて落葉します。寒さの中を生き抜く植物の工夫が紅葉なのです。
「サッカー大会」  平成24年10月14日(日)
 那須塩原市のあけぼの幼稚園では、大震災後、園庭の芝生の放射線量が基準値を超えていいましたが、この度、日本サッカー協会の支援を頂いて、芝の張り替えを行いました。本日、そのお祝いに、日本サッカー協会の最高顧問の川淵三郎キャプテン(75)が駆けつけてくれて、とても盛り上がりました。記念のゲーム(交流戦)や幼児サッカークリニックが栃木サッカー協会の指導のもと開催され、ひかり幼稚園と第二ひかり幼稚園の年中児と年長児が多数参加して、保護者も熱い声援をおくりながら、楽しく元気に過ごしました。
「運動会」  平成24年10月13日(土)
   本日、少し風がありましたが天気に恵まれて、予定通りひかり幼稚園の運動会を催行致しました。元気な顔で集まってくれて、予定時間に開式出来ました。この子も、全力で頑張った顔には、充実感と達成感がみなぎっています。風船飛ばしも青空に色とりどりの風船が泳いで、とても綺麗でした。最後に記念に贈った金メダルを、互いに誇らしげに見せ合い、満足感が満ちていました。子どもたちには、大きな自信と更なる意欲や向上心が育つことでしょう。たくさん褒めて認めてあげて下さい。また、PTAの役員各位には、早朝より会場の準備や駐車場の誘導、さらに運動会終了後の片づけまでお力添えを賜り感謝申し上げます。



「明日は運動会」  平成24年10月12日(金)
   明日は、ひかり幼稚園の運動会です。本日も明日の運動会に向けて、最後の練習に熱が入ります。午後からは、運営や準備に当たるPTAの理事の皆さんと、明日の運動会の進行や遊具の搬入設定の打合せを行い、園庭にグランドのラインをひいて、会場準備をしました。明日の天気も心配ないようですので、子どもたちが今夜ゆっくり休んで、明日元気に登園して、楽しい運動会となる様祈ります。また、毎年駐車場の確保に苦心しますが、今年はトライアルさんの屋上スペースを開放頂きました。とはいえ駐車スペースには限りがありますので、出来る限り乗り合わせでお出で下さる様ご協力お願い致します。


「なし」  平成24年10月11日(木)
     この時期、よく梨を頂きますが、日本の梨には「赤梨」と「青梨」があります。赤梨は「豊水」や「幸水」など果皮が茶色いもので、青梨は「二十世紀」のような果皮が緑色の梨です。どちらもシャリシャリした食感がありますが、あれはペントザンやリグニンという成分からできた石細胞によるものです。「かおり」は青梨に分類されます。また、赤梨は成熟すると果皮にザラザラの斑点が目立ちますが、これは水分を果実に閉じこめておくためのコルクの役割をしているとのことです。幼稚園の給食にも、梨は登場しますが、子どもたちも好んで食べています。
「同事協力」  平成24年10月10日(水)
   10月の徳目は、「同事協力(どうじきょうりょく)」です。「同事」とは、自分と相手を分けるのではなく、互いに認め尊重合う共生の生き方です。「一人でできないことも、二人ならできる。 二人でできないことも大勢ならできる。みんなで助け合うことによって大きな仕事ができることに気づかせよう。」、小さな子どもたちにもお互いに尊重し合い助け合うことの大切さ必要を理解してもらい、日々の暮らしの中で実践していって欲しいと願います。運動会の競技の中にも、みんなで協力し、互いの助け合いを必要とする種目がありすが、「同事協力」の大切さを子供たちにしっかりと伝えていきたいと思います。
「体育日和」  平成24年10月9日(火)
 今日は第二ひかり幼稚園は、運動会の振り替えでお休みです。ひかり幼稚園は、土曜日の運動会に向かって練習します。連休中も好天に恵まれましたが、本日も爽やかな秋空が広がり、絶好の「体育日和」となりました。青空の下、ひかり幼稚園のお友達は、朝から活発に身体を動かしています。年長児は入場行進の楽隊の練習に熱が入ります。年中児も年少児も、真剣に入場の練習に取り組んでいました。


「体育の日」  平成24年10月8日(月)
 今日は、国民の祝日「体育の日(たいいくのひ)」です。1964年東京オリンピックの開会式のあった10月10日を1966(昭和41)年に「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」事を趣旨として国民の祝日と定めました。2000(平成12)年からは「ハッピーマンデー制度」の適用で、10月の第2月曜日となりました。ところで、10月10日は「晴れの特異日」だそうで、調べてみると、10月10日が国民の祝日「体育の日」となった1966年から1999年までの34年間に東京地方で体育の日に1ミリ以上の雨が降ったのはわずか5回。ところが、体育の日が10月第2月曜日に変更となった2000年から2007年までの8年間に東京地方で体育の日に1ミリ以上の雨を6回観測しました。これを見る限り、「体育の日は晴天が多い」とは言えないようです。ともあれ、趣旨の通り「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」一日にしましょう。
「寒露」  平成24年10月7日(日)
  明日は二十四節気の「寒露(かんろ)」です。『暦便覧』に「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」と説明しているように、「露が寒冷にあって凝結しようとする」との意味で、冷気によって露が凍りそうになるころです。秋の深まりを思わせる命名で、北国ではカエデなどの紅葉で秋色が深まります。那須の山々では紅葉が進んみ見ごろになっているようです。連休中、紅葉狩りに出かける家族も多いことでしょう。朝夕はめっきり涼しくなりましたので、一枚羽織るものが欲しくなります。子どもたちの体調管理にも注意して行きたいと思います。
「運動会」  平成24年10月6日(土)
 天気に恵まれ、今日は予定通りに第二ひかり幼稚園の運動会を開催致しました。全力で頑張った顔には、充実感と満足感がみなぎっています。最後に胸に下げた金メダルを、互いに誇らしげに見せ合っていました。子どもたちの胸には、大きな自信と更なる意欲や向上心が育つことでしょう。たくさん褒めて認めてあげて下さい。また、PTAの役員各位には、早朝より会場の準備や駐車場の誘導、さらに運動会終了後の片づけまでお力添えを賜り感謝申し上げます。



「運動会準備」  平成24年10月5日(金)
 明日、第二ひかり幼稚園では運動会を催行致します。今日は、通常保育で、子どもたちには楽しく運動会を行う様、気分を盛り上げて過ごしました。午後からは、PTAの理事の皆さんと、明日の運動会の進行や道具の準備の打合せを行い、園庭にグランドのラインをひいて、万国旗の準備をします。明日の天気も心配ないようですので、子どもたちが今夜ゆっくり休んで、明日元気に登園して、楽しい運動会となる様祈ります。尚、駐車スペースには限りがありますので、乗り合わせでお出で下さる様ご協力お願い致します。

「イワシ」  平成24年10月4日(火)
  10月4日は、「1(い)0(わ)4(し)」の語呂合わせで、「イワシの日」です。 大阪湾では、イワシ類が大量に獲れることから、安くておいしいヘルシーフーズとして認識してもらうことが目的に、「大坂おさなか健康食品協議会」が1985(昭和60)年に制定しました。幼稚園では、多品目の食材を用いて給食を提供していますが、「イワシ」料理も給食にたびたび登場します。青魚の栄養は、心身の成長に有益な働きをしてくれます。子どもたちもイワシを始め、サバやサンマなどの青魚をよく食べてくれます。青魚も多種多様な食材も好き嫌いしないでたくさん食べて、元気に強く育ってくれることを願います。
「リズム活動」  平成24年10月3日(水)
 運動会で披露する「リズム」の練習に熱が入ります。子どもたちは、音楽に合わせて身体を動かすことが大好きで、年長児はもちろん、年中児、年少児もリズム活動には積極的、意欲的に取り組んでいます。年長児が踊っていると、年中児や年少児は食い入るように観て、まねをして踊っています。年中児や年少児が踊ると、年長児はグランドの外で一緒に踊っています。運動会では、子どもたちの快活で伸び伸びしたリズム活動を確認して頂けることでしょう。

「ススキ」  平成24年10月2日(日)
 10月になり、猛威をふるった暑さもすっかり去り、台風も過ぎて、秋の風情を感じます。秋の訪れを感じさせてくれるものに「ススキ」がありますが、此処彼処でススキの穂を見かけるようになりました。以前、ススキを育ててバイオエタノール燃料の材料にしようとしてる研究の話を聞きましたが、北海道の原野などにおける存在量(バイオマス)が大きく、川沿いに生えてるススキは、ほったらかしで肥料がなくても育ち、他の植物侵入を防ぐ力もあることが知られています。しかし、ススキに含まれるセルロースを、効率的に低コストでアルコールにする方法が必要ですが、デンプン・砂糖以外から効率的にアルコールを作る方法はまだ開発途上で、とても実用のレベルではないとのことです。早く、バイオエタノール燃料として実用化されればと願います。
「台風一過」  平成24年10月1日(月)
  台風第17号は、北北東へ毎時75kmで進んでいます。午後3時には根室市の東北東約260kmに達し、その後、温帯低気圧に変わり、明日には千島に達するとのこと。今日も台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は大しけに厳重な警戒が必要です。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。さて、第二ひかり幼稚園では、今週末(土曜日)に迫った運動会に向けて、子どもたちが元気に練習を行っています。ひかり幼稚園の子どもたちも、週明け大きく身体を動かして活発に活動しています。今日は、台風一過となり快晴で、絶好の運動会の練習日和となりました。



Copyright 2001-2012 hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE