HOME案内図リンク  
 
最新情報 保育の願い 四季の楽しい行事 ようちえんの1日 園長日記 園児募集 お知らせ 課外サークル 幼稚園のあゆみ ひかりlunch こどものようす
 
   



    │平成23年度園長日記4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度
 
「明日は運動会」  平成23年9月30日(金)
 明日、10月1日はひかり幼稚園の運動会です。今日はPTAの理事さんにもご協力頂き会場や遊具、そしてお土産の準備を行いました。さらに、運動会の運営のお手伝いをお願いしますので、競技の進行や遊具等の設定について説明を行い、明日の準備や点検をしました。準備は整い、残る問題は天候ですが、今のところ、天気は大丈夫そうです。しかし、晴れて暑くなるのも子どもたちの体力を考えるとNGですし、もちろん寒いのも困ります。ほど良く晴れて、爽やかな日になって欲しいと、身勝手に願います。

「栗拾い」  平成23年9月29日(木)
 毎年、この時期には知人の庭で栗拾いを楽しみます。楽しむといっても、ヤブ蚊が多くて、栗のイガが痛いので、収穫作業はそこそこ大変です。今年は昨年に比べて栗の出来が良くないようで、収穫量も栗の質も期待していた様には獲得できませんでしたが、拾い集めた栗が袋の中でずっしり重いことに、充実感・満足感がみなぎります。秋の味覚の代表でもありますので、味わって食したいと思います。近郊には、まだまだ山栗がたくさんあります。親子で栗拾いを楽しむのも楽しい実りの秋の経験となるでしょう。
「練習」  平成23年9月28日(水)
 今日も秋晴れの爽やかな一日となり、幼稚園では間もなく開催される運動会に向けて練習をしました。楽隊行進での入場、朝の挨拶、体操などを通して行いました。運動会当日に向かって、子どもたちも自信を持ち、それぞれ意識や期待も高まってきているように感じます。そして元気に身体を動かして、楽しみな給食です。今日の給食は、「菜飯、田舎汁、イカフライ、サラダ、チーズ」でした。イカフライは柔らかく、田舎汁は旬な野菜がたくさん入って美味しかったです。

「コスモス」  平成23年9月27日(火)
 今日、9月27日の誕生花は「コスモス」です。「コスモス」はキク科の一年草で、メキシコが原産だそうです。花の美しさから、ギリシャ語の「コスモス(美しい、飾るの意)」に由来した名がつきました。また、コスモスは花の形が桜に似ているので、和名は「秋桜」です。この時期には、幼稚園の周辺でもキレイに咲いている「コスモス」を見かけます。コスモスはとても強い花で、日当たりと排水がよければ、やせ地でもよく育ちます。そんなコスモスの花言葉は『乙女の真心』です。
「週末は運動会」  平成23年9月26日(月)
  ひかり幼稚園では、今週末の土曜日(10月1日)に運動会を催行します。先週は台風の影響で、運動会の準備活動が予定通りに行えませんでしたが、今週は来る運動会に向けて、楽隊行進や様々な競技の練習を行いたいと思います。天気が頼みの練習ですが、今週は天気も安定して、しっかり準備が出来ると思います。週末、好天に恵まれて、楽しい運動会になることを願います。第二ひかり幼稚園でも、来週末の10月8日(土)の運動会に向け、元気に活動しています。


「彼岸花」  平成23年9月25日(日)
  大田原市の周辺の田んぼの畦に「彼岸花」が咲いているのを見かけます。さすらいの詩人・種田山頭火は、『歩きつづける 彼岸花咲きつづける』(「草木塔」)と詠みました。あぜ道に咲く彼岸花を見ると、この句を思い出します。山頭火が、秋の頃その旅の途中、歩き続ける道の両側を一面彼岸花が彩っているのを見て詠んだ句です。「歩き続ける」で一度区切り、更にその先に彼岸花が咲き続いている様を思い浮かべて、再度読むと心が静まるでしょう。秋の一日、自分の足で彼岸花の咲く道を歩くのもいいものです。 『踏みわける 萩よすすきよ  この旅、果もない旅のつくつくぼうし  へうへうとして水を味ふ おちかかる月を観てゐるに一人  ひとりで蚊にくはれてゐる  投げだしてまだ陽のある脚  山の奥から繭負うて来た  笠にとんぼをとまらせてあるく  歩きつづける 彼岸花咲きつづける』
「うろこ雲」  平成23年9月24日(土)
 秋の青空は、高く高く感じます。晴れた日の秋空の抜けるような青空に、「うろこ雲」が浮かんでました。「うろこ雲」は空の高い所にできる『高積雲』の一種ですが、高い所にできるので空気が澄み切っている時でないとはっきりと見えません。 春や夏は日差しが強く、また地面の細かいチリやホコリ」が上昇気流に乗って舞い上がり、空気が濁ってしまって見えにくいのです。秋は空気が澄み、「うろこ雲」との間を遮る低い雲がなので、よく見ることができます。秋の澄みきった空のように、さわやかに過ごしましょう。
「秋分の日」  平成23年9月23日(金)
 本日は、「秋分の日」で、「祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ」趣旨の国民の祝日です。太陽が黄経180度の秋分点を通過する日で、真東から出て、真西に沈みます。よく「昼と夜の長さが同じになる。」といわれますが、実際は昼の方が長いそうです。また、秋の彼岸の「お中日」にもあたり、先祖の供養にお墓参りをされる家庭も多いことでしょう。
「台風一過」  平成23年9月22日(木)
台風一過となり、天気が好転しました。幼稚園の運動会はもうすぐです。その運動会の花は、年長児による楽隊行進です。開式に先立ち、楽隊行進で年長児が楽器を演奏しながら入場し、グランドを堂々と元気に行進します。年長児の楽隊行進に続いて、年中児や年少児が入場して運動会が始まります。年長児も運動会における「楽隊行進」の重要性を認識しており、練習にも熱が入ります。演奏も大切ですが、元気に力強く行進し、活気のある運動会となることを祈念します。

「台風」  平成23年9月21日(水)
 今日は台風の影響で、風雨が強く終日インドアの活動となります。さて、昨日20日から「秋の彼岸」に入りました。お彼岸は、春分・秋分を中日とする7日間で、中日(23日)を除く6日間は「六波羅蜜」という6つの行を1つづつ実践する日とされました。行を修めて、身を清めることで、彼岸の境地に近づこうとするものです。お彼岸は此岸(悩み・苦しみの岸)にいる自分が彼岸(悟りの岸)の境地へ近づこうというものです。ちなみに、春分と秋分は太陽が真西に沈むことから、もっとも彼岸に近づける日とされます。幼稚園では、彼岸のお話しを先生から聞いたりして、自己の修養を行います。
「新米」  平成23年9月20日(火)
 お米の収穫が最盛期を迎え、あちらこちらより、たくさんの新米を頂戴しました。今年は放射性物質の内在が心配されましたが、この周辺では稲から放射性物質が検出されず安全宣言が出されて、美味しい新米を安心して食せます。しかし、田植えをしたものの、残念ながら刈入れの出来ない農家が日本にあることを思うと、心よりお見舞い申し上げ、来年には安心して米作りに励める環境が取り戻せるよう祈念致します。さて、頂いた新米は水分が多いせいか、瑞々しく、香りも良く、何より苦心して作られたことも加わってとても美味しく頂きました。感謝感謝。
「敬老の日」  平成23年9月19日(月)
  今日は「敬老の日」です。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としていますが、現在は超高齢化社会に進んでいます。出生数が激減し、人口に占める老人の割合が増え続けています。この先不安は多くありますが、未来の日本を背負う子どもたちが、自然や社会に感謝の心を持ち、互いを尊重し敬意を持っていれば、心豊かな日本が存続できると思います。真の豊かさは、敬愛と感謝の「ありがとうの心」が生み出していくでしょう。
「ネコバス」  平成23年9月18日(日)
 過日、ひかり幼稚園のPTA理事会にて申し上げましたが、ひかり幼稚園のバス車庫が新装なったことを受けて、来年度(平成24年4月)より、「ネコバス」と「くまバス」をひかり幼稚園にトレードし、第二ひかり幼稚園では、1台のバスの新車入れ替え予定なので、来年度は「ネコバス」2号もしくは「パンダバス」、「ライオンバス」などから選定して年度末に1台購入します。年間のバスコースはローテーションを組んで、バス利用者がそれぞれのバスに乗車できるように配慮したいと考えています。更に、今後も子どもたちにとって「楽しみなバス」である様に、楽しいバスを暫時導入して参ります。ご期待下さい!!
「日焼け」  平成23年9月17日(土)
そろそろ暑さも終わるのでしょうか・・・。朝夕は長袖が丁度いいのですが、日中は半袖で過ごしたい陽気です。今週は園庭での活動が多く、帽子をかぶっていても、日焼けを避けられません。教職員は、皆真黒に日焼けしました。さて、今日から3連休、体力調整を図り、気力を充実させて休み明けからまた元気に活動しましょう。
「ススキ」  平成23年9月16日(金)
 真夏の様に暑い一週間でした。連日30℃を超えて、厳しい暑さが、これでもかと纏わり付いてきました。来週からは「暑さ寒さも彼岸まで」の「お彼岸」が始まります。天気予報でも、来週は気温も下がり、涼しくなるそうです。ところで、12日は「十五夜」でしたが、ススキの穂が此処彼処で見かけられるようになりました。ススキは「秋の七草」の一つで、広く日本中に分布しますが、ススキは古来より赤ん坊の御守りや悪夢や病気のお祓いに使用され、家の新築や開墾にもススキを立てました。中国貴州省ではイネの初植えにススキを挿して、害虫や冷害、干水害を防ぐお守りとしています。沖縄では「サン」とよぶススキの輪を悪霊や魔除けにしています。「十五夜」にススキを飾るのも、本来は病害虫や災害から農作物を守り、豊作を願う農耕儀礼の残存です。 玄関先にススキを飾るご家庭もありますが、ススキを飾って、家内安全を祈念するのも良いでしょう。
「老人の日」  平成23年9月15日(木)
 今日は「老人の日」で、一週間「老人週間」となります。そして9月19日には「敬老の日」です。国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを「敬老の日」の趣旨としていますが、この「敬老の日」は以前「老人の日」で、それ以前は「としよりの日」でした。この「としよりの日」を最初に制定し、独自に「祝日」と定めて「敬老会」を開いたのが、兵庫県の山間の農村・野間谷村(現・多可町)の若き村長(当時35才)でした。戦後、戦争で人心が荒廃し親を親とも思わない風潮が蔓延しているなどの理由から思い付き始まったそうです。「老人の日」並びに「敬老週間」、「敬老の日」は、祝日法の趣旨に沿って「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日々に務めたいものです。
「残暑」  平成23年9月14日(水)
 9月も中旬になりましたが、今日も気温が高く、プールに飛び込みたい陽気です。朝夕はめっきり秋めいて涼しいのですが、今週は月曜日から日中の気温は連日30℃を超えて、ジッとしていても額に汗がにじみます。第二ひかり幼稚園の園庭でも、昨夕に運動会のグランド準備を行いました。運動会に向けての活動が本格的に始動し、屋外での活動が多くなってきます。子どもたちは、各自水筒を持参していて、適時に水分の補給や休憩をとったり、また教室では必要に応じて、給食時等に冷房をつけてクールダウンを図り、体力の調整や衛生面の管理を行っています。

「座禅」  平成23年9月13日(火)
 昨日は、第二ひかり幼稚園の年長児と座禅を行いました。先週はひかり幼稚園の年長児としっかり座禅に取り組みましたが、第二ひかり幼稚園の年長児のみんなとまだ少し暑さが残る中、心静かに修行しました。9月の徳目は「報恩感謝」で「ありがとう」です。昨日も「十五夜」で記しましたが、心に感謝の思いを持ち、「ありがとう」を言葉で伝えることが大切であることを子どもたちに話し、皆と一緒に大きな声で「ありがとう」を連呼しました。家庭でも、幼稚園でも、どこでも誰にでも感謝の心が伝えられるようになって欲しいと願います。
「十五夜」  平成23年9月12日(月)
 今夜は「十五夜」です。月にお供え物をして、お団子を食べるご家庭もあることでしょう。さて、「十五夜」は古代中国の月を鑑賞する習慣が日本に伝わったとされます。日本では、旧暦の8月15日に月を鑑賞するようになり、「十五夜」と呼ばれるようになりました。また、旧暦の9月13日には「十三夜」があり、地方によっては、「二十三夜」まであるようです。「十五夜」は秋に穀物の取入れ後、その新穀を神仏にお供えして感謝をしました。団子を供えるのは、新穀を粉にして丸くまるめてお供えしたという説と、里芋に見立てて丸い団子をお供えしたという説とあるようですが、収穫の感謝を月に供える「感謝の心」、「生かされ育まれてることへの感謝の念」はこれからも大切にしていきたいものです。
「ひかりFC家族会」  平成23年9月11日(日)
 ASフットサルパークにて、給食たよりの「家族会」を開催致し、年長児と年中児とその保護者、合計100名ほどが集まりました。お母さん同士のゲーム、お父さん同士のゲームをしたり、子どもたちも年中・年長がそれぞれゲームをしたりと、約2時間楽しく過ごしました。ASフットサルパークは、この度新設され、人工芝2面のコートで、今回も津守コーチのご厚意で無料で使わせて頂きました。コーチには、幼稚園の園庭で定期的にサッカーの指導を頂いていますが、素晴らしいコートが完成したことで、先日8日にも早速利用させて頂きましたが、今後幼稚園でもこちらに出向いてサッカーの指導を頂きたいと考えています。
「成長」  平成23年9月10日(土)
 来月早々に行われる運動会を前に、ひかり幼稚園では、園庭に小さなトラックを書いて、かけっこを楽しんだり、ホールでは跳び箱を飛んだり、花組の子どもたちはリズム活動を楽しんでいます。身体も成長し、筋力も付いてきました。大地を強く蹴って、腕を大きく振って、少しでも速く走ること、少しづつ高い跳び箱にトライしたり、曲に合わせて踊ることの楽しさを実感しているようです。子どもたちの成長は、日進月歩です。見ていて楽しくなります。
「白露」  平成23年9月9日(金)
 9月8日は「白露(はくろ)」でした。大気が冷えてきて、露ができ始めるころです。『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」と説明していて、露が凝って白く見えるという意味で、昔はこのような現象がみられるのは秋の陰気が夏の陽気に交わる時節とみたようです。夏から秋への季節の交替時に「白露」を目印としました。那須連山をはるかに望むと、いつの間にか秋色に変っていました。里の季節も夏から、すでに秋に移行しているようです。
「時に残月、光冷ややかに、白露は地に滋く」〈中島敦・山月記〉
       
「運動会練習」  平成23年9月8日(木)
 ひかり幼稚園では、今週の火曜日に運動会のグランドをお寺の境内に設定しました。昨日から、広いグランドで体育活動を開始し、今日も秋晴れに恵まれて、子どもたちは元気に活動を展開しました。気温は少し高いものの、吹く風はさわやかで、木陰は涼しく、身体を動かすには適した陽気です。ずっと好天が続いて、子どもたちの活動が活発に行われ、楽しい運動会になることを祈念します。第二ひかり幼稚園でも、昨日プールを撤収し、園庭が広くなりました。ひかり幼稚園の運動会は10月1日(土)、第二ひかり幼稚園の運動会は10月8日(土)です。

「稲刈り」  平成23年9月7日(水)
 9月になり、稲刈りが始まっています。この時期は早稲の収穫でしょうか、頭を垂れ、たわわに実った稲穂をテキパキと機械で刈り取っていました。今年は原発の事故があり、放射性物質が稲の中に含まれているか否かで、大いに心配されるところですが、大田原市の農地は安全基準を十分満たしているので、一応安心しています。しかし、数値の高い東北地方などでは大変な思いをされていることでしょう。米は、日本人の主食ですのでから安全なものであって欲しいと思いますし、仮に危険なものであれば、、その情報を正確に速やかに発表し、国や県が全力で善処して欲しいと思います。幼稚園では、これまで以上に食の安全について十分に精査し、安全を確認してから給食に用いていきたいと考えています。
「感謝」  平成23年9月6日(火)
 実りの秋を迎えます。園庭では毎朝全員で体操を行っています。みんなと一緒にすることで、互いの存在に気付き、切磋琢磨したり、協力すること認め合う心が育つでしょう。今月9月の保育徳目は「報恩感謝」です。子どもたちに「ありがとう」の心を育て、「ありがとう」と素直に言える人に育つことを願います。感謝の心が子どもたち 一人ひとりの中で育ち、素直な気持ちで 「ありがとう」といえる子どもに育ってほしいものです。 また、実りの秋を迎え自然との触れ合いの中で、多くの人たちがお互いに助け合い、支え合って生きていることにも気付いてほしいと思っています。自然の恩恵にあずかって生きていること、そのご縁を喜び尊ぶ心〔恩〕を受け止め、年齢相応に感じ取らせたいと思います。
「座禅」  平成23年9月5日(月)
大型の台風12号の余波なのでしょうか、天気がすっきりしません。さて、今日はひかり幼稚園の年長児と、午前中座禅を修行しました。夏休みが終わり一週間が経ち、保育活動も安定してきました。これから「動」の活動が多くなる時期ですが、今日は落ち着いてしっかりと座禅を行い、穏やかな「静」の活動を行い、身体も呼吸もそして心を整えます。限られた時間でしたが、みんなしっかりと座っていました。第二ひかり幼稚園の年長児は、来週の月曜日に行います。
「赤とんぼ」  平成23年9月4日(日)
朝夕がめっきり涼しくなり、赤とんぼが飛び交う様子が目に付きます。さて、「赤とんぼ(あかとんぼ)」は、体色の赤いトンボの総称で、一般には、秋に平地に群を成して出現する「アキアカネ」を指します。しかし、「アカネ」といっても、赤くない種類もあるそうで、世界でおよそ50種が記載されていて、日本では21種類が記録されているそうです。赤とんぼが夕空を飛び交う様は、秋の訪れを実感させます。
「農地・放射能」  平成23年9月3日(土)
これから農作物がたくさん収穫される実りの秋を迎えます。4月8日に測定された大田原市の農地の土壌放射性セシウム量は、746Bq/kgでした。測定は、地表から15 cmまでの表層土中の放射性セシウム量(Cs-134とCs-137の合計)を土の乾燥重量1 kgあたりで表示しています。イネの作付け制限基準5000 Bq/kg以下からは、かなり低い値なので、大田原市で収穫された米や農作物は安全と思われます。8月29日に測定された稲からも放射性セシウムは検出されず安心しました。幼稚園でも農作物を育てていますが、これまで栽培された作物は測定された土壌の数値から十分に安全と判断しています。
「親子教室」  平成23年9月2日(金)
大型で強い台風12号が、日本の南海上をゆっくりと北西へ進んでいます。気象庁は、土砂災害や浸水、河川の氾濫などに警戒を呼びかけていて、関東地方では、局地的に雷を伴った激しい雨が降る見込みとのこと。要注意です。そんな中ですが、昨日と今日は、幼稚園では「親子教室(プレスクール)」を開催しています。就園前の子どもたちと保護者の方たちとで、楽しく遊び、一緒におやつを頂きます。毎月4、5回開催していますので、気軽にご参加ください。詳しくは幼稚園までお問い合わせください。
「9月」  平成23年9月1日(木)
 今日から9月、台風が近づき天気は下り坂ですが、それでも気温は高くて蒸し暑く、夏の名残りがあります。職員室では、楽しかったプール遊びもそろそろ終わり、来週のプール撤収の話(第二ひかり幼稚園)と、10月の運動会活動が視野に入ってきました。ひかり幼稚園では来週早々にグランド整備を行います。9月には、3連休が2回有るので、10月初旬の運動会の用意や準備を、怠りの無い様少し早めに取り掛かりたいと思います。夏休み明け、園庭に総合遊具が新設されて、遊具や園庭で活発に遊ぶ子供たちの様子が見られ、元気に身体をいっぱい使って取り組む中に楽しさを感じているようです。この流れを大切に、意欲を高めて運動会活動につなげて参ります。
 
 



ひかり幼稚園
第二ひかり幼稚園
〒324-0051 栃木県大田原市山の手2-11-13
〒329-2713 栃木県那須塩原市緑 1-8
TEL : 0287-23-5533  FAX : 0287-23-5534
TEL : 0287-36-5311  FAX : 0287-36-5319