HOME案内図リンク  
 
最新情報 保育の願い 四季の楽しい行事 ようちえんの1日 園長日記 園児募集 お知らせ 課外サークル 幼稚園のあゆみ ひかりlunch こどものようす
 
   



  │平成23年度園長日記4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度
 
「農作物」  平成23年7月31日(日)
  明日からは8月です。夏休みに入ってもう10日が過ぎました。さて、年長児(月組)がクラスごとに栽培している農作物ですが、休み中も職員が農園を管理し、作物は順調に育っています。職員は休み期間も交代で出勤していて、水やりや除草などを適時に行い、休み明けに子どもたちが登園してきてもガッカリしない様に努めています。年中児が植えた花壇のひまわりもしっかり育っています。
「車庫工事」  平成23年7月30日(土)
  ひかり幼稚園のバスの車庫を工事しています。大震災で、大きく揺れた為、シャッターの開口に不具合が生じ、4月以降は開閉が不便でしたので、この夏休み中にシャッター5枚(バス4台、軽トラック1台)全ての交換、加えて、屋根を1メートル高くし、屋根を張り替え、更には2メートルほど車庫を前に広げて車庫を大きく作り変えます。工期は8月いっぱいで、その間バスは第二ひかり幼稚園の駐車場に保管します。今回の改修工事で車庫が大きくなり、今後、第二ひかり幼稚園で使用しているネコバスやクマバスの様な改造バスも保管できる様になります。子どもたちや保護者の意見や要望に傾聴し、順次たのしくワクワクするようなバスの導入を考えて参りますので、ご期待下さい。
「ひかり会」  平成23年7月29日(金)
  今日はひかり幼稚園で、この春に卒園した小学1年生を幼稚園に招いての「ひかり会」です。開会式後、バスで「なかがわ水遊園」出かけ、魚を観て、工芸館で製作活動を楽しみ、幼稚園に戻って給食です。小学生になって4カ月、小学校の給食の味に慣れてきたようですが、幼稚園の給食を懐かしみ美味しそうに沢山食べてくれました。今日の献立は、「揚げパン、ウインナー、ミートボール、フライドポテト、野菜サラダ、小夏ゼリー、etc」で、子どもたちが大好きだったメニューを用意しました。午後のおやつは、元PTA会長の菊地邦彦さんが「かき氷」を作って下さいました。また、園庭に新設している総合遊具にも関心があり、興味深く工事の様子を覗きこんで観ていました。楽しい「ひかり会」は、あっという間に閉会しましたが、今日の思い出は楽しい夏休みの思い出として残ることでしょう。


「ひかり会」  平成23年7月28日(木)
  第二ひかり幼稚園では、今年の春に卒園した小学1年生を幼稚園に招いて、「ひかり会」を開催しました。3月以来、久しぶりに会う子どもたちもいて、4カ月の間に大きく成長したことに驚きます。子どもたちの成長は、日進月歩です。今日の子どもたちは、昨日の子どもたちではなく、明日の子どもたちは、今日の子どもたちでないことを実感します。でも、幼稚園に戻ると、幼稚園時代の思いでと重なり、成長していても、可愛い子どもたちです。今日は、「ふれあいの丘」の天文館に行って、プラネタリウムや天体望遠鏡を見学し、幼稚園の戻って給食を食べ、ネームプレートの製作活動やゲームを楽しんで久しぶりに再会した同窓生と楽しく過ごしました。


「遊具工事」  平成23年7月27日(水)
  園庭では、順調に遊具の設置工事が進んでいます。ひかり幼稚園の園庭中心の桜の木の周りに設置する遊具の土台・基礎工事が整い、続いて遊具の組み立てが進行しています。更に滑り台や橋、スロープを取り付けます。8月の上旬には完成するようです。引き続き第二ひかり幼稚園の遊具設置となり、こちらもお盆休みを挟んで、8月の中旬には完了するでしょう。その後、安全フェンスを解体し工事終了です。ネットフェンスなので、工事の進み具合も観ることが出来て、休み中登園している子どもたちも期待感を持って見つめています。
「職員研修会」  平成23年7月26日(火)
 県下2000名以上の幼稚園教職員が宇都宮に集まり、研修会を今日と明日の2日間に渡って行います。今日は全体研修で、宇都宮市文化会館大ホールにて講演や研修を受けました。同時に別会場(二荒山会館)では、スクールバス運転手の「安全運転研修会」も開催され、私は「スクールバス安全運転研修会」の担当で、運転手さんの受付や会場案内のお手伝いを行いました。明日、教職員は各分科会、各施設会場に分かれて終日研修会を行います。
「施設環境点検」  平成23年7月25日(月)
  本日は全職員で、4月からの保育内容や施設環境の点検を行い、それぞれのクラスでの活動や、学年ごとの運営について分析・反省を行い、夏休み明けの保育に活かす様話し合いをしました。4月からの今学期は新しい環境下で、信頼や安定を最も大切にし、その中で一人ひとりが意欲的に活動出来るよう個々に自信を持たせることを重視しました。夏休み以後は、積極的、自発的に活動に取り組めるよう一層支援していきたいと思います。夏休み明けには、幼稚園の園庭に新しく総合遊具が設置され、子どもたちの体育機能の発達や意欲の育ちに効果が期待出来ます。夏休み中、しっかり施設環境や人的環境を整えていきます。

「護摩」  平成23年7月24日(日)
昨日に続き、本日も地蔵尊夏祭りです。夕方、5時半より境内で盆踊りを踊って、その後提灯行列を行い、お寺に戻ってからご祈願を致しました。地蔵堂でのご祈願は「護摩(ごま)」を焚いて、それぞれの願いが成就する様に祈祷しますが、「護摩」は原語で「ホーマー」と言い、「わざわいや元を焼きつくしてくれる炎」のことです。それぞれが抱えている禍の種を、護摩の炎が燃やし尽くして下さいます。ご祈願を受け、子どもたちもご家族皆様が幸せで安寧な日々が過ごせるようご祈願致します。

「大暑」  平成23年7月23日(土)
 今日は「大暑(たいしょ)」です。梅雨が明けて、快晴が続き、気温がどんどん上がり続けるころ『暦便覧』には「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」と記されていて、暑くて暑くて、うだる様な暑さが襲ってくる頃です。今夜は、光真寺地蔵尊「夏祭り」。夕方の5時半よりお寺の境内で盆踊りを踊り、その後世界平和を祈念して市内を提灯行列、地蔵堂に戻って、地蔵堂で護摩の炎に災いの種を焼き尽くしてもらい子どもたちの身体健全・無病息災・交通安全、ご家族の家内安全を祈願します。
「個人面談」  平成23年7月22日(金)
  夏休みに入り,、今日は「個人面談」で、幼稚園の様子を保護者の方と話し合います。幼稚園で不明なことや心配なことなど、担任とよく話し合って、子どもの様子を承知し、子どもにとって最もよい支援を考えて参ります。また、夏休み中でも幼稚園には交代で職員が出勤していますので、何かありましたら遠慮なくご連絡願います。
「母念」  平成23年7月21日(木)
  第二ひかり幼稚園の園庭に、坂村真民先生の石碑「母念(ぼねん)」があります。この「念」は、真民先生のお母さんがずっと念じていた「念ずれば 花ひらく」同様、心に深く思い、日常心がけていく中に花が咲き、実を結ぶという教えです。思い描くだけでは物事は成就しません。心がけが大切です。心がけていく中に、花が咲くのでしょう。園庭に総合遊具を設置するにあたり、この石碑を移転します。一時、体育館前に仮設置し、正面玄関に花壇の改修と併せて設置いたします。
「おとまり会」  平成23年7月20日(水)
 台風の影響で、当初の予定が変更されましたが、それでも楽しみな「おとまり会」です。お昼過ぎに開会式を行い、諸注意をお話し、バスに乗って「なかがわ水遊園」に出かけ、たくさんの魚や水辺の生物を観たり触れたりして楽しくすごし、その後温泉に入りました。幼稚園に戻って一休み、夕食をみんなと一緒にお腹いっぱい頂きました。台風の影響で、キャンプファイヤーは中止。ホールでゲームや歌を楽しんで、その後はお着替えをして就寝です。淋しさや不安もあるけど、みんな一緒なので、頑張りました。お泊り出来たことで、大きな自信を持ったことでしょう。帰宅後は、たくさん褒めて上げてください。


「終業」  平成23年7月19日(火)
 明日からは夏休みです。今日は終業に当たり、夏休み中の安全についてお話ししました。毎年報道される水の事故や交通事故、けがや病気などで楽しい夏休みを台無しにしない様注意して欲しいものです。お約束を守って、元気に快活に夏休みを過ごして下さい。また、今日明日は、ひかり幼稚園の年長児は「おとまり会」です。親元を離れて不安もあるでしょうが、お友達や先生も一緒です。楽しく過ごして、楽しい思い出を作りましょう。そして、お泊り出来た自信は、これからの成長の意欲になることでしょう。

「花壇」  平成23年7月18日(月)
 第二ひかり幼稚園の入口には、花壇があって、いつもキレイに手入れがされていて、季節ごとに花々が咲いています。主任の伴先生が毎日、花壇の手入れを怠らないお陰です。緑の淋しい季節にも、自宅から草花を運び植えてくれ、子どもたちが出入りする花壇に心を傾け管理してくれています。夏の暑い日には、水やりをし、雑草が生えればこまめに抜き取っています。
ありがとうございます。
「アサガオ」  平成23年7月17日(日)
 ひかり幼稚園の年長児が種蒔きから育ててきたアサガオが順調に育っています。19日は終業で、引き続き「おとまり会」、20日に「おとまり会」が終わった朝に各自のプランターを持ち帰って、自宅で観察栽培します。一人ひとり記名したプランターに、責任を持って、熱い日差しの中水やりをして育ててきたアサガオです。自宅でもよく観察し、しっかり管理して家族の皆さんと、苦労して咲かせた花を楽しんで下さい。そして、夏休みが終わると、またプランターごと幼稚園に持ち帰り、種を摂取します。その種は、来年度の年長児に引き継がれ、また来年もアサガオの栽培を行っていきます。

「3連休」  平成23年7月16日(土)
 今日から3連休で、幼稚園はお休みですが、子どもたちが花壇に植えた向日葵(ひまわり)の様子を見に来ました。5月に種を蒔けば、今頃花を咲かせたのでしょうが、8月下旬に登園してきた時に花が見られるようにと、6月の下旬に種を蒔きました。夏休みを前に、少しづつですが大きく育ってきて、葉も大きく、茎もしっかりしてきました。夏休み中に、更に大きく成長し、キレイな花を見せて欲しいものです。

「中元」  平成23年7月15日(金)
 今日、7月15日は「中元」です。一年の半分を過ぎ、健康で安泰な生活の無事を祝い、祖先の霊を供養する日です。元々、「中元」とは、正月15日の「上元」、7月15日を「中元」、10月15日の「下元」をあわせて「三元」とする中国の習慣が伝わったもので、日本では「盂蘭盆会」と日が重なったことから、「祖先の霊を供養し、両親に食べ物を送る」ようになりました。そして、この習慣が、目上の人、お世話になった人等に贈り物をする「お中元」に変化しました。物品を贈ることが中元の本義ではありません。「中元」に当たり、日頃の「感謝」の思いを言葉や態度で贈り、安寧な生活を祈念したいと思います。
「クールダウン」  平成23年7月14日(木)
 連日の猛暑!これだけ暑いと、子どもたちの食欲も落ちてきます。給食の食べ込みが良くないとの報告を受け、積極的にエアコンの使用を断行します。7月になり、電力消費を控えるべく、全ての保育室に扇風機を設置致しましたが、この猛暑での扇風機の機能は限界です。今は電気消費の削減よりも、子どもたちの健康が最優先ですので、必要に応じて冷房を用いて参ります。特に給食時には、教室の温度を下げて、身体も心もクールダウンさせて食事に向かわせたいと思います。
「園庭工事」  平成23年7月13日(水)
 古い園庭の総合遊具が撤去され、新しい総合遊具の設置位置を決めています。ひかり幼稚園では、園庭の中央にある桜の木のそばに設置致します。夏は大きな桜の木が強い日差しを遮ってくれ、木陰で楽しく遊べるようになるでしょう。第二ひかり幼稚園には、以前の遊具の後に更に大きな規模で設置されます。大きく多種多目的な活動が行える遊具です。広いメリットを活かし、長さや高さもより大きく設計されていて、子どもたちの発達に伴い、意欲的な活動がダイナミックに展開出来るでしょう。設置位置が決まれば、基礎工事が始まり、次々と工事が進行するでしょう。両園とも、工事現場は可視ネットですので、中の様子が見れて、完成の期待も高まります。
「猛暑」  平成23年7月12日(火)
 梅雨明けと共に、猛暑がやってきました。連日35度を超えて、厳しい夏の日差しが身体を焦がします。ジッとしていても、汗がにじみ、汗を拭うには、タオルが必需となりました。幼稚園では、炎天下の中、今日も子どもたちがプールで元気に遊んでいます。屋外にいる時間に配慮しながらも、夏は元気いっぱい水遊びを楽しんで欲しいと思います。元気に遊んだ後は、教室で美味しく給食を食べて、大きく元気に育ってください。

「おいしい」  平成23年7月11日(月)
 「おいしい」とは、「味が好い、うまい」という意味ですが、「すばらしい、よろしい」という意味の古語で「美し=いし、うまし」という言葉が語源です。「いしくもおのおの申したり」(すばらしい、よくぞ言った) と、ほめ言葉でよく使われていたようです。それを食べ物にあてはめるときに女性語としての「お」がついて、「おいし」「おいしい」というようになりました。辞書には「女性だけが使う言葉」と載っていました。幼稚園の給食は本当に「いし、うまし」で、おいしいです。今日も子どもたちのために、調理士の先生が、まごころを込めて「おいしい」給食を準備してくれています。今日の献立は、ハンバーグでした。サクランボがデザートに付きます。
「旧遊具解体」  平成23年7月10日(日)
 園庭には、新しい総合遊具の設置工事のため、養生フェンスが張られ、その中でこれまで使用してきた総合遊具の解体撤去が進んでいます。長い間子どもたちを楽しませてくれた遊具が無くなることに一抹の淋しさを覚えますが、新しい遊具が設置される期待も膨らみます。設置の際には、相当の時間や労力を要した遊具も、あっという間に解体され、運搬用のトラックに次々と乗せられていきました。これから新設遊具の基礎工事が始まり、その上に遊具が組み立てられます。両園とも、同時に進行しますが、ひかり幼稚園は8月の上旬に、第二ひかり幼稚園はお盆休みを挟んで、20日ごろに設置工事は完了、完成するでしょう。
「サッカー大会」  平成23年7月9日(土)
  黒磯河川敷運動公園(那須塩原市)にて那須キッズサッカー交流会が開催され、応援に出掛けました。午前9時30分より試合が開始され、年中児は1チーム、年長児はひかり幼稚園と第二ひかり幼稚園で2チームの参戦でした。恒例の交流会で、この時期の子どもたちの成長の成果が試されるゲームです。35度を超える真夏日で、とても蒸し暑い日でしたが、子どもたちは元気にピッチを走りまわっていました。集中力や持続力が確かに育っていることを嬉しく思いました。試合を経験することで、チームワークが強まり、各自のなすべきことの自覚が育つでしょう。今後の精進・活躍を期待します。
「プール」  平成23年7月8日(金)
  今年も昨年同様に猛暑になるのでしょうか。昨日は、二十四節気の「小暑(しょうしょ)」で、『暦便覧』に「大暑来れる前なればなり」と記されている様に、いよいよ暑さが本格的になる「大暑(たいしょ)」に至り暑さが更に厳しくなる頃です。益々暑さは厳しく、セミの声が聞こえ始め、立秋までの間は「暑中」となり、幼稚園ではプールが一番の楽しみです。放射線量も低下してきましたが、十分に用心して、子どもたち活動が消極的にならないよう支援していきたいと思います。
「七夕」  平成23年7月7日(木)
  7日は「七夕」、幼稚園では短冊に願い事を書いて、笹飾りに吊るしました。一人ひとりそれぞれの願い事を記した短冊が風に揺れています。今夜は星空が見えると良いですが、少し心配です。子どもたちの願いが天に届き叶えられる様願います。また、今日は7月生れの子どもたちの「誕生会」を保護者の方を招いて開催いたし、たくさんの来園を頂きました。園庭で踊ったり、教室では楽しく遊んだり、ゲームをしたり、歌を歌って過ごし、一緒に給食を召し上がっていただきました。

「園庭工事」  平成23年7月6日(水)
   以前にご案内の通り、園庭の総合遊具を取り替えます。工事のため、園庭に柵を施工し、安全を確保してから工事にかかります。しばらく園庭が制限されますが、夏休み明けからは新しい総合遊具が設置され、元通り広い園庭に戻ります。また、今月中に現在の遊具を撤去し、園庭の表土を除去します。現在の園庭の放射線量の値は、1時間当たり0.3マイクロシーベルトを下回っています。(ひかり幼稚園0・28、第二ひかり幼稚園0・21) 幼稚園が安全で、安心安定につなげるよう表土除去を実施し、さらに線量を減らしたいと思います。さて、明日は七夕、子どもたちが安全な環境で、健やかに康らかに成長できることを祈念します。
「竹採り」  平成23年7月5日(火)
  本日は、PTAの理事会を開催し、夏休み明けまでの行事の計画と、秋の予定についてPTAの理事さんたちと話し合いました。午後バスが上がってからは、七夕の準備で竹を採りに出かけました。私のお寺(全超寺)の本堂裏手にはたくさんの竹が茂っていて、七夕飾りに適した竹を選んで幼稚園に運び、乾かないようにブルーシートで覆いました。明日は、一人ひとりがそれぞれの願いを記した短冊を吊るし、笹飾りをしたいと思います。7日には、7月生れのお友達の誕生会も開催します。誕生会の特別メニューも用意され、楽しい一日になるでしょう。
「短冊」  平成23年7月4日(月)
 七夕に「短冊(たんざく)」を飾るのは、日本だけ の風習 のようです。その短冊ですが、昔 は7月7日の早朝に朝 露を集めて墨をおろし 、願い事を書く風習 が ありました。それが、江戸時代になると竹(笹) に短冊を飾るようにな ったそうです。  短冊に付いては、諸説 ありますが、「竹がいつの日か天に届 くから、雲に見立てた」とか、「竹自体を天に昇 る龍であるとして、そ のウロコに見立てた」などと説があります。幼稚園でも七夕飾りは行いますが、各ご家庭でも「短冊」に願いを記して竹に飾ってみましょう。
「七夕物語」  平成23年7月3日(日)
   もうすぐ七夕(たなばた)、幼稚園では、七夕の飾りを製作しました。七夕(たなばた)とは、元来、旧暦の7月7日に行う星祭りで、現在では新暦の7月7日や、月遅れの8月7日に行なわれています。通常知られている七夕の話は「織姫」と「彦星」が…と、いう中国から伝来した話ですが、日本オリジナルの七夕の話があります。日本には、中国の七夕伝説が伝わるまえから、棚機つ女(たなばたつめ)の乙棚機(おとたなばた)の信仰があり、それが牽牛と織女の伝 説と一緒になって現在伝わっている物語になりました。そのため日本では元の呼び方が残っているの で、七夕=棚機=たなばたと呼びます。参考までに、日本の七夕伝説を案内しますので、参考になさって下さい。
日本の七夕伝説・犬飼七夕http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/07/07.htm
七夕の始まり http://hukumusume.com/douwa/pc/minwa/07/07.htm
「日除け」  平成23年7月2日(土)
  第二ひかり幼稚園の預かり保育室(ウサギ組)の南側の窓に、ヨシヅの日除けを付けました。今年の夏も暑いとのこと、保育室には、冷房設備が装備されていますが、少しでもエコになる様にと思います。それぞれのご家庭でも、これから日差しが更に強まるので、アサガオやゴーヤのグリーンカーテンを設置したり、ヨシヅやすだれを下げているのを見かけます。工夫をして、暑い夏をエコで、快適に乗り切りたいものです。
「7月」  平成23年7月1日(金)
      今日から「7月」です。一年の半分が過ぎ、これから後半です。3月の大震災以後、その復旧に追われた上半期の日々でしたが、後半は復旧から復興に、さらなる成長飛躍に向かいたいものです。さて、この時期、梅雨空には紫陽花がに合います。年中児は摘んできた紫陽花を観察して、ちぎり絵を制作しました。子どもたちも健やかに成長し、身体も心も知能も大きく育っています。幼稚園では、今月園庭に総合遊具の設置工事を行い、夏休み中の完成を目指します。一層の物的環境の整備、人的環境の整備充実に努め、子どもの成長を支援していきたいと思います。
 
 



ひかり幼稚園
第二ひかり幼稚園
〒324-0051 栃木県大田原市山の手2-11-13
〒329-2713 栃木県那須塩原市緑 1-8
TEL : 0287-23-5533  FAX : 0287-23-5534
TEL : 0287-36-5311  FAX : 0287-36-5319