最新情報 保育の願い 四季の楽しい行事 ようちえんの1日 園長日記 園児募集 お知らせ 課外サークル 幼稚園のあゆみ ひかりlunch こどものようす
 



平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度
平成22年度4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
「リハーサル」  平成22年9月30日(木)
 月曜日、火曜日と連日雨で、運動会の練習もインドアでしたが、昨日は雲一つない晴天下、グランドで元気に練習できました。第二ひかり幼稚園では、10月2日に迫った運動会を前に、リハーサルを行いました。PTAの役員さんも参加して、流れや進行時間を計りながら、体育器具などの出し入れも当日を想定して行いました。昼食をはさみな、午後も点検し、準備を深めました。貴重な一日を園行事の準備のために費やして頂き、感謝申し上げます。当日もよろしくお願い致します。

「招き猫」  平成22年9月29日(水)
  今日、9月29日は、「くる(9)ふ(2)く(9)」(来る福)の語呂合わせから、日本招き猫倶楽部と愛知県瀬戸観光協会が記念日に制定した、「招き猫の日」です。この日を中心に、伊勢の「おかげ横丁」の『福招き猫祭』をはじめ、日本各地で記念行事などが開催されます。ネコの手が、右手上げならば「金運招来」、左上げならば「千客万来」といわれています。乗用車でも「29」の付くナンバーを見かけます。誰でも「福」は歓迎ですから。幼稚園はもうすぐ運動会、子供たちにも、皆さんどなたにも「福が来て」大きく成長するよう祈念します。
「雨休み」  平成22年9月28日(火)
  昨日から、一日中雨模様で、運動会の練習もグランドでは出来ず、体育館や教室で跳び箱や鉄棒、リズムなどの練習を行いました。でも、それなりに屋内で充実した丁寧な練習ができました。明日から天気も回復するとのこと、園庭に出て元気に走ったり跳んだりできそうです。また、明日は第二ひかり幼稚園運動会の総合リハーサルです。運動会当日の流れの確認や時間の計測、体操器具の出し入れなど、本番を想定して、PTAの役員さんも交えて行います。当日(10月2日)の天気は大丈夫そうです。10月9日は、ひかり幼稚園の運動会ですが、晴天の下で、運動会が開催できるよう祈ります。
「ダイコン」  平成22年9月27日(月)
 幼稚園はもうじき運動会ですが、第二ひかり幼稚園の農園では、過日蒔いたダイコンの種が双葉の葉を出して、元気にしっかりと、そして確実に成長しています。今週、運動会が終わったら、ダイコンの育ち具合を見ながら間引きして、元気な苗を大きく育てていきます。子どもたちも、確かに大きく強く成長しています。運動会では、子供たちの成長を感じられることでしょう。楽しみにして、ご来園下さい。
大根の二葉うれし秋の風 (小林一茶)
「彼岸花」  平成22年9月26日(日)
  田んぼの畦に「彼岸花」が咲いています。秋のお彼岸も今日までです。さて、種田山頭火が書き集めた句集「草木塔」の中の一句に、「歩きつづける 彼岸花咲きつづける」とあって、あぜ道に咲く彼岸花を見ると、この句を思い出します。山頭火は、出家をし、旅をさすらい、その旅の途中で折しも秋の頃、歩き続ける道の両側が、一面彼岸花で彩られている様を詠んだ句です。「歩き続ける」で一度区切り、更にその先に彼岸花が咲き続いている様を思い浮かべ読むと心が静まります。車でなく、自分の足で彼岸花の咲く道を歩くと、いいですよ。ご家族で、子供と一緒に歩いてみましょう。
  (踏みわける萩よすすきよ  この旅、果もない旅のつくつくぼうし  へうへうとして水を味ふ おちかかる月を観てゐるに一人  ひとりで蚊にくはれてゐる  投げだしてまだ陽のある脚  山の奥から繭負うて来た  笠にとんぼをとまらせてあるく  歩きつづける彼岸花咲きつづける)
「楽隊練習」  平成22年9月25日(土)
 ひかり幼稚園では、10月9日(土)に運動会を開催しますが、それぞれの練習にも気合が入り、先生も園児も真剣に熱く取り組んでいます。特に、楽隊の入場行進は、子供たちにとってもオープニングの大きな活動なので、熱の入れようが違います。昨日は、年長クラス(月組)が初めて楽器を持ってグランドを行進しましたが、初めての行進とは思えないほど立派に堂々と出来ました。日を追うごとに上手になっていくことでしょう。子どもたちの真摯な取り組みで、グランドは緊張感と期待に満ちています。
「萩(はぎ)」  平成22年9月24日(金)
 今日、9月24日の誕生花は「萩」です。「萩」は、 マメ科ハギ属の小低木の総称で、秋の七草の一つです。 「はぎ」にはいろいろな種類がありますが、単にはぎといえば「やまはぎ」です。 日本各地に自生しています。庭園で見かける「みやぎのはぎ」は別種です。歌に鹿や雁と取り合わせて詠まれ、異称も多く、鹿鳴草(しかなくさ)・鹿の花妻・風聞草(かぜききぐさ)・月見草・庭見草などがあります。花言葉は「想い」だそうです。
「一つ家に 遊女も寝たり 萩と月」(松尾芭蕉)
「秋分の日」  平成22年9月23日(木)
 今日9月23日は、「国民の祝日」の一つで昼夜の長さがほぼ等しい日です。これから日が一番短い冬至に向けて、毎日1分5秒づつ日が短くなり、そしてまた毎日1分5秒ずつ日が長くなって、昼夜の長さがほぼ等しい春分になります。ちなみにこの日は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」とされています。また一年が正確には「365.2421904日」であるために、秋分の日はその年によって変化します。 今後の秋分の日の予定は、2011年 9/23(金) 2012年 9/22(土)  2013年 9/23(月) 2014年 9/23(火)  2015年 9/23(水) 2016年 9/22(木)  2017年 9/23(土)です。
「仲秋の名月」  平成22年9月22日(水)
 今日9月22日は、十五夜(旧暦8月15日)です。「仲秋の名月」が眺められるといいですね。ところで、「仲秋」の「仲」とは「季節の中ごろの1ヶ月」というニュアンスで、「中」は「真ん中」というニュアンスすから、「仲秋」は「秋(旧暦7・8・9月)の半ばの1ヶ月、すなわち8月」をさし、「中秋」は「秋の真ん中で、特に8月の真ん中15日」をさすという感じです。「名月」といえば、「満月(望)」なので、話しの意味合いからは、「中秋の名月」のほうが秋のお月見には近い感じのようですが、一般的には仲秋の名月のようですね。一般的には、「仲秋の名月」 と表わしますが、どちらが正しくどちらかが間違っているといった類の話ではないようです。幼稚園では、特に行事は予定していませんが、各ご家庭で「仲秋の名月」を親しく味わって下さい。
「十五夜」  平成22年9月21日(火)
 明日は「十五夜」です。古代中国には月を鑑賞する習慣があり、それが日本に伝わったとされます。日本では、旧暦の8月15日に月を鑑賞するようになり、「十五夜」と呼ばれるようになりました。また、旧暦の9月13日には「十三夜」があり、地方によっては、「二十三夜」まであるようです。そして「十五夜」は秋に穀物の取入れ後、その新穀を神仏にお供えして感謝をしました。団子を供えるのは、新穀を粉にして丸くまるめてお供えしたという説と、里芋に見立てて丸い団子をお供えしたという説とあるようですが、収穫の感謝を月に供える「感謝の心」はこれからも大切にしていきたいものです。
「彼岸」  平成22年9月20日(月)
 今日から「秋の彼岸」に入ります。お彼岸は、春分・秋分を中日とする7日間で、中日(23日)を除く6日間は「六波羅蜜」という6つの行を1つづつ実践する日とされました。行を修めて、身を清めることで、彼岸の境地に近づこうとするものです。お彼岸は此岸(悩み・苦しみの岸)にいる自分が彼岸(悟りの岸)の境地へ近づこうというものです。ちなみに、春分と秋分は太陽が真西に沈むことから、もっとも彼岸に近づける日とされます。幼稚園でも、彼岸中には、みんなで集まり、彼岸のお話しを先生から聞いたりして、自己の修養を行います。
「あいこでしょ 」  平成22年9月19日(日)
幼稚園では子どもたち同士、よくじゃんけんを行います。そのじゃんけんで、最初は「じゃんけんポン(ホイ)」ですが、あいこの場合は「あいこでショ」と言います。この違い、どういう意味があるのか気になり、少し調べてみました。すると、初めは相手を打ちのめす気概でとても勢いよく勝負を賭けていて、「ぽん」や「ぽい」と勢いよく投げ出したり飛び出したりする様を表す言葉を用います。ポンと投げる、ポイと投げる等と使われている表現です。でも、あいこ(引き分け)の場合は 、引き分けた相手に敬意を表しながら仕切り直して勝負しているというわけで、「しょ」は、「〜しましょう」という意味で、軽い敬意を表しながら相手に動作を促す表現ですから、「あいこ(だったの)で、(もう一度勝負しま)しょ」という感じです。じゃんけんにも互いを尊重する言葉があることを学びました。
「ススキでバイオ燃料!? 」  平成22年9月18日(土)
ススキの穂が秋を実感させます。ところで、北海道の大学で、ススキを育ててバイオエタノール燃料の材料にしようとしてる研究の話を聞いて興味を持ちました。川沿いに生えてるススキは、ほったらかしでも育ち、他の植物侵入を防ぐ力もあることが知られています。そして、北海道の原野などにおける存在量(バイオマス)が大きいので、バイオエタノール燃料として実用にこぎ着ければ好いなと願います。ススキは、トウモロコシやキビ(ソルガム、サトウキビ)などと並んで、土地の栄養を強烈に吸い取り、楽に作れて・肥料もそれほどいらない・他の雑草に強く、これまで動物用の餌にならないか? ペレットストーブの燃料は?とした研究もされているようです。しかし、ススキに含まれるセルロースを、効率的に低コストでアルコールにする方法が必要ですが、デンプン・砂糖以外から効率的にアルコールを作る方法はまだ開発途上で、とても実用のレベルではないとのことです。子どもたちの時代には、化石燃料に頼らない新しいエネルギーが必要になります。今後の研究に大いに期待します。
「稲刈り」  平成22年9月17日(金)
 あちこちで稲刈りの作業を見かけます。黄金色に実った田んぼを見ると、不思議と豊かな気持ちになります。お米の国の国民だからでしょうか。美味しそうな新米がたくさん収穫でき、幸せな気分です。明日から三連休、あちこちの田んぼで稲刈りが忙しくなるでしょう。小さな子どもたちにも、お米の収穫風景を見せ、収穫までの苦労や、刈入れの大変さが美味しいお米になることも味わってもらいたいものです。
「大根の種蒔き」  平成22年9月16日(木)
  第二ひかり幼稚園の農園で、今年も大根の栽培を行います。過日、畑に肥料をまき、畝(うね)をうねって、種まきの準備を整えておきました。今日は、年長児みんなで、大根の種を蒔きました。この後、芽が出てきたら、間引きして、大きく育てていきます。収穫は12月ごろになるでしょう、収穫が楽しみです。昨年も立派な大根がたくさん収穫でき、園児みんながお土産に持ち帰りました。また、農園では、ニンジンやカボチャ、トマトがスクスクと育っています。子どもたちも元気にすくすくと成長していて、うれしく思います。
「老人の日」  平成22年9月15日(水)
  9月15日は、「老人の日」で、一週間「老人週間」となります。そして9月20日は「敬老の日」国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを「敬老の日」の趣旨としていますが、この「敬老の日」は以前「老人の日」で、それ以前は「としよりの日」だったそうです。この「としよりの日」を最初に制定し、独自に「祝日」と定めて「敬老会」を開いたのが、兵庫県の山間の農村・野間谷村(現・多可町)の若き村長(当時35才)でした。戦後、戦争で人心が荒廃し親を親とも思わない風潮が蔓延しているなどの理由から思い付き始まったそうです。「老人の日」並びに「敬老週間」、「敬老の日」は、祝日法の趣旨に沿って「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日々に務めたいものです。
「メルヘンハウス」  平成22年9月14日(火)
  昨日は好天に恵まれましたが、ひかり幼稚園の園庭では、子どもたちが大好きな遊具「メルヘンハウス」の改修工事が行われていました。子どもたちに人気の遊具なので、痛みも早く、この度は床が剥けてきて安全面に不安が生じましたので、今回、修復工事を行いました。夏休み中に、滑り台部分の修理は終わり、昨日はハウス内部の補修が中心でしたが、しっかり丁寧に修理して頂き、(2、3日は養生で使用できませんが、)安全な遊具に再生したので、今後は安心して使用できます。
「ススキのふくろう」  平成22年9月13日(月)
  秋の七草のひとつ「ススキ」でつくった、「フクロウ」や「ミミズク」をよく見かけます。自分にも作れそうなので、作り方を調べてみました。是非、ご家庭で子どもたちと一緒に制作にトライしてみて下さい。作り方→「すすきでつくる!フワフワみみずく」
http://www.pref.iwate.jp/~hp0910/classroom/mimizuku.html)
「新米」  平成22年9月12日(日)
 本日、農家の方より「新米」を頂きました。「なすひかり」という品種で、有名な「コシヒカリ」に先立ち収穫したそうです。新米ですので、特に感謝して頂きたいと思います。これから刈入れの時期を迎え、農家は忙しくなることでしょう。今年は気温が高く、稲が大きく育ったので、倒れ易いとのことでしたが、確かに収穫前に田んぼで倒れている光景を見ます。台風の襲来の多い時期ですので、せっかく実った稲の刈入れが順調にいくことを祈ります。 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
「二百二十日」  平成22年9月11日(土)
 先日の台風は、それほど大きな被害もなく安堵しました。今日9月11日は、立春から数えて二百二十日目の日(立春から220日目(219日後))で、古来より「野分(のわき:台風)」のくるころと言われます。また、「二百十日」も同様で、台風のよく来る日だとか言います「二百二十日」と「二百十日」、それに「八朔旧暦8月1日)」は、農家の三大厄日とされ、天候が悪くなる日と言われています。実際、統計的にも二百十日から9月の下旬にかけて、台風が襲来することが多く警戒を要します。天気予報で、台風情報が細かく知らされますので、しばらく注視していきたいと思います。

「まだ暑い」  平成22年9月10日(金)
 台風が去って、また夏に戻り、第二ひかり幼稚園の年少児(花組・さくら組)今日もプールを活動を楽しみました。今年は、どの子もしっかり日焼けして水遊びを楽しみ、水遊びが大好きになりました。しかし、プールで水遊びが楽しい頃ですが、そろそろ保育活動の内容を運動会に見据えて、プールからグランドの方にシフトしていきます。昨日は、園庭に運動会用のグランドを整備しました。
「救急の日」  平成22年9月9日(木)
 台風一過となり、また強い日差しがもどってきまいした。本日、9月9日は、「きゅう(9)きゅう(9)」の語呂合わせから、厚生省(厚生労働省)と消防庁が1982(昭和57)年に制定した「救急の日」の記念日です。今日は、救急教務や救急医療について理解と認識を深めてもらうために、各地の消防署で応急手当の実技指導などが行われます。昨日上陸した台風9号の影響で、救急車の出動も多くあったようです。ひかり幼稚園の教職員は全員「救急救命」の研修会に参加し、救命資格を取得していますが、今後もさらに研鑽を深め、幼児の健康や地域のために一助となれるよう努力してまいります。
「台風接近」  平成22年9月8日(水)
「台風9号は8日午前に近畿に最接近し、午後には北陸地方に上陸する見通し。その後、列島を横断し、北関東から東北南部に向かうとみられる。」との報道を受け、台風の直撃が心配されます。(気象台によると、中心気圧は996ヘクトパスカル、最大瞬間風速は30メートル、中心付近の最大風速は20メートル。中心の南東側260キロ以内と北西側220キロ以内が風速15メートル以上の強風域。9日午前0時までの24時間の予想雨量は、関東でも100ミリ前後の雨量が予想されます。)今日はこれから風雨が強まることは必至です、幼稚園では、気象報道に注視し、警戒を強め、安全な対応に務めて参ります。
「祖父母の集い」  平成22年9月7日(火)
本日7日と、9日(木)は、ひかり幼稚園の祖父母の集いです。大好きなおじい様おばあ様を幼稚園に招待して、歌やゲーム、手遊びなどして楽しくひと時を過ごし、その後、お部屋に昼食を用意して一緒に召し上がって頂き、最後に子どもたちが製作したプレゼントと園からのお饅頭を贈りました。まだまだ残暑の厳しい頃ですが、各保育室にはエアコンが完備してありますので、暑さを苦にせずに過ごして頂けたと思います。9日にご来園頂く方も、どうぞ楽しみにお出かけ下さい。
「黒の日」  平成22年9月6日(月)
  「く(9)ろ(6)」(黒)の語呂合わせで、京都黒染工業協同組合が1988(昭和63)年に制定し1989(平成元)年から実施している「黒の日」です。伝統染色の黒染めをPRし、黒紋服や黒留袖の普及を図る日。今日は「黒」にまつわる記念日がいろいろあります。鹿児島黒牛黒豚銘柄販売促進協議会も1998(平成10)年にこの日を記念日に定め、「黒の日まつり」として「黒豚・黒牛」特売セールや試食喧伝を行って黒豚や黒牛の販売普及に努めています。また、「く(9)ろ(6)まめ」の語呂合せで、「黒豆の日」でもあり、健康食品として注目されている黒豆製品を扱う菊池食品工業が制定しました。ついでに、「ク(9)ロ(6)スワード」の語呂合せで、クロスワード作家・滝沢てるお氏の提案により、『月刊クロスワード』等を発行する廣弘堂出版が1992(平成4)年に制定した「クロスワードの日」でもありました。
「赤とんぼ」  平成22年9月5日(日)
 残暑が厳しく、なかなか「赤とんぼ」の姿が見られず心配していましたが、昨日家の周りを飛ぶ赤とんぼを見かけました。赤とんぼを見ると、秋の訪れを感じます。さて、「赤とんぼ」の歌詞で『負われてみたのは,いつの日か』とあります。「夕焼けの中を飛んでいる赤とんぼ。そんな赤とんぼを、姐におんぶされ(背中に背負われて)ながら見たのはいつの日だったかな〜(もう遠い昔になってしまったな〜)」という意味ですが、自分も亡き祖母に背負われて赤とんぼを見た記憶があり、赤とんぼを見ると祖母を思い出します。もうじき敬老の日(9月20日)です。ひかり幼稚園では、9月7日と9日に大好きな祖父母を招いて「祖父母の集い」を催行します。当日は、大好きなおじいさま・おばあさまと親しく交流して戴き、楽しい思い出を互いに作って頂きたいと思います。
「9月」  平成22年9月4日(土)
  9月は、英語でSeptember。これはラテン語で「第7の」という意味の「septem」の語に由来しているのに9月としている理由を、高校生の時、7月と8月にローマ皇帝の名が入ったせいで、2か月ずれたと教わったが、それは俗説であることをその後知り、高校の先生の知識に不信感を持ちました。正しくは、紀元前153年に、それまで3月を年の始めとしていたのを1月を年の始めとすると改め、2カ月ずれたにもかかわらず、名称を変えなかった為で、7月もカエサルによって「Julius」に改める以前は「Quintilis」(ラテン語で「第5の」という意味の「quintus」の語に由来)だったことからもわかります。ちなみに、10月のOctoberも、ラテン語において8を意味する「octo」の語に由来しているのに10月です。さて、9月は、日本では長月(ながつき)と呼びますが、長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略です。涼しくなった秋の夜長、大切に過ごしましょう。
       
「甘酒」  平成22年9月3日(金)
   江戸時代です、江戸の夏は蒸し暑くて大変だったそうです。今みたいにクーラーはないし。寒さは火をたけばしのげました。この夏の暑さをしのいだのが、1杯の甘酒だったそうです。一杯4文。(当時の江戸のお酒が一合18文で、甘酒は4分の1)、体の弱い人のために幕府が保護していたそうです。夏、冷やした甘酒はおいしいです。甘酒にはブドウ糖が20〜23%含まれています。(米のデンプンが麹菌の糖化酵素の作用を受けてブドウ糖になる) 米のタンパク質も麹菌の酵素によって、必須アミノ酸になり豊富に含まれています。さらにビタミンが多く、ビタミンB1,B2,B6,パントテン酸、ビオチン、などの生理作用に重要で不可欠のビタミン群がたっぷり。これが全て天然型だからすごい。販売されているビタミンは合成ビタミンで、薬品で安定させているので吸収が良くないのです。
  江戸時代、甘酒は「必須アミノ酸強化飲料」であり、「総合ビタミンドリンク剤」でした。そして、アスペラチンというガン細胞を抑制する物質があります。髪や肌がとってもキレイになります。育毛効果あり。血圧を下げる効果ありとたくさんの作用があります。
(食品の発酵では世界の第一人者といわれる、東京農大教授、小泉武夫先生は「発酵食品の中で、甘酒が一番すごい」と言っています。)
「宝くじ」  平成22年9月2日(木)
 今日は9月2日なので、「く(9)つ(2)」の語呂合せで「靴の日」かと思ったら、「く(9)じ(2)」の語呂合わせから、第一勧業銀行宝くじ部が1967(昭和42)年に制定した「宝くじの日」でした。引き取り手のない賞金が、毎年200億円以上あることは有名ですが、毎年この日に宝くじの時効(1年)を防止するため、はずれ券を対象にした「宝くじの日お楽しみ抽選」を行っています。(ちなみに、靴の日でもありました)
「防災の日」  平成22年9月1日(水)
 1923(大正12)年9月1日、関東大震災が起こりました。その大惨事を忘れないため、また台風の被害の多い時期であることから、1960(昭和35)年に国土庁(国土交通省)が「防災の日」を制定しました。関東大震災の惨事を教訓として防災意識を高めることを目的に、毎年各地で防災訓練などが実施されてます。幼稚園でも、定期的に避難器具や消防器具の点検を行い、避難訓練を春と秋に2度行っていますが、あらためて防災の意識を高めたいと思います。

ひかり幼稚園
第二ひかり幼稚園
〒324-0051 栃木県大田原市山の手2-11-13
〒329-2713 栃木県那須塩原市緑 1-8
TEL : 0287-23-5533  FAX : 0287-23-5534
TEL : 0287-36-5311  FAX : 0287-36-5319