最新情報 保育の願い 四季の楽しい行事 ようちえんの1日 園長日記 園児募集 お知らせ 課外サークル 幼稚園のあゆみ ひかりlunch こどものようす
 


平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度
│平成21年度園長日記 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
「日本茶の日」  平成21年10月31日(土)
 お茶は一番ポピュラーな飲み物です。その お茶を日本に広めた人は栄西禅師だそうです。1191(建久2)年、宋(中国)からお茶の種子とその製法を持ち帰りました。栄西禅師は、お茶の種子を自分の庭に蒔き育て、またお茶の製法を伝えました。当時お茶は薬として飲まれていたようです。「茶は養生の仙薬なり・・・」(喫茶養生紀)と著しています。栄西禅師がお茶を持ち帰った日が、10月31日だと言われています。お茶には殺菌作用もあるので、インフルエンザ対策にも効果があるようです。
「ハロウィン」  平成21年10月30日(金)
 「ハロウィン」はキリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭。 古代ヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられ、現在のハロウィンになったとされています。 ケルト族の1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。これらから身を守る為に仮面をかぶり、魔除けのたき火をたきました。 これに因み、31日の夜、かぼちゃをくりぬいて作ったジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)にろうそくを立て、魔女やお化けに仮装した子供達が「Trick or Treat」(「だまされたいの?、それとも守られたいの?」お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねます。 家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達はもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりします。幼稚園の入口にも大きなカボチャが飾れています。
「習う」  平成21年10月29日(木)
 今日は第二ひかり幼稚園の「祖父母のつどい」でした。本日も、たくさんの方にご来園頂き、楽しく開催することが出来ました。その中で「習う」といくことをお話いたしました。「習う」とは、「羽根に白いと書きますが、それは頭の白い羽根の鳥、つまりひな鳥が羽ばたきの練習をすること」が元意です。ひな鳥は何百、何千回も羽ばたく練習をして飛べるようになります。親鳥は、エサを与えたり、外敵から守ったりしながら、ひな鳥の育ちを見守ります。寄り添って見守りますが、飛ぶ練習をするのはひな鳥自身です。幼児の成長も、育っていくのは幼児です。頑張るのは自分です。本人が意欲を持ち、取り組まなければなりません。そのためには、認め励ますことが何より必要です。成長を認められ、子供は自信を深め、意欲を持ち、さらに成長していくでしょう。「頑張らせるのではなく、自ら頑張る心を育てていきたいと思います。」
「サツマイモ掘り」  平成21年10月28日(水)
 本日は、ひかり幼稚園の年長児(月組)と年少児(花組・さくら組)の「サツマイモ掘り」。今日の天気は爽やかな秋晴れです。長靴をはいて、お弁当を持って出かけましょう。夏に植えた苗が、大きく育ってようやく収穫の時期を迎えました。サツマイモ畑は、幼稚園の裏山にあるので、時々裏山に出かけては、雑草の手入れをし、成長を見守って来ました。いよいよ待ってましたイモ掘りです。大地と格闘し、泥んこになって、土の中から大きく育ったサツマイモを掘りだしますが、子供たちには大きな興味と喜びがいっぱいです。自分の手で掘ってサツマイモを探し、両手でやっと持てるほどの大きなイモを掘り出し、お土産に持ち帰ります。今日は泥だらけになると思いますが、ご理解ご容赦ください。帰ったら、お話をたくさん聞いてあげて下さい。
「テディベア」  平成21年10月27日(火)
  1902年の秋、アメリカの第26代大統領セオドア・ルーズベルトは趣味のクマ狩りに出かけました。そこで同行していたハンターが小熊を追い詰め、とどめの一発を大統領に頼みますが、ルーズベルト大統領は撃つのを拒絶しました。ルーズベルト大統領は「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神に悖る」として撃たなかったのです。このことが新聞に掲載され、このエピソードに因んで翌年バーモント州のおもちゃメーカーが熊のぬいぐるみにルーズベルト大統領の名前「セオドア」の愛称「テッド」から「テディベア」と名付け発売しました。このエピソードにちなんで、発売された熊のぬいぐるみが「テディベア」です。10月27日が大統領の誕生日で、10月27日は「テディベアの日」と言われます。幼稚園では、7月に「幼稚園の日」として、那須のテディベアミュージーアムの無料入場券を配っていますので、訪れた人は多いでしょう。私も楽しく見学しました。

当時新聞に掲載された挿絵です
「明日の記憶」  平成21年10月26日(月)
  映画「明日の記憶」がTVで放送されました。ご覧になった方は多いでしょう。2005年の堤幸彦 監督の作品で、以前にも観た映画でしたが、また改めて観てみました。主演の渡辺謙の演技力は、目を見張るものがあり、樋口可南子の演技も素晴らしかったです。122分の映画ですが、とても短く感じました。 もしも、自分がアルツハイマー病になったら、もしくは、配偶者がそうなったら、・・・。実際になってみないと、どう対応して良いかは分かりませんが、いろいろと考える機会を頂いた映画でした。当たり前と思っている日々の生活の一日一日を無駄にせず、大切に生きること。当たり前と思っていることに感謝すること。少し内省しました。また、ラストシーンで、主人公は自分の奥さんの事もとうとう忘れてしまいますが、それでも、献身的に尽くす奥さんを羨ましく思いました。健康に日送りの出来ることの実にありがたいこと・・・
「手紙」  平成21年10月23日(金)
  昨今は、メールやFAXによる電子通信の利用頻度が多くなり、手紙を書いたりすることが少なくなりました。時折、知人の方より季節の花や果物を手書きの絵ハガキや近況を綴った手紙を頂きますが、郵便で届く手紙はとても嬉しく、心温かくなります。昨日今日と日本郵政の社長問題でマスコミが騒がしいですが、今後も郵便事業は必要ですし、いっそう利便性やサービスを高めてほしいと思います。毎月23日は、「ふ(2)み(3)の日」です。郵政省(総務省)が1979(昭和54)年に記念日に制定しました。この日は郵便に関してさまざまなイベントがあり、記念切手が発行されています。ご家族で、子供たちも一緒に知り合いの人やお世話になった方に、手紙を書いてみてはいかがでしょうか。
「あかりの日」  平成21年10月21日(水)
 エジソンの「3大発明」は「電球」・「蓄音機」・「映写機」です。 そのひとつ、「白熱電球」を完成したのが1879(明治12)年の10月21日でした。エジソンの功績は、伝記などで脚色された部分のある発明ではなく、「発明」という行為を大勢の人間に認知させたことでしょう。それまでの発明と言うものは、「立派な学校を出た、一流の科学者が作り出すもの」という既成概念があったと言えます。しかし、エジソンは立派な学校も出ていなければ、学位を持っているわけでもありません。努力で身に付けた科学知識で様々な発明を作り上げていったのです。発明を一般人にも手の届く、アメリカンドリームを実現する手段へと変えたのは間違いなくエジソンなのです。努力とひらめきを大切にした人生に学びます。
「稲刈り」  平成21年10月21日(水)
 稲刈りもだいたい終わった様です。刈り取られた後の田んぼは、秋風の中、朝夕の冷え込みで風邪をひきそうに感じます。稲刈りの終わった田んぼで、稲わらを燃やしている様子を見かけます。夕方を過ぎても火が赤々と燃えている様は美しいのですが、少しさみしくも感じます。以前には、稲わらを燃やすことなどありえなかった時代がありました。稲わらは、わらじ、みの、縄、衣料や住居の材料として重宝し、無駄にしないで利用していました。しかし、昨今は稲わら製品の需要も無くなり、また、戦後冬の農家が都会に出稼ぎをするようになり、稲わら細工を作っている暇も無くなりました。同時に、工夫する心や最期まで大切に扱う心が薄らいだように感じます。便利で手軽な物も良いのですが、手をかけ、工夫して作った物には何とも言えない味わいがあります。
「ドングリ拾い」  平成21年10月20日(火)
 昨日(10月19日)、第二ひかり幼稚園の年少児(花組)の子供たちは、那須野が原公園に遠足に出かけました。初夏の様な爽やかな陽気で、すばらしい遠足日和となりました。公園の木々も色付き始め、ケヤキやブナ、モミジは鮮やに彩とりどりの錦を見せてくれていました。木々の林の中には、たくさんのドングリが落ちていて、子供たちはみんなと散歩しながら、いろんな形、いろんな大きさのドングリを拾い集め、その後、身体を動かすことが大好きな子供たちは、広い公園の芝生で、元気に走り回っていました。
「大根栽培」  平成21年10月19日(月)
 第二ひかり幼稚園の農園の大根が順調に育っています。年長児(月組)のみんなで、9月上旬に種を撒き、10月初めに間引きして、その後葉を大きく茂らせ、元気に育っています。大根はその名の通り太く「大きな根」が特徴ですが、土の中の生育の様子は分かりません。でも、葉が大きくしっかりと育っていることで、期待感が膨らみます。
「フラフープ」  平成21年10月18日(日)
   先日、幼稚園にあった大きな輪を「フラフープ」に見立てて回してみましたが、上手くいきません。何度がトライしましたが、上手く回らずに、すぐ足下に落ちてしまいました。もともと上手くはなかったので、出来ないことを再認識しました。 さて、1958(昭和33)年10月18日に「フラフープ」が日本で初めて発売されました。今日は「フラフープの記念日」だそうです。フラフープは1950年代の後半、一世を風靡した輪を身体で回す遊びですが、60年代生まれの自分には、それほど夢中になって行った記憶はありません。当時、ブームの中で何本もの輪を巧みに回して遊んだ人も多いことでしょう。小さな子ども(孫)たちと思いだしながら、楽しんでみてはいかがでしょう。案外、上手く回ると思いますよ。調べてみたら、当時の価格は1本270円(子供用は200円)で、1ヶ月で約80万本を販売したといいます。
「世界食糧デー」  平成21年10月16日(金)
 10月16日は「世界食糧デー」(World Food Day)です。これは1945年10月16日に国連食糧農業機関(FAO - Food and Agriculture Organization)が設立されたことを記念し、1981(昭和56)年に制定しました。第二次世界対戦中の1943年、アメリカ・バージニア州のホットスプリングに世界44ヶ国の政府の代表が集まり、飢餓を防止するための食糧生産と農業開発のことについて話し合い、翌1945年にFAOを設立するに至ります。「世界食糧デー」(World Food Day)は、国際デーの一つで、発展途上国の人々が食糧不足で苦しまないためにはどうすればいいか考える日です。 現在世界の人口の3分の1は飢餓寸前の状態にあるといわれ、近いところでは北朝鮮で大量の餓死者が出ています。これに対して多くの団体が食糧を支援することによってこれに対処しようとしていますが、外から食糧を運び込むことは、目の前の餓死者を救済する力はあっても所詮は応急措置に過ぎません。 長期的対策としては、やはり農地を整備し、その国の食糧生産を技術的経済的に確立させていき、食糧を安定生産できるようにすることが大事でしょう。この難しい仕事をしているのがFAOです。FAOはまた食品添加物・遺伝子組替野菜などで揺れる食糧の安全性の問題についても討議しています。ご家庭でも、食の大切さやありがたさを考え、また広く世界の飢餓についても考えたいものです。 ?
「アリとキリギリス」  平成21年10月15日(木)
 夏のある日、キリギリスが野原で歌を歌っていると、アリたちがぞろぞろ歩いてきました。
「おい、アリくんたち。そんなに汗をびっしょりかいて、なにをしてるんだい」
「これはキリギリスさん、わたしたちは食べ物を運んでいるのですよ」
「ふーん。だけど、ここには食べ物がいっぱいあるじゃないか。どうして、いちいち家に食べ物をはこぶんだい。おれみたいにおなかがすいたらその辺にある食べ物を食べて、あとは楽しく歌を歌ったり、あそんだりしていればいいじゃないか」
「でもね。キリギリスさん。いまは夏だから食べ物がたくさんあるけど、冬が来たら、ここも食べ物はなくなってしまいますよ。いまのうちにたくさんの食べ物をあつめておかないと、あとでこまりますよ」
 アリたちがそういうと、キリギリスはバカにしたようにハハハハハハッと笑って。
「まだ夏が始まったばかり。冬のことは冬が来てから考えればいいのさ」
 そう答えると、また歌を歌い始めました。
  さて、それからも毎日キリギリスは陽気に歌ってくらし、アリたちはせっせと家に食べ物を運びました。
  やがて夏がおわり、秋が来ました。 キリギリスは、ますます陽気に歌を歌っています。
 そしてとうとう、さむいさむい冬がやってきました。 野原の草はすっかり枯れ果て、キリギリスの食べ物は1つもなくなってしまいました。
「ああ、おなかがすいたな。こまったな。どこかに食べ物はないかなあ。・・・あっ、そうだ。アリくんたちが食べ物をたくさんあつめていたっけ、よし、アリくんたちに何か食べさせてもらおう」
 キリギリスは急いでアリの家にやってきましたが、アリは家の中から。
「だから、食べ物がたくさんある夏のあいだに食べ物をあつめておきなさいといったでしょう。家にはかぞく分の食べ物しかないから、悪いけど、キリギリスさんにはあげることができません」
と、いって、げんかんをあけてくれませんでした。 キリギリスは雪の降る野原のまん中で、寒さにふるえながらしょんぼりしていました。

  いま楽をしているなまけ者は、そのうち痛い目にあうというお話しです。どうか子供たちに話して聴かせ、一緒に話し合ってみて下さい。

※この「アリとキリギリス」は、もとの寓話である「セミとアリ」から変化したお話しです。 「アリとキリギリス」以外にも、「セミとアリ」から変化したお話しは多くて、「アリとコガネムシ」や「アリとコオロギ」、「トンボとキリギリス」などがあります。 セミが他の昆虫に変化した理由は、お話しの伝わった国に、その昆虫がいなかったり、お話しを伝えた人が、勝手に昆虫を変えたりしたからです。

「リンゴ狩り」  平成21年10月14日(水)

 明日15日(木)は、第二ひかり幼稚園の月組(年長児)の「リンゴ狩り」です。お弁当を持って、矢板市長井のリンゴ園に出かけます。10月になり、リンゴも真赤に色づき収穫の時期を迎えました。長井のリンゴ園では、「リンゴ狩り」シーズン突入です。先週は明るく元気に楽しく行った運動会、身体を動かすことが大好きな子供たちです、明日も広いリンゴ畑を縦横無尽に駆け回って、元気に「リンゴ狩り」を楽しんできたいと思います。子供たちに、美味しいお弁当お願いします。

「紅葉狩り」  平成21年10月13日(火)

 「紅葉狩り」は、紅葉を見物することですが、狩猟でもないのに、「狩り」とは・・・と、思いませんか?! 桜を観るのは、「お花見」なのに、少し気になって調べてみました。もともと「狩り」という言葉は、けものを捕まえる狭い意味で使われていましたが、それが野鳥・ウサギなどの小動物に広がり、果物などを採ったり(いちご狩り、梨狩り、ブドウ狩り、キノコ狩り)、草花をながめたりすることにも使われるようになったようです。さらに、狩猟をしない貴族、公家があらわれたとき、自然を愛でることを「狩り」に例えました。似た言葉として、「ほたる狩り」「桜狩り」などがあります。(http://gogen-allguide.com/mo/momijigari.html)山々が錦秋に色づいています。子供たちと一緒に、ご家族で「紅葉狩り」などいかがでしょうか、自然に親しみ、自然の大きさ偉大さ、不思議さにも触れられるいい機会です。

「十三里」  平成21年10月12日(月)

 「十三里(じゅうさんり)」とは、「栗(九里)より(四里)うまい十三里(9+4=13)」の意味で「サツマイモ」の異名です。また、江戸から十三里(約52q)離れたところにある川越の「サツマイモ」がおいしかったことから生まれた言葉です。この時期、サツマイモの収穫が始まり、農家の方より、美味しいサツマイモを頂きました。サツマイモが好物だとおっしゃる人も多いでしょう。幼稚園では、今月末に、農園で大きく実ったサツマイモを収穫する予定です。サツマイモ掘りは、子供たちにとっても、秋の大きな楽しみの行事の一つです。手で土を掘って探し出す楽しみ、掘って取り上げた時に感じる重量感と収穫の充実感、そいて、幼稚園の持ち帰り、皆でサツマイモを蒸かして、熱々のサツマイモを食べることの美味しいこと。掘ったサツマイモの幾つかは、ご自宅にお持ち帰り戴きますので、ご家庭でもお楽しみ下さい。

「1010」  平成21年10月10日(土)

 今日は第二ひかり幼稚園の「運動会」です。心配した天気も、どうやら日中は持ちそうです。元気に、そして楽しく明るく行いたいと思います。さて、今日は10月10日 「1010」で、「セントウ」と読んで、「銭湯の日」です東京・江東区の公衆浴場商業協同組合が1991(平成3)年に「銭湯の日」を実施し、その後、1996(平成8)年に東京都公衆浴場業衛生同業組合がこの日を記念日に制定。それから、「特別入浴デー」として全国に広まりました。幸いにもこの近郊には、いろんな種類の温泉がたくさんあります。家族で団欒するのに、温泉は最適です。運動会疲れの身体にも、日頃の心身のリフレッシュにも効果があるでしょう。

「緊急連絡網」  平成21年10月9日(金)
 昨日は台風18号の影響で「休園」措置にしましたが、各ご家庭への「緊急電話連絡網」で、不備があり、休園の連絡が届かずに、一部の皆さまには大変なご迷惑をお掛け致しました。連絡が届かずに、台風の中、20分もバスを待たせてしまいました。子供が風邪をひかなかったこと、あるいは待っている間に事故に遭ったり、ケガをしなかったことは幸いでしたが、危険の中、大きな不安を与え、いたずらに待たせてしまい大変申し訳なく思っています。幼稚園で行うべき最終の連絡終了の確認が不十分であったことが原因です。園側で最終の確認を行っていれば、このようなことは無かったと思います。昨日は職員を集め会合を開いて、今回の事案を深く反省し、二度と不備、落ち度の無いように点検確認し、これからの安全適切に努めていくよう話し合いました。
「台風一過」  平成21年10月8日(木)
 非常に強い台風18号」が本州に接近し、幼稚園は園児の安全を考慮して本日、休園としました。今朝、台風は上陸し、強い雨と暴風で、各地での被害が心配されます。被害、損害がの少ない様祈ります。さて、第二ひかり幼稚園の運動会は明後日の10日(土)の予定ですが、子供たちも保護者の皆さんも楽しみにしている運動会、台風一過となり、予定通り開催出来そうです。明日の午後は、PTAのみなさんのお手伝いを頂き会場の準備を行います。お世話になりますが、よろしくお願い致します。
「徳目」  平成21年10月7日(水)
 今月、10月の徳目(とくもく)は、「同事・協力」です。HPの表紙に掲載してありますが、運動会を行うこの時期特に子供たちの心に落としていきたい「徳目」です。一人ひとりの育ちの中で、個々の身体や知能が育っていきますが、心の育ちも大切です。自分の存在が、周りのお友達や家族、地域の人たちとあることを考える社会性をも学んで欲しいと思います。運動会の競技も、お友達と力や息を合わせるものがたくさんあります。「ひとりでできないことも ふたりならできる ふたりでできないことも 大勢ならできる  みんなで助け合うことによって 思いもかけない大きな仕事が  できることをわからせよう」。友だちとの協力を学ぶ中で、心を合わせて活動したり、相手の気持ちを思いやること、友だちに対して素直に声援を送ることができるようにしたいものです。
「筋肉痛」  平成21年10月6日(火)
 4日、日曜日の運動会の疲れか、「筋肉痛」です。それほど運動したつもりはありませんが、昨日今日と、身体が重く疲労感を感じます。これは「筋肉痛」なのかと、「筋肉」の仕組みを調べてみたら・・・・、筋肉」はカニの身みたいにたくさんの細かい線維が束ねてできていて、運動することによって、そのうちの何本かが切れてそれが再生する時に太くなり、筋肉が大きくなるようです。筋の線維は目に見えないくらい細く、数も多いので運動によって切れる数もまたけた違いです。「筋肉痛」はケガと同じで、骨折してくっついた場所が前より強くなる、のと理屈では同じですが、骨を強くするのに何度も骨折してたらやってられないのもまた同じです。筋肉線維の切れる数が多すぎると、痛みを伴いますが、少数であればそれほど痛みもないようです。しかし、切れた本数が多いと「肉離れ」となり、ケガの扱いになります。痛みを伴わない適度の運動をすれば、「筋肉痛」にならずに筋肉の増強ができます。少し強めに運動をした時には「筋肉が張った」感じがありますが、それは筋肉痛にならないレベルで筋が破壊されていて、それを再生させるために血液がそこに集中しているようです。痛みを伴わない適度のラインでトレーニングをするのよいそうです。身体は適度な負荷をかけ使用しなければと、実感しました。
「運動会延期」  平成21年10月3日(土)
本日10月3日開催予定のひかり幼稚園の運動会開催について、昨日の午後、PTAの皆さまと協議の結果、3日の天気が雨模様であることと、会場グランドの状態がよくない事を理由に、明日10月4日に順延とさせて頂きました。準備や子供たちのモチベーションからも3日に行いたかったのですが、いたし方ありません。明日の天気は、晴れとの予報ですので、天気が回復することに期待し、青空の下で明るく元気に運動会を楽しみたいと思います。明日は早朝より準備となりますので、ご協力いただけます方は、6時より会場準備のお手伝いよろしくお願い致します。
「運動会」  平成21年10月2日(金)

 明日はひかり幼稚園の運動会です。天気が心配でなりません。子どもたちの意欲が、当日の元気や活力となり、運動会の成否を決めます。子どもたちのモチベーションを考えると、今日までの流れを持続したままで、明日「運動会」を行いたいと職員一同は思っています。子供たちも保護者の皆さんも明日、運動会が催行されることを願っていることでしょう。明日の午前中、昼の12時半まで天気が持ってくれれば・・・。加えて夜は「十五夜」です。晴れて綺麗なお月さまが見たいものです。明日の天気が好転することを祈るばかりです。

「衣替え・更衣」  平成21年10月1日(木)

 今日は10月1日「衣替え」、中学校や高等学校では、気候に合わせて制服を冬服に替える日です。「衣替え」は、平安時代から始った習慣で、当時は中国の風習にならって4月1日および10月1日に夏服と冬服を着替えると定め、これを「更衣」と言いました。しかし、天皇の着替えの役目を持つ女官の職名も「更衣」といい、後に天皇の寝所に奉仕する女官で女御に次ぐ者を指すようになったので、民間では「更衣」とは言わず「衣替え」と言うようになりました。自分も、そろそろ夏物を片付けて、冬に備えなければと思います。  ところで、今日はたくさんの記念日があることに驚きました。「磁石の日」は、磁石が+(N極)と−(S極)から成り立つことにちなみ、そのプラス記号とマイナス記号を漢数字の十と一に見立て、10月1日に制定されました。「法の日」は、最高裁判所、検察庁、日本弁護士連合会(日弁連)の進言により法務省が1960(昭和35)年に制定。「印章の日,ハンコの日」は、全日本印章業組合連合会が制定。「土地の日」は、「十」と「一」を組み合わせると「土」の字になることから、国土庁(現在の国土交通省)が1997(平成9)年に制定。「日本酒の日」、新米で酒造りを始めるのが10月で、酒壺を表す「酉」の字は十二支の10番目、さらに「酒造年度」が10月1日から始ることから、何かと酒に関係の深いこの日を、全国酒造組合中央会が1978(昭和53)年に清酒をPRする「日本酒の日」としました。「ネクタイの日」、日本ネクタイ組合連合会が1971(昭和46)年に制定。「メガネの日」、1をメガネのつる、0をレンズとみなすとメガネの形になることから、日本眼鏡関連団体協議会が1997(平成9)年に制定。「香水の日」、フランスでは新しい香水の発売日が毎年10月1日ごろであることから、香水と化粧品の専門店・セフォラ・エーエーピー・ジャパンが2000(平成12)年に制定。「デザインの日」、デザインに対する理解を深める日として、通商産業省(現在の経済産業省)等が1990(平成2)年に制定。「際音楽の日」、バイオリン奏者のユーディ・メニューインが、国際紛争が絶えないことを憂いて提唱。1977(昭和52)年にチェコで開催された国際音楽評議会(IMC)総会において、その翌年から10月1日を「国際音楽の日」として、国際的連帯のもとに音楽の記念行事を催すことが決定されました。「コーヒーの日」、全日本コーヒー協会が1983(昭和58)年に制定しました。「赤い羽根の日」、赤い羽根共同募金運動 10月1日〜12月31日 。「国際高齢者の日」、1990(平成2)年の国連総会で制定。国際デーの一つ。「福祉用具の日」、社団法人シルバーサービス振興会・新エネルギー・産業技術総合開発機構・全国福祉用具製造事業者協議会・財団法人テクノエイド協会・日本健康福祉用具協会・社団法人日本福祉用具供給協会で構成する「福祉用具の日」創設連絡会が2001(平成13)年11月に制定。「浄化槽の日」、浄化槽の普及促進及び「浄化槽法」の周知徹底を通じて、生活水準の向上、生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図るとともに公共用水域の水質保全に資することを目的としています。「都民の日」、東京都が1952(昭和27)年に制定。都内の公立学校が休みになり、庭園・動物園・植物園等の入場料が無料になります。 今日は、記念日の特異日なのでしょうか?!


ひかり幼稚園
第二ひかり幼稚園
〒324-0051 栃木県大田原市山の手2-11-13
〒329-2713 栃木県那須塩原市緑 1-8
TEL : 0287-23-5533  FAX : 0287-23-5534
TEL : 0287-36-5311  FAX : 0287-36-5319
 
Copyright 2001-2011  hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE