学校法人ひかり学園:ひかり幼稚園 | 栃木県大田原市 / 第二ひかり幼稚園 | 栃木県那須塩原市

HOME

園長日記

│令和4年度│12月11月10月9月8月7月6月5月4月
│令和3年度│3月2月1月12月11月10月9月8月7月6月5月4月
令和2年度令和元年度平成30年度平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度
平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度

「師走」  令和4年11月30日(水)
明日からは12月を迎えます。12月は師走(しわす)と言いますが、諸説があり、年末にお坊さんが走り回る(師馳す・シハス)が一般的で、別に年の果てで、(年果つ・トシハツ)という説もあります。昔、平安時代に貴族たちは年末になるとお坊さんを招いて、「仏名会(ブツミョウエ)」を行いました。この仏名会は何百何千とある仏さまの名前を唱え、その功徳で一年間の罪やけがれを消し去る法要ですが、貴族たちは仏さまの名前覚えきれず、お坊さんを頼んで法要を致します。お坊さんは、あちらこちらで呼ばれるので、年末になると都中を西に東に走り回っていた様です。12月は一年の締めくくりの月ですから、あたふたせずに、足下固めて、しっかり充実した12月にしたと思います。
「いい服の日」  令和4年11月29日(火)
今月11月は、「11(いい)」月で、記念日が毎日ありましたが、今日、11月29日は「いい(11)ふく(29)」の記念日、あるいは「いい肉の日」とされています。また、11月29日とは別に、2月9日が全国服飾学校協会・日本ファッション教育振興協会などが制定した「服の日(ふく29)」となっています。ちなみに、明日11月30日は、「鏡の日」。「いい(11)ミラー(30)」の語呂合せです。鏡を大切にすることで、健康で美しい生活を目指す日だそうです。
「11月座禅会」  令和4年11月28日(月)
本日、第二ひかり幼稚園の年長児(月組)の子どもたちと「11月座禅会」を修行しました。気温も下がり、心静かに座るには適した陽気です。子どもたちもしっかりと主体的に取り組んでいます。毎月続けることで、一層の安定を感じ、成長の確かさを実感しています。


「木枯らし」  令和4年11月27日(日)
戸外に吹く風は冷たく、肩をすくめる寒さが来る頃となりました。これから木枯らしが吹きますが、木枯らしは季節が秋から冬へと変わる時期に初めて吹く北よりの強い風で、11月頃に初めて吹く毎秒8メートル以上の北よりの風のことです。幼稚園では、風邪や胃腸炎の子どもが出始めており、警戒しています。 教室を暖かくしたり、加湿器を準備したり、うがいや手洗いの励行に努めて参りますが、ご家庭でも保温や加湿に配慮し、しっかり身体を休ませて元気に過ごして欲しいと願います。
「風呂」  令和4年11月26日(土)
11月26日は「いい風呂の日」です。間もなく12月、これから寒さ厳しい時期を迎えます。いい風呂の日には、身体も心もお風呂で温まりたいものです。寒い日に、柚子を湯に入れた柚子湯でポカポカと温まるのは最高です。柚子湯には血行促進効果があって、さらにビタミンCも豊富なので、肌にもとてもよいそうです。血 管の拡張に関係のある血中の「ノルアドレナリン」の、濃度変化を「ゆず湯」と「さら湯」で比較すると、「ゆず湯」は「さら湯」に比べ、ノルアドレナリンの 濃度が4倍以上になることが判明ました。ゆず湯に入ると、血管が拡張して血液循環が促進されるということなのです。血液の循環がよくなると、「冷え性」「神経痛」「腰痛」などに効果あります。
「年長児遠足」  令和4年11月25日(金)
本日、ひかり幼稚園の年長児(月組)の子どもたちは遠足に「なかがわ水遊園」に園 バス3台にクラスごとに乗り込み、出かけました。今日から特別展が開催されていて、今が「旬」の魚たちを特別展示室で見学しました。常設の魚や水辺の生き物たちもゆっくりと見ることが出来、楽しく学んできました。




「唐辛子」  令和4年11月24日(木)
昨日、知り合いの農家より「唐辛子・トウガラシ(栃木三鷹)」を頂きました。大田原市の唐辛子生産は歴史が古く、昭和初期から始まり、戦後に生産のピークを迎え、全盛期には全国一の生産量で輸出まで行っていた名産でした。栽培されている唐辛子は、「栃木三鷹唐辛子(とちぎさんたかとうがらし)」で、八房系品種(唐辛子の品種の一つ)より分離された、大田原を発祥とするオリジナルな唐辛子です。辛味が強い、色調が良い、形状が揃っている、収穫量が多い、摘み取り・乾燥作業が容易、保存に強い、などの特徴があり、唐辛子の栽培・流通において、とても優れた品種です。枝に付いたままでいただきましたが、少し乾燥させてから、必要な量をもいで使いたいと思います。
「勤労感謝の日」  令和4年11月23日(水)
今日11月23日は「勤労感謝の日」です。
「祝日法」には、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」ことを趣旨としています。
国民全員が勤労を尊んで、その生産を祝い、互いに感謝し合う日です。 今日はその趣旨を改めて思い、務めたいと思います。
「PTA理事会」  令和4年11月22日(火)
本日、ひかり幼稚園並びに第二ひかり幼稚園では「PTA理事会」を開催し、10月の運動会の反省や今後の行事活動の予定について話し合いを行いました。運動会の反省では今後参考になる意見を頂き、また、年末から年始そして3学期の諸行事について園の予定をご承認いただきました。今後も子どもたちの健やかな成長を支援し、充実した活動を行ってまいります。

「小雪」  令和4年11月21日(月)
明日11月22日は、二十四節気の「小雪」です。『暦便覧』では、「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明しているように、降る雨も雪に変わる頃です。那須連峰も頭頂には初雪が降り、頂きが白く雪化粧し、吹く風もいよいよ冷たく、いよいよ冬将軍がやってきます。寒さに向かい、風邪やインフルエンザも心配ですし、寒さで体調を崩しがちですが、寒さに負けないで元気に登園してくれることを願います。
「家族の日」  令和4年11月20日(日)
11月の第3日曜日は、内閣府が家族や地域のきずなの重要性について集中的によびかけるため、「家族の日」(家族の日の前後各1週間は「家族週間」)に制定し、2007年(平成19)より実施しています。内閣府では、少子化対策について長期的な視点にたった社会の意識改革を行うため、「家族・地域のきずな を再生する国民運動」を展開していますが、特に家族の日・家族の週間の期間を中心としてこの運動を実施し、関係省庁、地方公共団体、民間の関係団体等と連携・協力し、講演会や各種のイベントなどを全国各地で開催しています。 15日は「七五三」で子どもの健やかな成長を願いましたが、各ご家庭でも、家族のきずなを一層深めて頂きたいと思います。
「小春日和」  令和4年11月19日(土)
小春は、陰暦10月の別称で、小(こ)六月ともいいます。現在の11月から12月の上旬に相当する時期で、このころの穏やかな好天が小春日和です。しかし、日なたは暖かいものの、日陰はヒンヤリしていた、夜は冷え込みます。低気圧が平地に雨、高山に雪を降らせて日本の東に抜けたあと、大陸から高気圧が張り出して、西高東低型の気圧配置となって冷たい北風が強めに吹きますが、翌日は大陸高気圧が日本をおおい、風も弱まって「小春日和」となることが多いようです。小春日和の暖かな日には、屋外に出て元気に遊んで欲しいと思います。
「サツマイモ蒸かし」  令和4年11月18日(金)
本日、ひかり幼稚園では、過日収穫したサツマイモを園庭で蒸かして園児皆で美味し くいただきました。今年もたくさんのサツマイモが収穫でき、各ご家庭に持ち帰りま したが、一部を園長児(月組)の子どもたちが園庭で蒸し上げて、全園児に配り、仲 良く楽しく頂くことが出来ました。



「水遊園」  令和4年11月17日(木)
第二ひかり幼稚園では、年長児(月組)の子どもたちと園バスの乗り込み「なかがわ水遊園」に出かけました。何度も出かけている「なかがわ水遊園」ですが、何度行っ てもワクワクします。クラスごとにゆっくり魚や水辺の生き物を見学し、晴れ渡る晴天の下で、広々とした芝生にシートを広げ、持参してきたお弁当を広げておともだちと仲良く楽しくいただきました。



「二の酉」  令和4年11月16日(水)
11月16日は11月二度目の「酉(とり)」の日で、「二の酉」でしす。江戸の昔より「1年の無事に感謝し、来る年の幸を願う」酉の市が立ち、そこでは多くの露天商が立ち並び、締めの音があちこちから聞こえ、境内は大にぎわい、福をかきこむといわれる開運・商売繁盛のお守り「熊手」を購入したり、屋台の味を堪能し たり、粋でにぎやかなお祭りが開催されます。今年も各地で大きな災害があり、未だに不自由で不便な生活を強いられている方が多くいます。幸いにもこの地域では災害が軽微でしたが、国内外には深い悲しみや大きな不安の中にいる人たちに心を寄せ、安寧な日々に感謝し希望の新年を迎えたいをと思います。
「七五三」  令和4年11月15日(火)
今日は、「七五三祈願」を行い、お寺の地蔵堂にて、子どもたち一人ひとりの健やか な成長を祈念して「七五三」のお参りを修行しました。子どもたちだけでのお参りで すが、きちんと正座をして黙想を行い、静かな心でお地蔵様に向かい手を合わせて落 ち着いて御祈願が行えました。そして、御祈願の始めには、七五三はこれからの健や かな成長を願う御祈願であること、これまで育ててくれた両親や家族、周りの人たち に感謝の心を持つことが大切であることを伝えました。



「七五三祈願」  令和4年11月14日(月)
11月は「11(いい)」の語呂合わせで、毎日のように記念日があります。今日11月14日は、「いい(11)とし(14)」(良い歳)と読むから、「人生100年時代」を迎えるにあたり、自分の健康を見つめ直す日で、「人生100年時代の日」です。東京都墨田区吾妻橋に本社を置き、各種飲料水の製造・販売などを手がけるアサヒ飲料株式会社が同社の健康飲料を生活の中に取り入れてもらうことで、より多くの人の健康をサポートすることを目的に制定し、2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されました。
「七五三祈願」  令和4年11月13日(日)
11月15日は「七五三」で、15日に幼稚園では園児たちの無事成長を祈念して祈願祭を執行致します。各ご家庭でも、成長の節目にと、「七五三」のお参りをされる方は多いでしょう。もともと、公家や武家での習慣(男女児3歳「髪置(かみおき)」=これを機に髪を伸ばし結い直す。 男児は「袴着(はかまぎ)」=初めて紋付きの袴をはく。 女児7歳「帯解(おびとき)」=つけ紐をとり、大人と同じように腰紐で帯を結び始める。)が、一般化したのが「七五三」で、子どもたちのこれからの健やかで、康らかな成長を願ってのお参りです。共々に、子供たちの健やかな成長を祈念いたしましょう。
「柚子」  令和4年11月12日(土)
この時期、毎年たくさんの柚子(ゆず)を頂き感謝しています。香味料として重宝なゆずは、昔から冬至の風習のゆず湯としてよく知られています。ゆずを浴槽の中に入れると、よい香りが気分を爽快にし、精油成分が皮膚を刺激して血行を良くし、肌をなめらかにし、冷え性・リウマチに効果があります。お吸い物、薬味、すりおろして味噌と和えたゆずみそ、などいろいろな利用法がありますが、漢方では上品(じょうほん)・君薬(くんやく)「人間にとって最も大切なもの」と呼ばれ、免疫系・内分泌系・神経系・代謝系・血管系等の調節機能を活性化する働きがあり、昔から薬として利用されてきました。ゆずは、皮だけでなく果肉(果汁)も種も優れた薬効があり、全部無駄なく食べなければもったいない果物なのです。皮の外側にはリモネン(精油成分)とベータカロチンが多く含まれています。リモネンは血行を良くして身体を温め、βカロチンは粘膜を強くして風邪の予防になります。また、皮の内側の白い部分はヘスペリジンといって、毛細血管を丈夫にして動脈硬化を予防する成分が含まれています。皮のビタミンCはレモンの2倍もあり、皮に100g中150mg含まれていますが、みかん1ヶ30mgに比べてもその含有量の多さはわかります。さらに果肉(果汁)にはクエン酸がみかんの3倍含まれ、リンゴ酸・ビタミンC・ペクチンも豊富です。疲労回復、利尿作用、胃腸を整える、コレステロールを抑制する等の働きがあります。ことにクエン酸とビタミンCは消化吸収を助け、善玉菌を増やすので整腸効果は抜群です。そして、もっと驚くべきは種の薬効です。ゆず1個につき約20個の種が含まれていますが、この種にはリモネンという抗ガン物質が含まれている事がわかりまし た。ゆずは白菜と一緒に摂ると脳卒中を予防し、胃腸の働きを整え、ゆずみそ(白味噌:大さじ3、砂糖:大さじ3、だし:大さじ2をとろりとするまで弱火で 煮詰め、ゆずのみじん切り1/2個を混ぜる)は味噌との相乗効果で健脳・ガン予防に効果的です。
「銀杏」  令和4年11月11日(金)
11月7日に立冬を迎え、少しずつ北風が冷たくなり、路地にある銀杏(イチョウ)並木は黄金色に染まってきました。日中、暖かい日差しの中、その黄金色は一際鮮やかに映え、夕方も、夕陽に照らされて趣のある風景です。銀杏は大田原市の木で、市内で多く目にします、この時期、黄金色のイチョウ並木はとてもキレイで、陽だまりの中、ご家族で散歩するのも楽しみでしょう。ただ、銀杏の落ち葉処理は大変そうです。
「寒桜」  令和4年11月10日(木)
この時期に桜の花を見かけます。冬季に咲く早咲きの桜「寒桜(かんざくら)」で、「冬桜(ふゆざくら)」と呼ばれます。「正月桜(しょうがつざくら)」という種類もあって、10月過ぎから冬の寒空に、可憐な花を楽しませてくれます。調べてみると、このサクラは春も咲くようで す。そのときは他の桜と同様、一斉に咲いて一斉に散ります。一年に2回も咲いて、楽しませてくれる桜です。
「11月誕生会」  令和4年11月9日(水)
今日、ひかり幼稚園では11月生まれの子どもたちをお祝いする「11月誕生会」を開催いたしました。今週は安定した天気が続き、今日も青空の広がる爽やかな一日と なり、誕生月の子どもたちもそれ以外の子どもたちも楽しく元気にクラスごとの活動を楽しんでいます。楽しみな誕生会特別メニュー「鶏ごぼうご飯、モズクの卵とじ スープ、サーモンフライ、キャベツのマリネサラダ、デザート(お米のババロア)」の給食も美味しく頂きました。



「防火週間」  令和4年11月8日(火)
空気が乾燥し、火災が発生しやすい季節を迎えるにあたり、ひとり一人が、火災予防に対する意識を持つことにより火災による悲惨な焼死事故や貴重な財産の損失を防ぎ、放火されにくい、「火災に強い街づくり」のために、毎年、11月9日から15日までの1週間を「秋の全国火災予防運動期間」と定め、火災への注意が呼びかけられています。2022年度全国統一防火標語は「お出かけは マスク戸締り 火の用心」です。
「立冬」  令和4年11月7日(月)
11月7日は「立冬」、暦の上では冬を迎えます。ひかり幼稚園の園庭の桜も冬に備えて、葉を落としています。『暦便覧』には、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と説明していて、初めて冬の気配が現われてくる日です。12月22日の「冬至」に向かい、昼が日に日に短くなり、夜が長くなります。2月4日の 「立春」までが冬となりますが、幼稚園の子どもたちは寒い冬でも、屋内に閉じこもらずに、屋外で元気に身体を動かし、大きく育って欲しいと思います。
「素気清」  令和4年11月6日(日)
「素気清(そきせいせい)」とは、秋の気の清く澄み渡っている様子です。見慣れない「」と言う漢字は、「明るく澄み切った」と言う意味を持ちます。先週は穏やかに晴れ渡り空気も澄んだ「素気清」の週で、年少児や年中児も遠足に出かけ、諸活動も予定通りに円滑に行えて幸いでした。来週も誕生会や戸外での活動など秋の行事が続きますので、好天を期待します。
「霜月」  令和4年11月5日(土)
11月は「霜月(しもつき)」ですが、「霜月」は文字通り霜が降る月の意味で、この月になると霜がしきりに降るから霜降月といったのが「霜月」に転じたといわれます。他に、「食物月(おしものづき)」の略であるとする説や、「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」が訛ったものとする説もあります。11月には神楽月(かぐらづき)、子月(ねづき)、かみきづき(神帰月)、けんしげつ(建子月)、こげつ(辜月)、しもふりづき(霜降月)、しもみづき(霜見月)、てんしょうげつ(天正月)、ゆきまちづき(雪待月)、ようふく(陽復)、りゅうせんげつ(竜潜月)の別名もあるようです。11月7日に立冬を迎えますが、晩秋を過ぎ、冬の深みゆく季節、まだ師走(12月)の慌ただしさはなく、冬の季節に入ったことをしみじみと味わう日々が続きます。
「年中児遠足」  令和4年11月4日(金)
本日、ひかり幼稚園では年中児遠足を行いました。お弁当を持参して、向かう先は矢 板市・長峰公園です。園バス3台にクラスごとに乗り込み、20分ほどで現地に到 着。公園内に設置されているアスレチック遊具でたっぷり遊んで、その後は公園内を 散策し、澄み渡るように晴れた秋空の下で錦秋の公園の遠足を満喫してくることが出 来ました。



「文化の日」  令和4年11月3日(木)
11月3日「文化の日」は、戦前は、明治天皇の誕生日であることから、「明治節」という祝日でしたが、1946(昭和21)年、平和と文化を重視した日本国憲法が公布されたことを記念して、1948(昭和23)年に公布・制定された祝日法で、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」国民の祝日に定められました。昭和天皇の誕生日4月29日は、「昭和の日」で(歴代天皇の在位記録を持っていることなどの実績があるから)祝日で、来年からは今上天皇が、2月23日生まれなので、この日は「天皇誕生日」で祝日です。しかし、大正天皇の誕生日の8月31日は、真夏で各種の儀式を行なうには障害があり、当時の時勢を考えると農家が休める訳でもないとの理由から祝日とせず、大正天皇崩御後、宮内省を中心とした周囲の有力者からも誕生日を祝日にしようという提案がなく、祝日(休日)とはなりませんでした。
「星組遠足」  令和4年11月2日(水)
本日、第二ひかり幼稚園の年中児(星組)の子どもたちは園バスで、秋の遠足に千本松牧場と那須野が原公園に出かけました。千本松牧場では多種の動物たちと触れ合ったり見学し、移動して那須野が原公園では色づいた公園内を散策し、広々とした芝生にシートを広げて用意してきたお弁当をおともだちと仲良くいただきました。今日は天気が良く、気温も上がり穏やかな一日で楽しい遠足となりました。



「PTA研修会」  令和4年11月1日(火)
本日、「歌う海賊団ッ?」の内田氏を招いて、那須野が原ハーモニーホール(小ホール)を会場に、令和4年度那須地区幼稚園PTA連合会の「子育て研修会」を行いました。那須地区の19の幼稚園からPTAが200名弱集まり、元気の出る子育ての話しや、心に響く歌を聞かせていただき楽しく、そして学びのある研修会となりました。





Copyright 2001-2014 hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE