学校法人ひかり学園:ひかり幼稚園 | 栃木県大田原市 / 第二ひかり幼稚園 | 栃木県那須塩原市

HOME

園長日記

│令和3年度│6月5月4月
│令和2年度│3月2月1月12月11月10月9月8月7月6月5月4月
│令和元年度平成30年度平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度
平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度


「水無月」  令和3年5月31日(月)
明日からは6月になります。さて、6月は梅雨に入り雨の多い月ですが、6月のことを「水無月(みなづき)」と称します。「水無月」は、「水の無い月」と書きますが、水が無いわけでなく、 水無月の「無」は、神無月の「な」と同じく「の」にあたる連体助詞「な」で、「水の月」という意味です。陰暦6月は田に多く水を引く月なので、「多くの水を必要とする月」の意から「水無月」と言われるようになったようです。旧暦の6月は梅雨が明けた時期(7月)になるため、新暦に当てはめて水無月を「梅雨も終わって水も涸れつきる月」「水の無い月」と解釈するのは間違いのようです。同様に、神無月の語源は、「神を祭る月」であることから、「神の月」とする説が有力とされ、神無月の「無」は、「水無月」と同じく、「の」を意味する格助詞「な」です。中世の俗説には、10月に全国の神々が出雲大社に集まり、諸国に神がいなくなることから「神無月」になったとする説があり、出雲国(島根県)では、反対に「神有月・神在月(かみありづき)」と呼ばれます。  また、6月には他に異名が沢山あります。「建末月:けんびげつ 」「水月:すいげつ 」「未月:びげつ」「旦月:たんげつ」「季月:きげつ 」「伏月:ふくげつ 」「遯月:とんげつ 」「焦月:しょうげつ 」「涼暮月:すずくれづき 」「松風月:まつかぜづき 」「松風月:まつかぜづき」「風待月:かぜまちづき 」「鳴雷月:らいめいづき 」「弥涼暮月:いすずくれづき 」など、季節を感じる名前です。
「万緑」  令和3年5月30日(日)
園庭の木々の新緑が陽の光で輝き、初夏を感じます。第二ひかり幼稚園のケヤキやシャラ、樫の木は、この時期新緑が綺麗です。ひかり幼稚園の桜も花から葉に変わり、子どもたちに大きな木陰を作ってくれています。芽吹き萌え出る草木の活力を実感しますが、子どもたちも木々の活力に満ち満ちた勢いのように、これからも健やかで康らかにグングンと成長する様に願います。初夏に向けて、総ての緑の植物の精気溢れる力強さに、吾子の健やかな成長をなぞらえた俳句があります。
「万緑の 中や吾子の 歯生えそむる」(中村草田男)
「八幡ツツジ」  令和3年5月29日(土)
標高1,100メートルの那須高原の中腹に広がる八幡ツツジ園地には、約23ヘクタールにわたって約20万本のヤマツツジやレンゲツツジが咲き誇ります。今年は例年より少し早く開花して、現在見ごろとなっています。環境省指定「かおり風景百選」にも選ばれ、幼児でも散策を楽しめ、高原の爽やかな空気を味わえ、入場無料ですし、必見のおすすめスポットです。
「初夏」  令和3年5月28日(金)
昨日は雨の一日で気温も低く上着が必要な陽気でしたが、今日は好天で初夏を感じます。週末もお天気が期待できそうです。子どもたちには積極的に身体を動かして、活発に活動して欲しいものです。天気の日には、紫外線対策を行って屋外に出て、安全な場所で元気に全身を大きく動かしてみましょう。すぐ身近に恵まれた環境があり、山などを散歩したりするのも楽しみです。木々や草花も初夏になり、新緑も鮮やかで花々もたくさん咲いていて、鳥たちも活発に飛び回っています。
「麦秋」  令和3年5月27日(木)
「麦秋や 子を負いながら いわし売り」 小林一茶 「麦秋(ばくしゅう)」です。 麦の穂が茶色く色ずき、間もなく収穫を迎えることでしょう。「麦秋」は、”むぎあき”又は”麦の秋”とも読み、夏の季語の一つとなっています。麦の穂が実り、収穫期を迎えた初夏の頃の季節のことで、麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから、名づけられた季節です。ちなみに、「竹の秋」とは、春の竹は地中の竹の子に養分を取られ、四月頃になると葉が一斉に黄ばみ始めることから春の季語となっていて、逆に秋には葉がつやつやとしてきますから、こんどは「竹の春」と呼びます。草木の形状や色合いにより、その草木に季節を付ける日本の感性を嬉しく感じます。
「サツマイモ栽培」  令和3年5月26日(水)
第二ひかり幼稚園の園庭では、年長児(月組)の子どもたちが昨年末から落ち葉を集めて堆肥を作り、出来上がった堆肥は園庭の花壇で利用してきましたが、その堆肥の残りに土を混ぜて、そこをサツマイモ畑として、これからサツマイモの栽培活動を行う計画です。ついては、堆肥に混ぜる土を獲得するために、上石上の全超寺の山林から土を取りに年長児たちが園バスに乗って出かけ、クラスごとに土を集めて軽トラックに載せ、幼稚園まで運びました。バスの運転手さんの力も借りての作業でしたが、十分に土を集めることが出来、幼稚園に戻ってサツマイモ畑の準備を行いました。



「5月誕生会」  令和3年5月25日(火)
本日、第二ひかり幼稚園では5月誕生会を行いました。幼稚園では毎月の誕生会に保護者の方を招いて、一緒にお祝いし、みんなの前でプレゼントを贈ったり、歌を歌ったり、ゲームを楽しんだり、さらには給食を召し上がって頂きます。今月の誕生会は、4月と5月の合同開催となり、にぎやかに開催されました。幼稚園での様子や給食の実食(今月は、五目御飯、豆腐となめこの味噌汁、煮魚(カレイ)、ブロコリーの胡麻ネーズ和え、デザート)など楽しみな行事ですので、お子様の誕生会にはぜひご参加願います。都合で翌月に参加することも可能です。



「ジャガイモ畑」  令和3年5月24日(月)
ひかり幼稚園の裏山の畑に行って、3月に植え付けたジャガイモの様子を見てみると、葉を茂らせてきれいな花を咲かせ、大きくと育っています。土の中の様子は分か りませんが、葉が大きく、茎もしっかりとたくましい姿から、きっと地中では、たくさんのジャガイモが順調に大きく育っていることでしょう。今年のジャガイモの収穫は、7月の上旬に行う予定です。そして、収穫したジャガイモは、幼稚園で蒸かして 食べたり、カレーライスの具材にしたりします。たくさん採れて、たくさん食べられる事を期待します。

「アスパラガス」  令和3年5月23日(日)
アスパラガスをいただきました。。アスパラガスは栄養たっぷり。ビタミンも豊富なアスパラには、主にβカロテン(ビタミンA)やビタミンC、ビタミンKが含まれ、βカロテンは、皮膚や粘膜を健康に保つはたらきが期待され、目の網膜にある物質を構成する望みがあり、色を判別する力に大きく関わっていると言われています。ビタミンCは免疫力を高める力があり、風邪をひきにくく治癒を早める効果があり、コラーゲンの生成にも関与します。ビタミンKは血液にとって必要不可欠な成分で、必要に応じて血液を凝固させるはたらきもあると言われています。出血したときに時間とともに血が固まるのは、ビタミンKが作用している可能性があります。食物繊維に関しては、100gあたり1.8gと際立って多いわけではありませんが、不溶性食物繊維を含んでいるので健全な排便を促し、発がん性物質を排出するはたらきにも注目されており、大腸がん予防にも効果が期待できると言われている栄養素です。アスパラから発見されたことにより名付けられたアスパラギン酸は、タンパク質の合成に使われており、エネルギーの代謝やミネラルの運搬など、体内で多くの役割を担うことのあるはたらきもので、不足すると疲れやすく、抵抗力も落ちる原因になる可能性が示唆されています。ビタミンの一種であるルチンは毛細血管を強くし、血圧の上昇を抑制するはたらきが望まれていて、動脈硬化や脳血管障害の予防にも、ルチンの効果が期待されているそうです。また、ルチンが欠乏すると歯ぐきから血が出やすくなることがあるため、歯磨きの際に出血が多い人はルチン不足が関係しているかもしれません。ホウレン草から発見された栄養素である葉酸は、妊娠中や授乳中の女性にとって、積極的に摂取したい栄養素のひとつで、アスパラにも豊富に含まれており、妊娠中や授乳中の女性だけでなく、貧血気味や飲酒量の多い人、成長期の子どもにも積極的な摂取が推奨されています。葉酸には、体内での造血を助けるはたらきが期待されており、細胞が新しく作られる際にも必要とされる栄養素です。アスパラには、ビタミンに似た作用を持つ「ビタミン様物質」であるビタミンUが含まれ、期待効果は、胃のはたらきを整えるため、胃酸の分泌を抑制、また胃腸の粘膜の新陳代謝の活発化です。そして、おいしいアスパラの見分け方の特徴は、穂先がしまっていることだそうです。穂先がギュッと固くしまり、みずみずしいものがよく、乾燥して穂先がひらいているものは鮮度が落ち、水分を失っている証拠。穂先にささくれがあり、めくれ上がっているものも収穫から時間がたってしまっているからです。
「小満」  令和3年5月22日(土)
昨日5月21日は「小満(しょうまん)」でした。これは、「万物がしだいに長じて満つる意」ですが、『暦便覧』には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されていて、万物が次第に成長して、満々と満ち、草や木々が葉を茂らせころです。もうじき麦畑が黄金色に染まり、麦秋を迎えます。また、沖縄では、次の節気と合わせた「小満芒種(すーまんぼーすー)」という語があり、これは「梅雨」の意味で使われ、南方ではさらに季節が進行していることを感じます。この辺りでも、木々に葉が茂り、麦も色付いて収穫が近づき夏を実感します。
「走り梅雨」  令和3年5月21日(金)
例年5月下旬頃の梅雨に先立ってみられるぐずついた天候、梅雨の前ぶれを「走り梅雨」と言いますが、今週は連日、雨雲が空を覆い、そんな「走り梅雨」の日々となっています。毎日、幼稚園の体育館やホールでは子どもたちが元気に体操を行ったり、体操器具で元気に身体を動かしたりしていますが、これから本格的に梅雨を迎え、屋外での活動が出来なるなることは残念です。しかし、成長期の体育活動は子どもたち必要で必須と考えていますので、雨天の日でも、体育館やホールを有効に使って子どもたちの身体の成長を行っていきたいと思います。
「ヒマワリ」  令和3年5月20日(木)
第二ひかり幼稚園の園庭花壇に、年長児(月組)の子どもたちが蒔いたヒマワリの種が発芽して、順調に育っています。JA(農協)の企画で、幼稚園や小学校でヒマワリ を育ててその高さを競うイベントにエントリーしています。花壇での栽培なので、根を十分に張ることに難がありますが、その分、十分な肥料を土に混ぜてあるので、大 きく育つことを期待しています。今後も子どもたちと観察し草取りをして水やりを行いながら、成長を見守っていきます。

「星組遠足」  令和3年5月19日(水)
本日、ひかり幼稚園の年中児(星組3クラス)は、春の遠足に井口の「地方競馬教養センター(騎手養成所)」に、園バス3台にクラスごとに乗り込んで出かけました。降雨を心配していましたが、曇り空の下、予定通り10時に幼稚園を出発し、競走馬とそれに跨るジョッキーの卵の姿を見学し、可愛いポニーと触れ合い、記念写真も撮ってきました。大きな馬を間近に見て、驚いて後ずさりする児もしましたが、いい経験でした。各自用意してきたお弁当は幼稚園に戻ってから、お友だちと楽しく昼食をいただき、楽しい一日を満喫出来ました。



「誕生会」  令和3年5月18日(火)
本日、ひかり幼稚園では「5月誕生会」を開催しました。毎月の誕生会では全園児に楽しみなプレゼント(今月はレジャーシート)が渡され、子どもたちは毎月楽しみにしています。また誕生会の給食も楽しみで、今月は「五目御飯、豆腐の味噌汁、煮魚(カレイ)、ブロッコリーの胡麻ネーズ和え、デザート(アップルフレッシュ)」でした。明るい歓声が園内に響きわたり、とても楽しく元気に過ごしました。



「サッカー教室」  令和3年5月17日(月)
本日、第二ひかり幼稚園の園庭では年長児(月組4クラス)の子どもたちが、AS栃木のサッカーコーチからクラスごとにサッカー教室の指導をいただきました。昨年度も年中児(星組)の時に同じコーチから指導を受けていて、コーチとの信頼関係も出来ており、元気に明るく子どもたちは嬉々として園庭を走り、サッカーボールを蹴っていました。



「六味」  令和3年5月16日(日)
味には一般に「五味(ごみ)」という種類があります。「五味」は中国の医学で考え だされたもので、1「酸っぱい」2[苦(にが)い」3「甘い」4「辛(から)い」 5「しおからい」の5種類の味に分けます。中国では、味と健康が深く関わりあって いると考えていて、この5種類のうち、偏った味の料理ばかり食べていると身体をこ わすといわれています。さて、仏教では、味を「六味(ろくみ)」という分け方をし ます。これは「五味」に「淡い」という味を加えたもので、「淡い」味は、味がする かしないかという位うすく、ほのかな味わいです。反対に、甘すぎたり、辛すぎた り、しおからかったりするのは濃い味です。昨今、お寺でのお坊さんの食事が注目さ れていますが、その理由の一つに「淡い」味があります。「淡い」味わいは、野菜や 食材のもつ、本来の美味しさが残り、食べ物のもつ自然の味を味わうことが出来るの です。濃い味では、食べ物の本来の味はどこかに消えてしまいます。現在の料理は、 濃い味付けのものが多くなっています。濃い味付けの食事には、塩分や脂分が多く、 体調を損なう要素が多分にありますので、「淡い」味を意識して、「淡い」味の美味 しさを知ることが大切でしょう。幼稚園の給食では、多品目の食材を用いて調理を 行っていますが、それぞれの食材の本来の味わいや食感を大切に料理を行っていま す。幼児期にこそ、「六味」の味わいを感じて欲しいと考えています。
「新茶」  令和3年5月15日(土)
今年の新茶を頂きました。今年は5月1日が「八十八夜」で、連休の頃から新茶が市場に出回り出しているようです。お茶は日本人にとって身近な飲み物ですが、その効用はとても大きいものがあります。緑茶の苦味はカフェインによるもので、渋みはカテキン(タンニン)によるものです。カフェインによる効果には、・血液の流れを良くする・利尿作用・消化液の分泌を良くする・精神安定作用・肝臓薬の効果を高める・高血圧性の頭痛を弱めるなどがあり、カテキンによる効果には、・抗酸化作用(老化防止)・抗菌作用(消化器病原菌、虫歯、インフルエンザ予防・コレステロール抑制・血圧上昇抑制・血糖低下(抗糖尿病)・血小板凝集抑制、血栓形成予防さらには、・抗腫瘍、発がん抑制や解毒作用があるそうです。でも、あくまでもその効果は緩やかなもののようで、習慣的に飲めば効果があるそうですので、常に飲むように努めましょう。
「サツマイモ苗植え」  令和3年5月14日(金)
本日、ひかり幼稚園と第二ひかり幼稚園の年長児(月組)は、ひかり幼稚園の裏山の畑に集り、サツマイモの苗植え作業を行いました。管理してくれる磯さんの指導の 下、苗を一本づつ丁寧に植えつけていきます。今後は、その成長を観察し、管理しながら栽培し、10月の下旬には大気く育ったサツマイモの収穫ができるでしょう。収 穫には、全園児で土を掘り起こし、土の中から大きく育ったサツマイモを掘り出して、収穫の喜びを味わうことができます。これから夏に向かい暑くなりますが、暑さ にも負けないで、子どもたちもサツマイモも大きくしっかり育っていくことを願います。



「年中児遠足」  令和3年5月13日(木)
第二ひかり幼稚園の年中児(星組4クラス)の春の遠足は、井口の「地方競馬騎手養成所」です。本日、降雨を心配していましたが、曇り空の下、予定通り10時に幼稚 園を出発して現地に到着。競走馬とそれに跨るジョッキーの卵の姿を見学し、場所を移動しおとなしくて可愛いポニーと触れ合い、その後ポニーと一緒に記念撮影を行い ました。ゆっくり騎手養成所を見学し、各自用意してきたお弁当は幼稚園に戻ってから、お友だちと楽しくいただきました。



「野菜栽培」  令和3年5月12日(水)
第二ひかり幼稚園の園庭花壇で行っている野菜の栽培ですが、昨年の年少児(花組)の子どもたちが植えたニンジンがしっかりと育っています。隣の花壇では、ジャガイモが順調に葉を大きく広げ成長している様子が見られます。そして、職員室側の花壇には、年長児(月組)の子どもたちが先日、土に追肥を行いヒマワリの種を蒔きました。身近に野菜や草花の栽培を観察できる環境を設定することで、章句物の成長に興味・関心を持ち、命(成長)の不思議さにも触れて子どもたちの感性が育っていきます。


「サッカー教室」  令和3年5月11日(火)
昨日と今日、ひかり幼稚園ではAS栃木のコーチを招いてサッカー教室を行いました。昨日は年長児(月組)の子どもたちが指導を受け、今日は年中児(星組3クラス)の 子どもたちが指導を受けます。新学年になって始めってのサッカー教室ですが、楽しい指導で、サッカーボールを蹴ることばかりではなく、鬼ごっこをしたり、ボールに当たらないように逃げたりと、瞬発力や集中力、身をかわす俊敏性や体幹が遊びながら養われる指導で共感できます。楽しそうに取り組む園児の姿は、見ていて楽しものです。



「座禅会」  令和3年5月10日(月)
第二ひかり幼稚園の年長児(月組4クラス)の子どもたちは本日「5月座禅会」を修行 しました。4月に始まった毎月の月例座禅会、5月の今回で2回目となり少し作法にも慣れてスムーズに座ることが出来てきました。まだ数名が不安定な様子ですが、大半はしっかりと自分と向き合い落ち着いて座る姿がみられます。もう少し回を重ねると、さらに落ち着きが広がっていくことでしょう。6月の次回、さらなる成長が楽しみです。



「母の日」  令和3年5月9日(日)
今日は「母の日」です。母の日は、日頃の母親の苦労を労り、母への感謝を表す日です。日本やアメリカでは5月の第2日曜日に祝いますが、その起源は世界中で様々で、日付も異なっています。例えばスペインでは5月第1日曜日、北欧スウェーデンでは5月の最後の日曜日に当たります。日本では1931年(昭和6年)に、大日本連合婦人会が結成されたのを機に、当時の皇后の誕生日の3月6日を「母の日」としましたが、1937年(昭和12年)5月8日に、第1回「森永母の日大会 (森永母を讃へる会主催、母の日中央委員会協賛)が開催された後、1949年(昭和24年)アメリカに倣って5月の第2日曜日に行われるようになったそうです。
「早苗」  令和3年5月8日(土)
昔、田植えはすべて手作業でした。最近は手植えする様子はあまり見かけませんが、松尾芭蕉は 「手ばなせば 夕風やどる 早苗かな」という句を読んでいます。「手を離れて水田に植え付けられた苗が、夕暮れ時の風に吹かれて静かに揺れている」。早苗(さなえ)とは、「苗代から田へ移し植えるころの、稲の若い苗。田植え用の稲の苗」、「わさなえ」のことですが、若くまだナヨナヨしい青い早苗が、夕暮の風に吹かれ揺れている様子は、のんびりとして心癒される風景です。夕方、のんびりと田んぼのあぜ道を散歩してみると、風も清々しくて安らぎます。
「五月晴れ」  令和3年5月7日(金)
昨日は夏日となり、今日も晴れて連日の「五月晴れ」です。ところで、「五月晴れ」の「五月」は本来は旧暦の5月をさし、「五月晴れ」というのは旧暦5月(今の6月)が梅雨の頃にあたり、もともと「五月晴れ」は「梅雨の晴れ間」「梅雨の合間の晴天」を指しました。ところが、時が経つにつれ誤って「新暦の5月の晴れ」の意味でも使われるようになり、この誤用が定着しました。「五月晴れ」は、広辞苑には、「(1)五月雨(さみだれ)の晴れ間。つゆばれ。(2)5月のさわやかに晴れわたった空。さつきぞら」との意味を記述があります。ただ、俳句の季語としては、もとの意味で使われることが多く、「陽暦五月の快晴を五月晴と言うのは、誤用」と明記してある歳時記もあります。また、同じ「五月」のつくことばには、「梅雨」を指す「五月雨(さみだれ)」と、「梅雨のころの夜の暗さ」などを表す「五月闇(さつきやみ)」がありますが、この二つのことばは今でも本来の意味で使われています。
「立夏」  令和3年5月6日(木)
昨日5月5日に「立夏(りっか)」を迎えました。暦の上では、夏になります。立夏を過ぎると、田植えも終わり、カエルも鳴き始めて、夏を実感します。那須高原も夏に向かっています。さて、ゴールデンウイーク5連休で幼稚園はお休みが続きましたが、今日から休みがあけて、子どもたちは元気に登園してきてくれました。これから紫外線も強くなりますので、屋外での活動には帽子が必要です。幼稚園の帽子やタオルなどには、キチンと記名をお願いします。
「子どもの日」  令和3年5月5日(水)
「こどもの日」は、「祝日法」2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨としています。
世界中の子どもには、等しく人格や人権があります。
全ての人々にある人権・人格を尊重し、互いに認め合い、和して生活したものです。
「みどりの日」  令和3年5月4日(火)
今日5月4日は、1985(昭和60)年に祝日法が改正されて制定された「国民の休日」でしたが、2007年より、昭和天皇の誕生日であった4月29日の「みどりの日」が「昭和の日」に変更なったため、「みどりの日」が5月4日に移動されました。
その目的は、「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことです。
「憲法記念日」  令和3年5月3日(月)
5月3日は「憲法記念日」ですが、「祝日法」では「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨としています。
今後、日本が豊かで正しく成長するよう自分たちも努力し、子どもたちの成長と共に日本が安定していくことを期待します。
「モッコウバラ」  令和3年5月2日(日)
毎年、初夏のこの時期に可憐な花を見せてくれる「モッコウ(木香)バラ」が、ひかり幼稚園の入口で今年も咲いています。モッコウバラには、バラ特有のトゲが無く、子どもたちが触れても安全です。入り口でたくさん咲いていますので、ご自由に手折って持ち帰って下さい。挿し木にすると、根が出てきて、2〜3年もすると大きな 木になります。花言葉は、「幼い頃の幸せな時間」。第二ひかり幼稚園の入り口にも4年ほど前に「モッコウバラ」を植えました。まだ小さく花も少しですがきれいに咲いています。これから来年、再来年と子どもたちの成長と一緒に大きく育つことでしょう。
「八十八夜」  令和3年5月1日(土)
今日は「八十八夜」です。八十八夜とは、立春を1日目と数えて、88日目にあたる日のことで、現代の暦か旧暦かにかかわりなく、毎年ほぼ一定です。日本では長く、月の満ち欠けをもとにした太陰太陽暦(旧暦)が使われてきました。旧暦は季節とずれやすいため、農業の目安とするには不便な点もあったようです。そのため、太陽の動きを基準にした「二十四節気」や、日本の気候風土を上手に言い表した「雑節(ざっせつ)」という暦日が使われてきました。入梅(にゅうばい)、土用、二百十日、八十八夜などが雑節です。雑節は日本人の経験から生まれた、生活の知恵。八十八夜は毎年、5月の初め。春から初夏へと移り変わる季節です。「八十八夜の別れ霜」といわれ、この日までは遅霜(おそじも)に注意が必要でした。逆に言えば、この日からは農作業本番で、連日田植えが続き農家さんは忙しくなります。



Copyright 2001-2014 hikari kinder garten.All rights reserved. Designed by OFFICE ONE